昨年10月、免震・制振用装置の検査データ改ざんが発覚した油圧機器大手「KYB」。新たに「週刊文春」の取材で、航空機関連部品の代金を防衛省に“水増し請求”していたことが分かった。


連結売上高約3900億円(2018年3月期)で、国内の免震・制振用装置ではシェア45%を誇るKYB。戦時中は零戦にも同社の部品が使われるなど、高い技術力で知られる名門企業だ。ところが、少なくとも15年間にわたって検査データの改ざんを行っていたことが発覚し、不正装置の交換費用として144億円の損失を計上している。

 だが、KYBの不正はそれだけではなかった。内情を知る関係者が明かす。

「防衛省に対し、航空機関連部品の代金を“水増し請求”してきたのです。神奈川県の相模工場が主導する形で、長年担当者の間では引き継がれてきました。請求の際には、本来は5カ月で終える仕事を10カ月かかったなどと作業期間や人数を過大に申告し、実際より多くの代金を受け取っていたと聞いています」

水増し請求は2015年からストップしたという。

「この年の10月、防衛装備庁発足に伴う大規模な検査がありました。検査を乗り切るために社内では、事前に不都合なデータを別のサーバーに移したり“二重帳簿”をつけたりするなど“検査回避“が行われていたといいます」(同前)

「週刊文春」は航空機器事業部の内部資料を入手。それによれば、水増し請求を辞めたとされる2015年以降、それまで10~20%だった同部門の利益率は一気に落ち込んでいる。2014年度上期に3億8559万5000円の黒字だったのが、2015年度上期には2億6444万9000円の赤字に転落。以降、航空機器事業部では赤字が常態化し、2018年度上期の赤字は4億6000万円を超えた。

 この水増し請求が事実であれば、国民の税金を騙し取った形になる。

「週刊文春」は1月25日午前、書面で事実関係の確認を求めたところ、KYBは4日後の1月29日午後、「水増し請求は事実です」と回答。検査回避についても否定しなかった。

 一方、防衛装備庁は「防衛省では、1月28日(月)午前中、本件について、KYB(株)より報告を受けたところです。これを受けまして、防衛省では同社に対して、事実関係を確認するため調査を実施する予定です。今後同社に対して厳正な調査を実施し、その結果に応じて適切な処置を行う予定です」と回答。

 1月31日(木)発売の「週刊文春」では、今回の水増し請求問題のほか、KYB副社長や執行役員の銀座高級クラブ通いなどについても、詳報している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00010562-bunshun-bus_all

みんなの意見


名無しさん
水増しをしなければ赤字になってしまうなら、撤退するしかないのであろう。
不正は不正として処分するとして、そもそもの単価が適正であったかも検証してほしい。

名無しさん
内部監査が機能していなかったのかな。
割合がすごいので、すぐにひっかかりそうなものだけど、上層部も知っていた感じですね。きちんと調査して、返すものは返して欲しい。

名無しさん
国の機関の不正が週刊誌で発覚するなんて劇画を見ている感じです。
防衛省の調達部門はちゃんと精査して調達の仕事をしているんでしょうか。企業であれば担当者はそのままではいられないと思います。
しかも桁違いの金額です。税金を不正に支払って、週刊誌の記事を見てから調査して返還してくれということは、記事にならなければそのまま税金を不正に払ったままで知らなかったことになります。
まじめに仕事に取り組んでいるのか疑問に思います。
国の機関では、どこもかしこも仕事をまじめに取り組んでいるのか信じられなくなってきます。
機関を支えているまじめな方も多くいると思います、その人たちだけでも頑張ってほしい。

名無しさん
この手の報道を聞くたびに現場が最優先されていた時代を懐かしく思います。現場が自信と誇りを持ってものづくりをしていた時代です。優れた良い製品を世に出そうと、寝る間も惜しんで試行錯誤の末開発し日本のものづくりを支えてきました。今では、現場を知らない会社の上層部が利益最優先で検査を誤魔化し、データを改ざんし消費者を欺く事を平気で行なっています。ものづくりの現場はそんな上層部の考えるほど甘いものでは無いのです。本田宗一郎も松下幸之助も技術屋だったんです。もう一度原点に帰らないと、日本のものづくりは破綻してしまうと思います。

名無しさん
入札?随意?どっちにしてもKYBだけじゃなくて防衛省にも甘い汁を吸ってた輩は存在してるんじゃないの。庁から格上げになった時が分岐点なら当時の各担当者を尋問する必要はあるよね。個人口座や生活レベルの程度を調べれば見えてくんじゃない。当然、接待受ける国の機関側の話ね(憶測だけど)。そうでもしなきゃ民間で受注出来ないなら設定価格にも問題大有りなんじゃない。それこそ海外から調達した方が安いとか

名無しさん
こんなのは氷山の一角。国、都道府県、市、町は関わりのある業者に直ぐにでもチェックをしないと、ただ高く取られそれは紛れもなく税金である。徹底した見直しと厳しい管理をして欲しい。それが一番税収をあげる方法である。

KOTARO
>内情を知る関係者
>だと聞いています
>だといいます
不正が見つかった企業なのでこの件もグレーな部分ですが今のところ随分信憑性にかける情報のような・・・・・

名無しさん
ダンパーではトップ企業御一つだけに、不正があったのは残念だ。
ただ、国に納入する部品が赤字になるのはどうなんだ?国が不正に買い叩いているなら、それも問題だ。
高級クラブに通うのは個人の趣味の範疇だからどうでもいいが、不正に手に入れた金で通っていたなら、それはそれで返してもらいたい。税金は国民が払っているものだからな。

名無しさん
地元では超優良企業として古くから君臨し、組織も旧態依然と経営陣は神様のような存在であった。今でも外注に対する態度はひどいと聞いている。今こそ膿を出して新たに地元に愛される企業になってほしい。

名無しさん
防衛省の調達、特に調達単価が高い装備品ほど、防衛省担当者の専門的な積算能力が低いため、業者側の言いなりである。防衛省側もある程度は水増しを認識しているが、追及する熱意と能力がなく、多くの現場で馴合い状態であり、しかも担当者は短期で転勤する。

名無しさん
役所の単価は根拠がなく役所の都合で作っている物も多い
やめて赤字になったのなら元の単価が適切な可能性もある。
もちろんカヤバの経費が多い可能性もある。
こういう記事は面白おかしくスキャンダルにするのではなく多面的に検証して何が正しいのかをハッキリさせて欲しい

名無しさん
改ざんしてないデータを公開して現状でどれぐらいの耐久性なのか公開すればいいのに。定期交換や点検時に交換が必要ならすれば赤字も抑えられるでしょう。多くの労働者を抱えているのだから潰れない様にしないと。

aic
企業のこういう問題が公になると、『役員の銀座クラブ通い』がすごい悪いことをしているように感じてしまう。

sonnnakotowanai
防衛の要になる仕入れ先、部門が赤字だったり、このおじいちゃんがいなくなったら作れないとか防衛産業は多い。潜水艦だって数年したら探知されるようになるかも。

独眼流
KYBにダーティーなイメージが付くのは残念だが、事実なら真摯に受け止め罪を償ってくれ。
だが製品には罪はない。
関係ないが今でもショックアブソーバーはKYBでサスはRS-Rを装着しているが、これからも愛着を持って使用する。

kboo
今まで美味しい汁を吸っていた所が大きな選挙があるこの段階でそろそろ違う汁をと鞍替えし始めてるのかな?と、思えるほどわざとこの段階であからさまに色々と出すぎてるような?安倍さん下ろしも良いけど間違っても立憲等と過去の間違えを繰り返さないようにお願いします
安倍さんも良いときに身を引いた方が良いのかも知れませんね、嵌められる前に

名無しさん
不正は良くないけど
2015年以前の公共事業の単価はホントに酷かった。
仕事を受けなければ銀行融資を受けれないので倒産、仕事を受ければ単価が安すぎて赤字、
負のスパイラル状態でしたね。
暗黒の時代です。
多分不正に走ってしまったのはそれが主原因ではないかなと思います。
倒産しては元も子もないですから
ですが不正は良くないですからきっちり膿は出し切って清算してもらいたいですね。

名無しさん
あの時、あの天下りを受け入れていれば!なーんて思ってねーだろな?まぁ、大きく報道されちゃうのか、見えざる力で情報規制されるかの違いなだけで、いまの政府がやってることと大差はない気がするけどな。

名無しさん
水増し請求も防衛省は今まで気づかなかったのもどうかと思います。
抜き打ちで確認をしていれば分かった事では?

oka
これはKYBの問題も確かにあるが、官側の検査官、監督官に任命されている人間の責任。
キチンと検査していれば、水増し請求などありあるはずがない。

名無しさん
割増して10~20%の利益ならそもそもの見積や入札制度がおかしい。
こういった装置は利益率が高くなくては運営できない。
週刊文春の販売数量も水増ししていないか調査すべき。

名無しさん
本来は5カ月で終える仕事を10カ月かかったなどと作業期間や人数を過大に申告・・・って、
国のお仕事の仕組みを理解していますか?
作業に関する完成図書の作成をご存知ですか?
ちゃんと、税務調査が入るのをご存知ですか?

通行人
防衛省に水増し請求か…本当なら違約金と弁済金の支払いと更に入札の指名停止なども有るだろうから業績は一気に悪化だな。会社存続の危機かも知れない。

名無しさん
業者だけが悪いのではないと思う。
役所もグルだと思うよ。

名無しさん
データ改ざんに況してや防衛省へ水増し請求が本当ならここの会社は終わりだな。
せっかく過去の改ざんのイメージが薄れて来た矢先の水増しは、ここの会社の終わりを意味するかも知れないね。
明日株価が暴落するなら拾ってもと考えたけど辞めとくわ…、一度ならまだしも二度目はアウトだからね。

名無しさん
南関東防衛局の監督官、検査官、監査官は何をやっていたんでしょうね。人数の誤魔化しなら、まだしも期間が5ヶ月も多いなんて工程に応じて監督、検査やっていればわかるし、第一工場がバレるからやらないはず。キチンと監督、検査してなかったのでは?直接検査方式にしろ品質証拠方式にしろ規則に従ってやっていれば工場はやれなかったはず。

名無しさん
予算内(=予定通りの時間)で作業しなければならない、
後戻りもできない開発方法がまずい。
たぶん根幹はこれ。
いくつかの製品の間でやりくりするのは会社内では普通だが、
外に請求書をだすときにはやっちゃいけないんだよね。
そうすると予算を柔軟に変更できるようにしなくちゃいけない。

名無しさん
今まで水増し請求に気付かなかったのに問題があるのでは。

名無しさん
日本の政治家も企業も良く見せようと不正の努力はするけど、成長する努力はしないよね。
日本人は、そういう人種が多い気がする。
天狗になってるのかな。

オッスオッス
水増ししなければ赤字ってのも問題と思う。
だからって水増しはあかんけどな。

名無しさん
観念してごまかさなかったことだけは評価できる
日産やスバルにも見習って欲しいね
インプレッサ欲しかったけど買わないことにしたし

名無しさん
水増し請求しなければ赤字になる。だったら受注、製品となる品の価格を水増し時の価格に設定すれば黒字のまま不正など言われなくなる。

名無しさん
防衛省の担当者も税金を扱ってるという認識を強く持って厳正に精査してほしいもんだ

名無しさん
防衛関連企業って、防衛省の天下り先見たいなもので、他の会社でもやってると思う。

名無しさん
この水増し請求なんだけど、金の流れを調べた方がいいと思います。
これって、よくドラマとかである賄賂じゃないよね?
水増し分をバックしてたりしてるかもよ。

名無しさん
辺野古米軍基地建設では埋立土砂の単価が通常の1.5倍で防衛省
買っているし、販売業者も1社だけで業者の言い値が付けられている。ライジングセキュリティ会社(東京都渋谷区)1社でやっぱり業者の言い値で支払している。本来は、複数の業者から見積価格を提出してもらい落札会社を決めるが、米軍基地建設ではそれが通用していない。
建設費用も「見積金額」を大幅に上昇し「天井知らず」の状態である。「湯水のごとく国税が投入されている」

sss
文春砲も不倫やスキャンダルだけでなく
企業や政治の不正などをもっとスクープすればもっと評価するのに。
まあ、会社ごと消える可能性も出てくるけどね。

名無しさん
偽装、水増し。カヤバの商品は全部疑ってかかったほうがいいんじゃないですかね。自動車などにも普及しまくってるはず。事故がおこるまえに消費者庁は一斉捜査してほしいです

名無しさん
先人たちが築いた信用に胡座をかいていた結果だけど、不正をしないと赤字になるというのも信用できないね普通。

sinsakurengou
いろんな”みっともない”出来事のオンパレード、最近は。
外国人観光客が感動してるのは昔の日本人のDNAだろうね。
「財布が戻るから素敵な日本」じゃ先々マズイんだけどな。