インドとパキスタンが係争地カシミール地方の停戦ライン(実効支配線)を挟んで戦闘機での空中戦や空爆を繰り広げた問題で、パキスタンが拘束していたインド軍機の操縦士が1日、両国の国境の検問所でインド側に引き渡された。パキスタンはこれで事態収拾を図る狙いだが、インドの出方に注目が集まっている。

 パキスタンの地元テレビの報道によると、操縦士を乗せたとみられる車列が1日夕、国境の町ワガにある検問所に到着した。操縦士はその約4時間半後にインド側に引き渡された。

 パキスタン軍は2月27日、カシミール地方の停戦ライン付近を飛んでいたインド軍機を撃墜し、緊急脱出した操縦士を拘束。パキスタンのカーン首相は、28日の国会で「融和の姿勢を見せるため」として操縦士を解放する意向を表明した。

 早期解放を打ち出すことで、軍事的に強力なインドとのさらなる衝突を回避するとともに、パキスタンが先んじて譲歩を演出することで、インド側に国際社会の批判を向けさせる狙いがあるとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000083-asahi-int