あの「エリア51」へ突撃!
 世界中のUFOマニアが注視する「エリア51」とは、アメリカ合衆国のネバダ州にある、アメリカ空軍の基地がある地域(あるいは基地そのもの)のことです。周囲を小高い山と砂漠に囲まれ、人里離れた場所に位置することから、中で何が行われているのか、謎のベールに包まれているのです。

1947(昭和22)年7月、アメリカのニューメキシコ州にて、現場に近いロズウェル陸軍飛行場(当時。現・ウォーカー空軍基地)が、「墜落した空飛ぶ円盤を回収した」というプレスリリースを出しました。世に広く知られる「ロズウェル事件」の発端です。

 数時間後、「回収されたのは観測用気球だった」とプレスリリースは訂正されましたが、一方でやはりアメリカ軍はUFOやエイリアンを極秘裏に回収しており、それらはエリア51で保管されていると噂されました。そして「へき地に基地を作る以上、何かしらの“見られたくない”研究や実験が行われているのではないか」と、数多くの噂が噂を呼び、21世紀になったいまも、多くのUFOマニアが訪れる場所となっています。

 エリア51とされる地域には、アメリカ軍のグルーム・レイク空軍基地があり、当然ながら基地へ続く道もあります。通常であれば正門側へアプローチするのが筋でしょうが、今回はエリア51に裏門側から接近してみました。

UFO聖地 エリア51の裏門へ突撃! 謎の黒い郵便受けに例のトラック…噂は本当だった!
何もないまっすぐな道をひたすら進む(武若雅哉撮影)。
道しるべは荒野の「ブラック・メールボックス」
 筆者(矢作真弓/武若雅哉:軍事フォトライター)は、戦闘機が谷間を勢い良く飛び抜ける場所として有名なデスバレー国立公園での撮影を終了し、そこから北上したトノパーという町を経由して、ルート6(アメリカ国道6号線)を東へ向かいました。途中にあるワーム・スプリングスという町から、375号線(エクステーターレストリアル・ハイウェイ)に乗り換え、進路を南に取ります。この道こそが、エリア51の「裏門」へと通じる、知る人ぞ知る道なのです。

 道中はひたすら続く一本道で、すれ違うクルマの数は非常に少なく、時折、放牧されている牛や馬を見かけるくらいでした。日中でも交通量は少なく、夜間はほぼなくなるため、星が非常にきれいに見えるといいます。満天の夜空に輝くのは星だけではなく、飛行機や人工衛星、そしてUFOもあるいは、と思わせてくれます。

 375号線をしばらく南下すると、右手に黒い物体が見えてきました。マニアのあいだで有名な「ブラック・メールボックス」です。

 荒野の真ん中に、ポツンと立つメールボックス(郵便受け)。周囲の見える範囲に人家はありません。いったい誰が何のために設置したのでしょうか。UFOマニアたちによると、「このメールボックスに手紙を入れると、エイリアンに届く」と噂されているようですが、筆者が訪れた時に見たメールボックスは、投函口もないただの黒い箱でした。しかも大きな南京錠で施錠されているので、中に何かを入れることも、出すこともできません。

 横には、壊れたプラスチック製の「白いメールボックス」もありましたが、こちらはすでに使われていないようです。

 世界中から訪れたマニアたちによって、落書きされたメールボックス。実は、このメールボックスこそが、今回の目的地であるエリア51の「裏門」への道しるべだったのです。

果てしなく続く荒野の先に「例のトラック」
「ブラック・メールボックス」がある場所は、375号線から枝分かれする形のT字路になっています。T字路といっても、枝分かれした先は舗装されておらず、信号もなく、ある程度、整地された砂利道が南西方向に向かって、どこまでも一直線に伸びています。この先に筆者の目的地があるようです。

 砂利道の幅は6mほどで、すれ違うクルマもいないため、道路の真ん中を快適に走り続けることができました。

 しばらく進み、最初の十字路を越えてさらに南下すると、少し幅の広い十字路にぶつかりました。交差しているのは、「裏門」まで続く「51ロード(グルームレイク・ロード)」です。右折し、南西に向かって走り出します。

 ずっと砂利道が続き、途中で軽くアップダウンします。よく見ると、水はけを良くするための暗渠(あんきょ)が設置されています。このような雨の少ない地域に、しかも複数、いったい何のための暗渠なのでしょうか。謎が深まります。

 やがて、何もない荒野に低いフェンスが姿を現しました。そのフェンスの看板には、「この先はアメリカ空軍の管理下」である旨が書かれています。撮影することはできませんでしたが、丘の上には監視カメラも設置してありました。

 そのまま道を進むと、小高い丘の上に白いピックアップトラックが停まっています。このトラックこそが、「ブラック・メールボックス」に次いで、UFOマニアのあいだで広く知られる「例のトラック」です。

24時間監視が続く裏門、帰り際には「アレ」が来た…!

こちらの様子をうかがうように停まる「例のトラック」を横目に奥へ進むと、アップダウンする道になり、いったんトラックの姿が視界から消えます。さらに500mほど進むと、目の前に警告看板が飛び込んできました。

この警告看板には「不法侵入者には1000ドルの罰金が科せられる」「ドローン禁止」「写真撮影禁止」などの警告文が書かれています。ここから先が「エリア51」の施設であるということを示唆する内容であり、筆者はついに「裏門」と呼ばれる場所にたどり着いたようです。

 おもむろに周囲を見渡してみると、先ほどまで北上していた筆者のクルマに正対していた(南を向いていた)「例のトラック」が、今度はゲートの方(北)に向いています。つまり、筆者が乗るクルマの動きを逐一監視していた、ということでしょう。

 敵意が無いことを示すために、筆者が車内からトラックに向かって手を振ってみるも、特に反応はありません。警告看板の横には監視カメラがこちらを向いており、どうやら遠隔で様子を見ているようです。ただならぬ重圧を感じた筆者は、長居は無用と、2、3分ほど警告看板の前で様子をうかがってから、乗って来たクルマをUターンさせ、「裏門」を後にしました。

 特になにごともなく375号線まで引き返し、そこから東方、93号線方面へ走り出した筆者のクルマ。後方を確認しても、追いかけてくるようなクルマはいません。何かしらの発信機を取り付けられたような形跡もありません。どうやら、無事にエリア51から離れることができたようです。

 と、ひと息ついた約15分後のこと。後方からなにやら、低空を飛翔するものが近寄ってきました。「まさかUFO!?」と思い確認すると、なんと、アメリカ空軍のF-16戦闘機が、筆者の乗ったクルマを追いかけてきたのです。

 F-16は筆者のクルマの右側100mほど横を低空で飛び抜け、右旋回して離れていきました。まさかの展開に、カメラを用意できなかったのが悔やまれます。

 果たして、F-16はたまたま通過しただけなのでしょうか、それとも筆者の行動を監視しに来たのでしょうか。

 UFOが見られなかったのは残念ですが、F-16に追われるというスケールの大きい体験ができた、エリア51の裏門探訪でした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00010002-norimono-bus_all&p=2

みんなの意見


名無しさん
アメリカ軍のUFOファンへのサービス飛行に見えます。しかし、アメリカは常に戦時下にあるので興味本位で軍事基地に近づくのは控えた方が賢明です。

名無しさん
大量の燃料を消費する戦闘機を飛ばして威嚇するくらいだから何かがある….
ゲートに数人警備員配置させたほうが安いでしょ

名無しさん
突撃取材なら
ぜひ、「エリア51」上空を
航空機で横切って、地上の写真撮影を
してほしいんだけど!

名無しさん
エリア51というと昔、日テレで矢追さんがやってたUFO番組を思い出す
散々引っ張り勿体ぶって…結局何もわからず解決しない番組

名無しさん
エリア51はTV番組で何度も見ましたし、関連本も何冊か読みましたが、どれも結果があいまいで、いつももやもやした思いのままでした。今回矢作さんの記事でしたのでちょっと期待したのですが、もう少し発展した情報が知りたかった。周辺の様子も知りたいですが、誰もがだと思いますが、一番知りたいのは本当なのか?という核心的な部分です。
困難なミッションでしょうが、なんとかトライしてほしいです。

名無しさん
エリア51、、イチローも言われてる。広大な範囲をカバーする意味だろう。
去年、米国防総省はエリア51は極秘の研究施設と発表してる。宇宙人回収も色々と噂あるけど、ある局の特集で、噂を追ってくと、言ったとされる一人の人物にたどり着いた。本人に確認したら、当日は仕事で別な地域にいて見られるわけがない、居なかった証拠もあるし何故言ってもいない事が独り歩きしたのか分からないとの答え。裏取りで知人、奥さんにも聞いたが同じく地元に居なかったとの答え。
当時、米ソ冷戦時代で、一部の軍関係者しか知らない電波監視装置をアルミ箔状の気球に取り付け実験してたと元軍関係者のインタビューと装置の写真を見せてた。結局墜落機体はUFOではないとの結論だった。
宇宙人と接触してると発表予定だったケネディーはCIAに殺された。UFO、宇宙人はアンダーソン基地に保管されてるのがもっぱらの噂。発表は近い将来あるかもね。

名無しさん
ネバダ観光という日本人がやってる現地ツアー会社がエリア51ツアーを出していて最少催行人数が4人にもかかわらず1人で4人分払って来る人が結構いるって言ってた
マニアにしか分からないとてつもない熱量のお客さんだとか

トラマナインパスレミラーマ
昔にテレビでやってた場所に似ている。
丘の上に突如トラックが現れ此方を監視する。
長居すると別のトラックが道に現れ、数十メートル離れた所から降りることもなく此方を監視する。
一歩でも進んで踏み入れたら、銃撃されても一切しりまへんで!みたいな警告看板が立ててあって、こういう所から噂が噂を呼んだのではないかと思う。
まぁ、今回は命があっただけ良かったなぁ!って思う。

名無しさん
軍も地元の観光産業には協力してるんだろう。
でも入っちゃいけないとこに行くと捕まるか悪ければ体中穴だらけにされるぞ。

名無しさん
国防総省が近年公開した、米軍パイロット達が遭遇した
向かい風に対し超高速で飛ぶ謎のドローンに対して
やりとりしてる驚愕の数十秒の動画がありましたがあれは
本物だと思います。
ということは米軍はufoの正体を現在も把握できてないわけでエリア51には地球外のなにかは何もないと思います。現実的な兵器の実験はしてると思いますが。

名無しさん
アメリカ問わず、外国の軍事基地には近寄らない方がいい。
写真撮影どころか付近をウロついているだけでスパイとして逮捕されたり、射殺される可能性があります。実際中国では日本人が軍事基地のスパイをしたとして懲役10年以上となった例が複数件発生しています。
呑気に近寄って写真撮影できるのは自衛隊の基地だけです。

air
久々にいい記事読ませてもらった。

カンナ
UFOは存在する、というのが真実なのでは?
無限と言っていい宇宙で地球だけが、生命が存在するとは考えられない。

henohenomoheji
また消去されました。昔からある地球ゴマがヒントでした。消されるからまた書きました。南北重量でそうなります。東西でその90度重力を感じれます。基本2つのクロスした重力で体感できます。これを360度制御。安定ホバリングの基礎です。ただし高速自由移動はまだ解明されてません。

名無しさん
エリア51等々の話しの背後には、悲惨で残酷な話しがあって、そのカモフラージュの為に、都市伝説化されている可能性が大きいと思う。
色々な人体実験の結果としての遺体を宇宙人としたりとか。
鍛え抜いた軍人あがりの宇宙飛行士による有人宇宙飛行を行う前に、動物を乗せて実験している訳だが、その後いきなり正規の軍人を乗せたのか、私はこの辺りが怪しいと思っているが、矢追氏の後のTVデレクターだった小川謙治氏によれば、放射能実験という話しもあるね。
Youtubeの「ムー度満点!トーク vol11.小川謙治」で話しが聞けるね。

名無しさん
その周囲には岩石に似せた遠隔監視カメラや監視装置があるって話を聞いた。

名無しさん
これは状況によっては、F16で攻撃するということか
アメリカのUFO研究家に、F16が来たと言ったら
興味を持つかも
珍しいことかもしれないぞ
中国か北朝鮮のスパイに見られたのかも
アジア人が来るのは珍しいのでしょう

O-721
もっともらしい、兵器開発の噂やら、核施設やらの話よりも、UFOとか宇宙人の方が面白いけどなぁ。
もし真実が暴露されて、こうだったってのがわかったら、面白くなくなっちゃうな。
秘密の方が面白くていいよ。

名無しさん
何かを隠してるのだろうけどね
いつか公開する日が来ると思います

koriakusow
機会があればチャレンジしてみたいね

るぞにか
もしも、火星に「生命発見」ってなったら、我々は移住どころか有人飛行も無理だろうな。逆も同じことなのでは?未知の生命環境への進出のは、無謀な気がする。

Procyon
エリア51にUFOが保管されてとかそんな事より、
宇宙のどこか所か我々の居る天の川銀河内に無数の生命体が必ず居る事は確実でしょうね。

名無しさん
あのあたりをラスベガスに行く途中で通過した事があります。夜でしたが、UFO?を見ました。その話をしたら、開発中の飛行機のテスト飛行じゃないか?と言われました…

名無しさん
普通に考えて、F-16(ジェット戦闘機)でトラックを追いかけたりしないでしょう。笑

名無しさん
UFO(未確認飛行物体)は絶対にある
自分も数回瞬間移動含め見た事がある
ちなみに自分は人の数百倍は空を見ている
だから目撃する回数が多いんだと思う
ちなみに流れ星は数え切れないほど見た
しかしそのUFOと言うのは
地球外生命体が作ったものなのか
地球上のものなのかは分からない。

名無しさん
地下には秘密基地が広がっているとか宇宙人がいるとか。
何かを感じさせる場所ですよね。
ファンタジーと不気味さが混じって知りたいと思います。

名無しさん
秘密基地にある施設にはエイリアンの標本があったりして。映画の見過ぎかも知れないが。

名無しさん
日本にもUFOが飛んでいたよ。
青白い光を出していた。重力波の探知にイレギラーって言ってたけど、あれはUFOに乗っている宇宙人が、重力をコントロールしているからと違うか。
近所の宇宙から来たオジサンが、よく空を飛んだり、何十年も前から高い電波塔を建てていて、赤と青色の光を夜に出し、はるか宇宙の故郷に連絡を取り合っていたみたい。
アメリカまで行かずに、このオジサンに接触したらいいのに。

名無しさん
このエリア51はおとりなのかもしれませんね。本当に知られたく無い基地は公表もしないし、もっと違う場所にあるのだと思いますね。公表したら、敵国に狙われるでしょうしね。

名無しさん
アメリカ軍の最新兵器の実験場だよ。
結構隠してる謎の兵器あるからね、米軍。
ビンラディン暗殺に使ったステルスヘリやイランに奪取されたステルス偵察機。
そんな公にしてない機体をここで試験評価してるってだけ。
不思議な飛行物体が目撃されても不思議ではない。

名無しさん
裏って…普通に観光スポット化してますよ。ここは。
ラスベガスからの観光ツアーもあります。
バレーオブファイヤーとここに行ってUFOバーガー食べました。
お高めの料金だから、レンタカーで行くのがお勧めです。
まあ、他にも観光地が盛りだくさんなので、リピーターか、興味のある人しか行かない場所ではあるけどね。

名無しさん
ライトパターソン空軍基地もUFO関係の話題でよく名前出てましたよね。
MJ12もとんと聞かなくなりました。

名無しさん
グーグルマップにブラックメイルボックが載ってる。ペグマンをドラッグするとUFOに変わるのがご愛敬。しかし、すごいところに基地があるんだなあ。

mafu※※※※※
アメリカにあるなら、日本にも似たようなところはあると思う。

ご意見番ピエール幸太郎
こんばんは幸太郎です。
アメリカ製UFOである三角形のアストラtr3bやブーメラン型の反重力の飛行物体を開発してる場所かもしれません。
日本の上空にも領空侵入してきてます
(あまり話すと消される危険性もあります)

名無しさん
シアトルのエリア51では四十路半ばのエイリアンが飛行物体をことごとく捕獲するのがよく目撃されてたな。
故郷に帰ったら、ちょっとゆっくりしてほしい。

名無しさん
UFOマニアにはもうすでにメジャーとなった秘密基地(笑)エリア51。
そりゃあ機密中の機密の偵察機の開発とかテストやってたら警備も厳重でしょう。個人的にはエイリアンを囲ってるって話が気になるのだけど…アメリカって国はイスラム教徒とか中国には手厳しいのに、エイリアンには優しいんだな。媚びてる感じすらある

名無しさん
今から20年ほど前に、エリア51から南に300km辺りの道を真夜中に車で走っていた時のことです、30分以上すれ違う車もなく、辺りに民家もありません。すると突然、進行方向の少し左側の上空から大きな緑色の光球がかなりゆっくり降りてくるのが見えました。かなり大きな光の玉で、点滅などもしておらず照明弾とも違う色と光り方で山の稜線の向こう側に消えました。同乗者はANAの客室乗務員の女の子で、その子いわく航空機の光ではないと。あれは一体何を見たんだろう?

名無しさん
UFO聖地っていうとそこまで違和感は無いけど
未確認飛行物体聖地っていうと凄く違和感が有るのは何故だろう。

名無しさん
最近古代の宇宙人シリーズにはまって実にタイムリー。最近は地下の方に施設を移管してるとか言うけどね。軍の管理下には変わらんから油断大敵



PDF