(CNN) 米テキサス州で、24歳の男性が使っていた電子たばこが顔の前で破裂して頸動脈(けいどうみゃく)を損傷し、男性は病院に運ばれた後に死亡した。

たばこ購入年齢を100歳に引き上げる法案を審議 ハワイ

同州タラント郡の検視当局によると、ウィリアム・ブラウンさん(24)は同州フォートワースの病院で1月29日に死亡した。死亡証明書によると、死因は破裂した電子たばこの破片で頸動脈を損傷したことによる脳梗塞(こうそく)とヘルニアだった。

電子たばこの破裂は1月27日、たばこ販売店の駐車場で発生。CNN系列局KTVTによると、この店の店長が救急車を呼んだ。ブラウンさんは、電子たばこの使い方を尋ねるため同店に立ち寄ったものの、何も買わなかったという。同店では、ブラウンさんが使っていたブランドの電子たばこは扱っていないと説明している。

病院に運ばれたブラウンさんは、医療措置による昏睡(こんすい)状態に置かれ、X線検査の結果、電子たばこの破片がのどの部分に突き刺さっていることが分かった。

電子たばこは液体を加熱して発生させたエアロゾルを、普通のたばこのように吸引する仕組み。米疾病対策センターによると、一般的にはこの液体にニコチンが含まれる。

米消防当局によれば、2009~16年にかけてマスコミが報じた電子たばこの発火や破裂は、米国内で195件起きている。

昨年5月にはフロリダ州の男性が、破裂した電子たばこの破片が頭部に突き刺さって死亡した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-35132327-cnn-int


PDF