韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がとんでもない数字を持ち出してきた。1日の「三・一運動」の記念式典の演説で、100年前の独立運動で「約7500人が日本側に殺害された」と言及したのだ。数字に根拠は乏しく、外務省は「大統領が具体的数字を挙げるのは問題」と外交ルートで韓国政府に伝え、自民党内でも異論が噴出した。一方で文氏の演説では「親日清算」と、「日本への遠慮」が混じり合う支離滅裂ぶりが目立った。何があったのか。

 「当時、7500人の朝鮮人が殺害され、1万6000人余りが負傷、逮捕・拘束者は4万6000人余りに達した」

 ソウル中心部の光化門(クァンファムン)広場で開かれた式典で演説した文大統領は、こう主張した。日本の外務省によると、昨年の式典では文氏からこうした言及はなく、韓国大統領が公の場で具体的な数字を出すのは極めて異例だという。

 この発言を外務省が問題視したほか、自民党が1日に開いた外交部会や国防部会などの合同会議でも、政府に韓国側への反論や国際社会への周知を求める声が相次いだ。

 7500人という数字について、評論家の八幡和郎氏は「韓国側が以前から言っている数字ではあるが、上海の運動家が噂として用いていた数字でなんの根拠もない」と一刀両断する。

 ただ、文氏は演説で慰安婦問題やいわゆる「元徴用工」の問題には言及せず、日本に歩み寄ったような発言もみられた。

 前出の八幡氏は「慰安婦や元徴用工、レーダー照射問題などで日本が断固とした姿勢を見せていることで、文氏は困り始めている。米朝首脳会談でも、トランプ米大統領と安倍晋三首相がどれだけ緊密に連携しているかを理解し、安倍首相を無視した解決はないと思い知ったのだろう。『強い相手には弱く』という性質が出ている」と読み解いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000008-ykf-int


PDF