ローマ法王フランシスコは今月、カトリック教会で男性聖職者が修道女に対して性的虐待を行っていたことを認め、その一部は修道女を「性奴隷」にするものだったとして非難した。
被害を訴えていたチリの元修道女らは、ローマ法王が問題を認めたことで救いになったと話す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010005-reutv-eurp


PDF