中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の任正非・最高経営責任者(CEO)は、長年の沈黙を破ってメディアのインタビューに応じた。この中で任CEOは、同社が中国当局の諜報活動に加担しているとの疑惑を否定した。だが、CEOが否定するだけでは疑惑の解消にはつながらないとの指摘も。

Deeper trouble for Huawei on Friday after Poland arrested two people on spying charges, one of them an employee of the Chinese phone maker. Julian Satterthwaite reports.

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010004-reutv-cn


PDF