韓国国会国防委員長である安圭伯(アン・キュベク)共に民主党議員は18日、火器管制レーダー照射問題に関連し、日本政府に向けて「何の証拠もなく成される葛藤の拡大再生産を止め、日韓両国の実務次元で冷静に真実を調査すべきだ」とし、友好国艦艇への低空威嚇飛行に対して再発防止を約束し謝罪するよう要求した。

 安氏は「事件の本質は人道主義的な救助作戦を遂行していた広開土大王(海軍駆逐艦)に対する日本の哨戒機の低空威嚇飛行にある」とし、「しかし日本政府は開き直りの態度で“韓国海軍の火気管制レーダー操作”という仮想を前面に出し、日韓関係を悪化の一途に追い込んでいる」と批判した。

 安氏は「日韓両国は緊密な共助を通じて過去の問題を解決し、北朝鮮の非核化を進展させて互恵的関係を基に両国の共同繁栄を追求しなければならない」とし、「このために日本政府はいま、外交葛藤を国内政治に活用する意図を捨てて真実と正義に立って前向きな姿勢を見せるべきである」と強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000039-wow-int&pos=1


PDF