新聞、テレビ、教科書、SNS……韓国のあらゆる言論空間に蔓延する「反日フェイクニュース」。決定的証拠をもとに、その嘘を暴く。

〈日帝は韓半島を戦争遂行のための兵站基地とし、朝鮮の資源と物質を大々的に徴発した。さらに、朝鮮人を効率的に戦争に動員し、朝鮮人の精神と文化を破壊する民族抹殺統治を広げていった〉


 現在も使われている韓国の高校歴史資料集の一節だ。

 日本による“民族抹殺統治”の証拠として韓国が示す写真の中には、テレビや新聞など韓国メディアで繰り返し使用されるシンボル的なものがある。それらは歴史教材として学校教科書にまで掲載され、「日帝」の非道さを訴える“道具”として利用されている。

 しかし、それらの写真は日本の識者などからすでに誤りを指摘され、事実でないと判明したものが数多い。それにもかかわらず、日本からの指摘に反論することもないまま、現在に至るまでステレオタイプな“イメージ操作”を繰り返している。

「劣悪な労働環境や強制労働の証拠となるものが少ないため、韓国側は事実かどうかは検証せずに“強制連行”をイメージできるような写真に飛びつくのでしょう」(三輪宗弘・九州大学教授)

 さらに、韓国は間違いを認めないばかりか、それを“真実”として次世代に引き継ごうとしている。韓国・鬱陵島の独島博物館にあるレリーフの改竄を2004年に指摘した下條正男・拓殖大学教授が、竹島問題での韓国の姿勢について解説する。


「『独島(竹島の韓国名)は我が領土』という“歴史的事実”は揺るぎないものと信じるあまり、多少の改竄などは気にしないのでしょう」

 韓国政府は2006年、教育部の傘下に竹島研究の専門機関「東北アジア歴史財団」を設立、2011年には小中高生向けの副教材『独島を正しく知る』を作成した。若年層に向けた“独島教育”に一層注力している。

「副教材は『独島が韓国の領土であることを国際社会に拡散させる』ことを目的としている。それに対抗するには、日本側にも韓国の主張にきちんと反論できる専門研究機関が必須です。そうした準備もないままに日本で竹島教育を始めても、韓国側を挑発してさらなる反発を招くだけ。まだまだ準備不足です」(下條氏)

「日帝」の非道さを訴えるために、強制連行や虐待などの虚構をこれでもかと描いた慰安婦映画『鬼郷』が、2016年、韓国で大ヒットした。

「反日感情が高揚する映画は韓国マスコミが全力をあげてプロモーションを仕掛けます。慰安婦や徴用工などについて詳しくない若い世代ほど、映画を通じてそれが事実であると信じてしまう傾向がある」

 と韓国人ジャーナリストの崔碩栄氏はその危険性を指摘する。『鬼郷』のヒット以降、次々に新作が生み出される慰安婦映画の影響が懸念される。

 目下、「日帝」の象徴として集中的なバッシングを受けているのが「旭日旗」である。同旗に近いデザインであるだけで無関係なものまで糾弾され、欧米では韓国系学生が反対運動を行うほどの過熱ぶりだ。

「旭日旗を“戦犯旗”と叩くのは韓国だけ。他の国々は何も言わない。これは単なる難癖です。非常識な行為であると気づいて欲しい」(崔氏)

 事実から目を背け、自分たちが望む通りの「歴史」を上書きし、喧伝し続ける韓国。反日フェイクの根はあまりにも深い。

https://www.news-postseven.com/archives/20190205_834409.html?PAGE=3


PDF