コロンビアで9日、旅客運輸会社ラセルアエロ(Laser Aereo)が運航するダグラス(Douglas)DC3型機が墜落し、乗客乗員12人全員が死亡した。当局が発表した。

 コロンビアのサンホセデルグアビアレ(San Jose del Guaviare)からビジャビセンシオ(Villavicencio)に向かう飛行中だった。DC3型機は1930年代に米国で生産が始まった双発プロペラ機。


 死亡した乗客には同国南部タライアの町長とその夫と娘も含まれていた。民間防衛当局はエンジン1基が止まり、不時着しようとしたが機体を制御できなくなったとの仮説を示したが、民間航空当局は詳しい事故原因を明らかにしていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010006-afpbbnewsv-int


PDF