【統営聯合ニュース】韓国の海上保安当局によると、3日午前4時50分ごろ、韓国の釣り船(42トン)が慶尚南道統営市鴻島の南沖約46キロの海上で日本の水産庁の取り締まり船に拿捕(だほ)された。無許可操業の疑いでの拿捕だという。

 同日午後0時20分すぎ、釣り船が拿捕されたことが韓国側に知らされた。同船には慶尚北道・浦項の港から乗船した12人が乗っているという。

 統営と浦項の海洋警察は釣り船が拿捕されたいきさつなどを調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000024-yonh-kr


PDF