回転ずし最大手の「あきんどスシロー」は2日までに、今月5日と6日の2日間、ほぼ全店に当たる約500店舗を一斉休業すると発表した。「働きやすい環境づくりの一環」と説明している。一斉休業は、店舗が全国に広がった近年では初めての取り組みという。

 休業するのは、ショッピングモールなどに入っていて休めない11店を除く全国の店舗。従業員からの要望もあり、休日の確保が現場の士気向上につながると判断した。

 担当者は「お客さまや関係者への影響を最小限に抑えつつ、働きやすい環境づくりにつなげたいという思いで一斉休業の形をとることにした」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000089-kyodonews-bus_all

みんなの意見


佐藤昌司
店舗経営コンサルタント
オーサー報告
あきんどスシロー親会社のスシローグローバルHDは2016年7月発表の中期成長戦略において、スシロー業態を新規で年に30〜40店出店する方針を掲げています。同社は回転ずし業界初の500店突破を達成しました。直近本決算の18年9月期連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年比11.8%増の1748億円。まさに業界ナンバーワンの企業です。なお、営業利益は27.3%増の117億円。純利益は14.9%増の79億円です。業績は好調です。店舗数や売上高だけがナンバーワンであればいいというのではなく、従業員が働きやすい企業としてもナンバーワンを目指しているように見えます。それは評価していいのではないでしょうか。スシローは、大量出店を継続するとなるとそれ相応の人手が必要ですが、一斉休業を取り入れることで働きやすい環境を構築し、従業員の士気向上を図るほか、人材を確保したい考えです。
———————————————————————————-
f-u*****

音かぜ
実際お値打ちの回転寿司の中で一番うまい。業界大手でありながらこういう大胆な判断ができる体制は素晴らしいと思います。
デタラメに長い期間でないのも、働いてる従業員のことを考えてて良いですね。生活費に影響出ますし。

くれない丸
月に2回ぐらいは2日連続の一斉休業をして
施設、設備メンテと清掃、クリーニングを定期的にやるべきでしょう

名無しさん
以前ドイツに観光に行きましたが、祝日なので商店やレストランがどこも閉店していました。日本は元旦も開店している店がありますがそこまでしてお店を開ける必要あるのかと思っています。

名無しさん
先日スシローに行ったときに休業の案内が貼ってありました。
いいことだなと思いました。
一日休みだと休みもあっという間だろうけど、二日あれば多少リフレッシュ出来るのでは?
年一回ではなく、年何回かこういうお休みを設けていただければいいなぁと思います。

ガオ
まあ、祭日絡みの連休が増えても接客業系には無縁ですから、反対に接客業系の連休も積極的に取り入れるべし。
利用者側も月に2日や3日休みの日があっても事前に知らされていれば調整可能だろう。

名無しさん
店長さんクラスになると、自分のシフトは休みの日でも店が開いていれば、トラブルがあった時は連絡が来ちゃうし、二次クレームの対応をしなきゃいけない事もある。
休みなく動く現場の責任者って心も体も休まらなくて大変です。
24時間営業に近ければ近い程、もっと大変になります。
夜中でも何かあったら行かなきゃいけなくて熟睡できないし、携帯の着信音が怖くて仕方がなくなりました。
スシローさんは24時間の形態ではないですが22時くらいまでやっている店舗があるから、閉店作業中のトラブルがあれば日が変わる頃までは社員さんの気は休まらないと思われます。
なので、こういった全店休業日というのは画期的。
ただ、現場は慣れるまでは発注や食品ロスなどに工夫や注意が必要かもしれないので、そこは苦労されるかもしれないですね。

名無しさん
素晴らしい試みだと思います。
人材を「人財」と捉えている素晴らしい行いだと思います。
20年ほど前までは、正月3が日、お盆等暦通りの休店日が必ず存在しました。しかし、「失われた20年」と言われた時代はデフレが進行し、365日24時間営業こそが、全ての小売りや外食業では「善」と捉えられてきている悪しき弊害があります。
こういう悪しき弊害を改善させる企業は業界のリーディングカンパニーであり、改革派を主軸とする経営戦略に長けているともいえます。
小売業や外食産業の業務形態改善の一石となれば良いと思います。

名無しさん
働き方改革はどんな企業でもやるべきだとは思う。飲食業、サービス業は土日祝祭日に休むのは難しいと思うが交代でも休みが取れるように企業側が配慮すべきだと思う。同種の企業が交代で休むってのもイイと思う。例えば回転寿司屋なら近隣の回転寿司屋と話し合って土日祝祭日に店を交代で休むとか…。接客業もしっかり休ませてもらわないとイイ接客は出来ないと思う。儲けばかり考えずに従業員の事もしっかり考えて欲しい。コンビニだって正月に開けてる所あるがガラガラな店がほとんど。

名無しさん
素晴らしい!
各店舗が営業出来るのは、従業員さんの健全な生活があってこそ
なかなか出来る事ではないと思いますが、年に1回と言わず、出来る範囲で良いので「全店定休日」を設けてあげてほしいです

名無しさん
今本当にこういうことが必要だと思う。
雇用を増やさなくても、定休日をちゃんと作って営業時間を短くするだけで、人員不足が解消する企業は少なくないはず。
企業単位ではなかなかやってはくれないでしょうから、国の問題として真剣に考えてほしいものです。
祝日や連休を増やすことばかりではなく、カレンダー通りに休めない業種にも手を差し伸べて欲しいです。

名無しさん
いいと思う!利用者は2日くらい回転寿司に行けなくても何とかなるけど、従業員のみなさんは2連休なんてものすごく大事ですごいことだからね!連休があれば旅行だって行ける、日頃の疲れを癒して欲しい。

名無しさん
接客業の経験ありますが、営業時間が長いとか年中無休とかそこが問題の本質ではないと思います。
深夜働けること・土日祝に働けることをメリットに応募してくる人は一定数います。ただ、業務のノルマが多過ぎてなかなか定着しないのが現状です。
昔は客入りが少ない時間帯に清掃や発注など必要な仕事ができましたが最近はデフレの影響もあるのでしょう、常にシビアで売上のない時間帯は人を削減することを要求されます。
人を雇う余裕が企業にないと感じます。なのに積極的な新規出店は続けている。
営業時間の短縮や休業日を増やす方向ではバイトのシフトが減らされるだけで社員の仕事量は減らないと思います。むしろ売上が減ったらその分増えるかもしれない。
効果的なのは全体の店舗数を減らすか、モノの値段を上げるかどちらかだと思います。一時的に業績は悪化するかもしれませんが、どのみち人を使い捨てるようなやり方ではこの先持たないと思います

N.D.Na
飲食企業でのこの様な取組みは、とても良い傾向だと思います。
単一商品の飲食店とはいえ、500店舗分の仕入れや物流も全てコントロールする必要があるわけですから、自社内でも取引先とも綿密な前打合せがあったのではないでしょうか。
この取組みを継続し、それだけの店舗数をかかえた飲食企業でも連休が取れるんだ、と発信し続けて欲しいと思います。
余談ですが、独身であったり、既婚でもお互いがサービス業か子供が小さい内は平日休みは渋滞も無いし、休日割増しや長い列に並ばなくて良い…等々のメリットが大きく、そこに連休が取れるとなれば、それは嬉しいものです。
しかし、結婚後の生活スタイルの変化や子供の成長に伴い、カレンダー通りに休めないことが親、伴侶として申し訳なく、寂しくも感じている方々は多いのでは?と。
少しずつ、徐々に…様々な業種の労働環境が改善されることを願います。

名無しさん
良いという意見にも一定数以上のそう思わないと言う意見もついているのでなかなか難しいと思います
ただ同意しない人はおかしいとかかかれるのもおかしいことですね
まずスシローに関わらずこういう業態で営業している店は多いと思います。
法律的にも休みが取れない事については週休二日制が完全週休二日制にする事が先でしょう
スシローがそれにすれば休日数についての従業員の働く意識が上がるのかもしれません
でも実際には政府がそれを願っているとは思えません。
従業員への不満は休みたいときに休みを取らせて貰えないという事であれば会社都合の日に休んで下さいは働いて賃金を貰いたいのに貰えないということの方が大きいと思われます
本当の所は休みが増えたら良いというより賃金が下がらず必要な休みが取りやすいのが良いのですけど

名無しさん
衛生面とかの観点もそうだけど、従業員の
モチベーションアップのためにも定期的に休業日
作ってもいいと思う。平日じゃなくて、土日に休業とか
やったらすごいって思うけどね。

名無しさん
働き方改革は政府がある一面だけを見て推し進めた政策です。いわゆるブラック企業と言われる規格外の労働超過を是正するには必要ではありますがすべての企業に適用した場合、そのしわ寄せはすべて企業と一般市民、消費者に回ってきます。政府は規制だけして補償などしてくれませんから。稼働が下がり売り上げが減少したら値上げしなければ利益を確保できず、それが市場に受け入れられなければ最悪廃業というケースもあり得ます。また、ゆったり働きたい人もいれば稼げるだけ稼ぎたい人もいます。スシローさんも休業日を平日に割り振られていますが売上減少のリスクを考えれば当然でしょう。でも休みをもらえるなら仕事の少ない平日よりも土日休日のほうが有難いでしょう。平日のみ休業では土日中心シフトのスタッフは休みが増えません。働き方改革を推進するなら企業に対して雇用のための支援を厚くしてスタッフのシフトを円滑にするための増員を補助して欲しい

名無しさん
良いと思います。
飲食業界は特に休みづらい環境が人手不足に輪をかけてるから。
また、他の業界でも人手不足の会社はぜひ検討してほしい。
収入を増やすのは容易ではないが、キチッと休めるよう配慮することはトップ次第ですぐに実行できること。
周り回って、結局、会社が得をすることだと思うよ。

名無しさん
飲食店はかなりの人手不足です。朝から晩まで、こき使われて、しんどいのにおばちゃん達が煽ってきます。ストレス貯めないためにもお休みはいいと思います。2月はどこも暇だからなのか、休館日ある所も見かけますよ。社員もパートも休めていいと思います。携帯で休みの時も報告し合うこともないので、ほんとにいいことだと思います。休みの日まで上司の声、聞きたくないよね(笑)次の休みもあるのかが気になりますね。

名無しさん
当たり前の事なのかもしれない。
働き方改革と唱ってはいるけど、本当は年末年始や飲食店チェーンでも本当の休みをいれなければならないんだと思う。
今は過剰なまでの営業サービスや経営時間となってしまっているのが当たり前で、売上アップの為に24時間営業や、年中無休という形態になっているのだろうけど、数十年前を考えると、そんなことは無かったんだろうなと思う。
何でも行き渡る前の時代は、それこそ競争や特別なやり方で集客=24時間や年中無休が呼び込みの体制になったのだろうけど、今は行き渡っているからこそ、働く場所には適切な休みや、休業の日を入れるべき。
高度成長期ではないから、気持ちと運営にゆとりをつくってあげましょう

名無しさん
素晴らしいと思う。これから定休日を復活すべきと思う。皆んなで休めば人件費も浮くから売り上げなくても利益率は変わらないかもしれない。もう右肩上がりでない世の中。
企業も見かけの増収よりも実質の増益重視にして欲しいね。

名無しさん
営業時間も長いし、土日祝も営業していて、行く側としてはありがたいが、反面、従業員の皆さんは大変だと思います。
今回に限らず、月に1回、こういう日を作っても良いと思う。良い流れだと思いますし、客も支持する流れになって欲しい。
24時間営業のコンビニやファミレスのも、地域によっては、夜10時閉店にして、朝6・7時位に開店にしても良いし、ファミレスなら、スシローみたいに休みを設けてもいいと思う。
従業員の確保も大変だし、人件費が高騰したり、営業時間長い分、光熱費も増えるし、防犯面でも深夜に危険なリスクが上がるからね。日本語わからない外国人を無理に雇うより良い。

名無しさん
すごく良い話だと思います。
「プーさんと大人になった僕」の映画を観た後にこの記事を見ると、凄くこの取り組みを色々な所で実施して欲しいと思います。
牛丼チェーンやハンバーガーチェーンが1日休みになっても、大きく悪い影響は出ないと思います。むしろ、「従業員を大切にしてくれる企業に入りたい」と感じて憧れの企業になり人材も確実に増えます!
この取り組みが他の企業に良い影響が出ることを期待しています!

名無しさん
1.こうだったらいいのになと思う。
2.どうやったら出来るか考える
3.実際にやってみる
4.悪いところは改善する
働いていると思う事ですね。
ほとんどの場合は1で止まる。思っても出来ないとあきらめてしまう。
そして、どうやったら出来るか考えようともしない。
昭和の時代は試行錯誤で失敗してもやってみるしかなかった。
今の時代は小利口で先に結果を読んであきらめて動こうとせず
どうせだめだと決めつけてしまう。
行きつくところまで行ってしまったのを目の当たりに見て
絶望的な行き詰まり感を感じた時代が続いてきた。
日本も大きく時代が変わろうとしている。
難しい事が多いが、どうしたら実現できるか考えて前に踏み出す時代に変わろうとしている。
しゃがむだけしゃがんだら後は立ち上がるしかない。
楽をしようと手抜きをするのではなく工夫しないといけない。
先人達の経験は私達にとってかけがえのない財産になる。

名無しさん
いいと思います。
JRの運休もそうだけど、やっとこういう判断ができる人が日本にも現れたのか、という印象。
確かに1ミリも逃さず売上をあげることや
真面目にきちんとやることも大切。
でも、今の日本はそれを目指した結果機械のような働き方になって
心が窮屈になってしまったと思う。
実際海外の人の方が明るくて人生楽しそうだなと思うことが多い。

名無しさん
素晴らしい決断だと思います。
店舗の従業員だけでなく、物流センターや、配送のドライバーも休みになると思います。
特に飲食業界は、年末年始ほぼ休めない事が当たり前になっているし、連休も取りにくい業界なので…。
2月は比較的、飲食業界がヒマになる時期でもあるので、全店連休は素晴らしい決断だと思います。
これぞ『働き方改革』だと思います。
ラーメンの幸楽苑の元日休業もですが、この流れが飲食業界チェーンに広がって欲しいと思います。

名無しさん
働きはじめてから20年余り、サービス業に従事しています。私が社会人になった頃はすでにお正月営業もあったし、定休日もなく365日営業も様々な業種でありましたが、それでも従業員が確保出来ていたので交代で連休も取れていました。
スシロー程の企業が全店休業をしなければ、従業員がゆっくり休みを取れない状況というのは、スシローに限らず人手不足が社会的にかなり危機的状況なのかもしれないですね。
大袈裟かもしれないけど、日本はどうなっちゃうんだろう…

ナシ
かなりの損失が出る筈なのに良く決断されました、経営陣の方々は素晴らしいと思います。今回だけに限らず休業日はあって当然だと思います。
営業時間ももっと短くて良いと思います。
コンビニ、ファミレスの24時間営業は早くやめるべきです。
もっと色々な方面で働き方改革、強いては経済の在り方全体を見直す時期だと思います。
誰の為の就労なのか?

名無しさん
一斉休業にしないと皆休めないのでいい決断だと思います。私も回転寿司で働いてますが、毎日忙しいし社員、パート、アルバイトの人全てが休めるわけではありません。人手不足で人が少ないと休みの所出たりしないといけないので休みが減る分疲れも溜まります。私が勤めてる所は昼のピークが過ぎた14時以降もずっと客が入ってくるので他の事もできないしゆっくり休憩も取れなかったりします。平日は暇な時もありますが土日は混みます。忙しい時期は時間に退勤できなかったりもするので長時間労働は忙しい時期に集中してしまってます。働いていていつも無理に年中無休で営業する必要があるのかと思ったりします。正月は持ち帰りの予約が多いので毎年朝6時から仕事してます。飲食業も定休日くらい設けてもいいのではないかと思います。

名無しさん
給与面や社会保障等が保証されている正社員にとっては良い事だと思います。
でも、時間給や日給のパート、アルバイト、契約社員の方で、沢山働いて稼ぎたい人にとってはマイナスになりますよね。
様々な業界で働き方改革の一環として、休日日数の増加や有給所得の履行が行われていますが、同時に、休日増加によって逆に多忙になる業務や、人手不足、非正規従業員の所得減に対応するために、同時にワークシェアリングの導入も進めるべきだと思います。
一日中の立ち仕事や体に相当な負荷がかかる過酷な仕事でも、一日中、一年中は出来ないけど、一日4時間だったらやれる人もいます。他の仕事と掛け持ちで働くこともできます。
単に休みが増えるだけではなく、多様な労働時間の形も進化させて行く方向性にした方がいいと思います。

名無しさん
昨年定年で隠居になった者です。
私は小売の鮮魚部門で、長年魚を捌いて来ました。
休みは、決まった曜日以外に無く、大型連休は勿論特殊企画だから出勤、盆暮れ正月もそうでした。私自身、相当な不満が有ったのは確かで、他の者もそうでしたが、不満と言うのは厄介で、人の苛々を高めて職場の空気まで悪化させます。当然ですが辞める者も多かった。
休みも長すぎると収益の面で問題なんでしょうが、この運動は大変に素晴らしいものと見て良いのではないでしょうか?
私の居た会社だけではなくて、これをきっかけに、この流れが波及してくれると日本は良い社会を構築出来るんじゃないかと、個人的には思いました。
この寿司店、私の家の近くにも在りますな。こう言う会社は是非とも応援したい。今後、ご馳走に上がらせて頂きます。

名無しさん
とてもいい事だと思う 年に数回でも必ず休める日があるってサービス業ではものすごくありがたいよ
飲食業で何回かバイトしたことあるけどシフトを作る時にも定休日があればなーと思う事は多々あった
昔はデパートだって週一で休むのが当たり前だった時期もあったんだ
今は皆サービス業に多くを求めすぎ その要求の厳しさが回りまわってすべての日本人に帰ってきてしまったのが平成という時代かなと思う
いろんな事が便利になった平成だけど次代はその便利さを敢えて取捨選択して不便を受け入れることも必要になってくるのかなと感じている

名無しさん
たしかに、今日スシローに行こう!と思った時に休みだと 残念。 て時はある。
でもそういう日があるからこそ、店があって当たり前とか、感謝とかそういう気持ちに変化が生まれるのだと思います。
365日営業ってやっぱり自然なことではないし、努力や犠牲も凄いと思う。
大手が率先して変えていけば必ず日本もよくなると信じています。

生きた祟り神
従業員がいて経営が出来るのだから、改善するのは良い事。
従業員が良い接客や良い仕事が出来る様に改善すれば、来店する客も気持ち良く飲食して帰れる‥。
店内の衛生面などメンテナンスが確実に出来る様になれば、安心が出来る‥知らぬが仏の状態で飲食して、それが発覚したら、客足は途絶えてしまうし、信用を取り戻すには相当の年月を必要とするので是非、働き方改革と経営改革もして欲しいです。
スシローだけで無く、全ての職業に言える事ですね。

wxyz…..
とても素晴らしい取り組みだと思います!
年中無休が当たり前みたいになっていますが、例えシフト制でも毎日店を開けるとなると責任者の負担も大きいと思う。
従業員を大切にする会社はお客も大切に出来る会社だと思う。

名無しさん
いつでも必ず何処かの店が営業している世の中で
休んでも客は困らない
むしろ利益より従業員のタメを思い休業すると言う判断をしたスシローを支持するし
数多ある回転寿司のなかでも
行くなら味とか値段だけじゃなく
会社としての印象も選択肢のひとつ
逆に利益は増えるのでは無いだろうか
定休日を設けても良いと思うくらい
働いてる人達がバイトやパートさんばかりだから
といって人を人とも思わないような会社が多いなかでこの判断は企業イメージ向上としては
素晴らしいと思う

mar
消費者からすると年中無休なんてする必要ない。
今はお正月もお盆もスーパーなどの店舗を開けているけど、いつの頃からかそんなシステムにしてワクワクしたスペシャル感が減った気がする。
主婦は大変だったけどね笑
コンビニなどはシステム上仕方ないが、他は従業員の健康を守るためにももっと休日を作るべき。

名無しさん
人それぞれに考え方はあるとは理解したうえで投稿します。私としての一個人の意見としてはとても賛成であり、このような会社が1社でも多くなり、働くスタッフさんたちのちょっとした気遣いになって行って欲しいという考えである。これに対して否定的意見を言う人と、多数のコメントの人に対して、”そうは思わない”と思うボタンやコメントを数はそんなに多くはないが拝見していて、恐らくは自分自身に関係がないからというような短絡的な意見も見られたりする。先に言うように、これはあくまでもそれぞれの考え方があるという認識がわかったうえでいうが、そういう否定的な人たちは結局はどうあったらいいのかと率直に思う。自分だけ良かったらそれでいいのかな?と思った。スシローさんは時々寄るがこの記事が出ているまで全く知らなかった。これこそ全国ニュースで取り上げて欲しいニュースの1つでもあると思う。

名無しさん
これは大変素晴らしいことだと思います。売り上げだけではなく働く従業員のことを考えている姿勢は他の企業も見習うべきだと思います。このような販売、サービスの職種は365日シフト制で人手不足の会社は多く、従業員の声を取り入れない企業がたくさんあるのでこれから広がること願いたいです。

名無しさん
この決断をするのは容易では無いと思うけど大変素晴らしい試みだと思う。これからこういう企業に率先してお金をどんどん落として応援したい。
日本はサービ業に対して過剰にお客が求め過ぎだと感じる。だから企業も需要に応えようとする。そうした風習や考えは少しでも減ればもっと休みが増える企業が増えるはずで、より働きやすい環境が実現して欲しい。



PDF