「フィギュアスケート・チャレンジカップ」(22日、ハーグ)

 アドバンスド・ノービス女子のフリーが行われ、SP首位の本田紗来(11)=京都醍醐FSC=が合計124・07点をマークし、国際大会初優勝を飾った。2位に20点差以上をつける圧勝だった。

その才能はオランダの地で確かな輝きを放った。紗来は冒頭の3回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプは軽度の回転不足はあったが、しっかり着氷。続くダブルアクセル-3回転トーループを決めると、一気に流れをつかんだ。ピンクの衣装を身にまとい、キュートな滑りで見る者を魅了。表現力などを示す構成点ではただ1人、35点台をマークし、他を圧倒した。演技を終えると、控えめに両拳を握った。得点が表示されて優勝を確認すると、浜田コーチになでられて、はにかんだ。

 紗来は16年世界ジュニア女王の真凜、女優でフィギュアスケーターの望結を姉に持つ本田姉妹の末妹。国際大会デビュー戦だった昨年8月のアジア・トロフィー(バンコク)では2位で、同大会で優勝したのは1月に史上最年少で全米女王となったアリサ・リウ(13)だった。

 小学5年生ながら、6年生や中学1年生もいるカテゴリーで戦い抜いた今季。最後に大きな勲章を手にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000106-dal-spo


PDF