日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の12日の日産の取締役会への出席について、東京地裁は、認めない決定をした。

ゴーン被告は、現在も日産の取締役で、役員の義務として12日の取締役会に出席する意向を示し、弁護側は、取締役会への出席許可を東京地裁に求めていた。

弘中惇一郎弁護士によると、東京地裁は11日、ゴーン被告の取締役会への出席を認めないと伝えてきたという。

東京地裁は、理由を明らかにしていないが、ゴーン被告の保釈条件に、日産の幹部を含む事件関係者との接触禁止が盛り込まれていることから、出席を許可しなかったとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010022-houdoukvq-soci



PDF