「クスリはダメ、ゼッタイ」。大麻でも覚醒剤でも、そしてコカインでも、日本ではすべてをこの枠に押し込めてしまい、問題の本質に目が向くことがない。コカインはほかの薬物と何が違い、どこが最大の問題なのか?

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが徹底解説!

■”新しい強壮剤”として売り出されたことも
ミュージシャン・俳優のピエール瀧氏がコカインの使用で逮捕されてから、「関連作品の販売停止や放送自粛は過剰か」といったものも含め、さまざまな議論・報道が飛び交っています。

なかには著名人に対する「ざまあみろ」という群衆心理に乗っかり、問題の本質と関係ないところで藁(わら)人形にひたすら釘を打ち込むような言説も見受けられますが、そもそもコカインとはどんなものかという理解が深まっているとは思えません。

今回フォーカスしたいのは、「コカインを供給する側」の闇の部分。コカインはしばしば”セレブドラッグ”といわれますが、それを嗜好(しこう)する人々の多くは、知らず知らずのうちに人道的な問題の拡大に加担している――そんな”現実”を紹介します。

日本ではさほど実感がないかもしれませんが、世界ではコカイン市場が活況を帯びています(コカイン以外のドラッグも大盛況ですが)。米疾病対策センター(CDC)によると、米国内におけるコカイン中毒死の数は近年急増しており、2017年には1万4500人以上が過剰摂取により命を落としています。

新種のドラッグが一時的に流行するのはよくある話ですが、クラシックなドラッグであるコカインが、なぜ猛威を振るっているのか。それを理解するための補助線として、まずはコカインの歴史をざっとひもといてみましょう。

コカインの原料はコカという植物の葉で、紀元前3000年頃には、南米大陸北西部に栄えた古代インカ帝国の人々が、高山特有の薄い空気に順応するためコカの葉を噛んでいたといいます。

長らく日常的に、あるいは宗教的儀式の際に主に中南米で広く使われていたコカですが、16世紀にペルーを侵略したスペイン軍は、先住民を銀山で強制労働させるためのツールとして利用したといわれています(第2次世界大戦中、旧日本軍が覚醒剤を使用したのと似たような使い方です)。

時は流れて1850年代、ドイツの化学者がコカの葉から初めてコカインを抽出することに成功します。1880年代に入ると医療(主に精神医療)の現場でも活用され、有名なオーストリアの精神分析学者ジークムント・フロイトもコカインを”魔法の物質”と称して傾倒。

今でいう向精神薬として、「大量に摂取しなければ死ぬことはないから、正しく知って、正しく使いましょう」と、コカインの使用を強く推奨するようになります(同時期に書かれた小説『シャーロック・ホームズ』シリーズにも、コカインがたびたび登場します)。

アメリカではハリウッドの有名女優などもこの”新しい強壮剤”の宣伝に一役買い、コカインは広く普及。しかし、次第に過剰摂取による中毒死の続出が問題視され、1922年、ついにアメリカでコカインが違法薬物として正式に禁止されるに至りました。

以来、米社会では「黒人が使う違法薬物」と位置づけられていたコカインですが、約半世紀の時を経て”リバイバル”が起こります。60年代末からロックミュージックと結びついて”カウンターカルチャー”としての薬物(主にマリファナやLSDなど)が広がっていたところに、ベトナム戦争でヘロイン中毒となった兵士が大量に帰還。

売人を含めた薬物市場が活性化し、コカインが主に白人富裕層の間でブーム化しました。80年代に入ると供給量が増えて販売価格も下がり、貧しい人々にも広がって深刻な社会問題となっていきます。

折しも、1970年代後半から80年代にかけてアメリカはディスコブーム。コカインの”効能”とディスコ文化は非常に親和性が高く、若者の間で爆発的に広がったのです。

■経済危機でコカの作付面積がV字回復
70年代以降のコカインブームを供給面で支えたのは、コロンビアの「メデジン・カルテル」などの巨大麻薬組織でした。米政府やコロンビア政府はこうした組織の撲滅に力を注ぎ、2000年前後を境にコカインの生産量をいったん抑え込むことに成功。

ところが、2010年代に入るとコカインの供給量は”V字回復期”に入り、コカの作付面積は2010年からの8年間で約4倍に拡大しています。

コロンビアではメデジン・カルテルやカリ・カルテルなどの大型組織がなくなっても、細分化した各組織が活発に活動しているのですが、その背景には深刻かつ解決困難な貧困問題が存在します。

特に、2014年末から続く石油価格下落により、近年のコロンビア経済は危機的な状態にあります。そのため、野菜などがまともに売れない多くの貧しい農家が、一度は離れたコカ栽培に復帰。

さらに、国家財政が破綻した隣国ベネズエラからの多くの移民が、国境沿いのコカ畑でコロンビアの麻薬カルテルのために働いているのです。

大した収入にもならず、また違法なコカイン生産の一端を担っていることを認識しながらも、背に腹は代えられない貧しい人たちが、半ば強制労働によってコカの葉を栽培。

密売人もカルテルに脅されつつ販路を広げ、世界中の”末端の消費者”に届く――こうした現実を俯瞰(ふかん)してみると、コカインの生産・流通・消費のルートが極めて非人道的な”不幸の連鎖”によって成り立っていることが理解できると思います。

先進国では”セレブドラッグ”といわれるコカインに手を出すことは、その搾取構造に加担することでもあるのです。

●モーリー・ロバートソン(Morley Robertson)国際ジャーナリスト。1963年生まれ、米ニューヨーク出身。『スッキリ』(日テレ系)、『報道ランナー』(関テレ)、『教えて!NEWSライブ正義のミカタ』(朝日放送)、『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー!)などレギュラー出演多数。2年半に及ぶ本連載を大幅加筆・再構成した書籍『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』(集英社)が好評発売中!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190408-01085920-playboyz-soci

みんなの意見


名無しさん
ピエール氏は、おそらく薬で楽しくなっただけで人に危害を加えてないとは思うが、薬を買うときに使ったお金が誰にどう使われるか想像して欲しい。
薬物を買う=犯罪組織を援助する

名無しさん
コロンビアやベネズエラのコカ栽培の話は、フェアな商売で生計を立てられると言うものでは無く、マフィアによる奴隷制みたいなものなんですね。働いても働いても、ただ搾取されているだけと。
すると瀧がコカインを買ったお金は、コカ農家ではなくマフィアに流れていて、そうした非合法な取り引きが、最終的には国家すら転覆させかねないところまで来ている、ということか。
「麻薬の合法化」の話はこうしたところから出発しているのかな?
でもそもそも麻薬は薬効が強すぎて、人体にはデメリットの方が多いもの。
中毒性が高いというよりは、だんだん麻薬に寄らないと身体が動かせなくなって衰弱していくループに嵌まるのが危険なんだから、日本では治療&医療以外は封をしていますよね。

名無しさん
モーリーさん
テレビで使用発言はびっくりしましたが、
薬物に関して伝えたい事があると言う思いで?かと?
色々な意見をこれからも発言して欲しいと思います。

名無しさん
モーリー・ロバートソン氏の解説、たいへん勉強になりました。
ピエール事件以降、ドラッグの摂取は「被害者のいない犯罪」と言われる事も少なくありませんが、人体に与える影響以外の事はメディアでも全くと言って良いほど扱われません。
使用者を断罪する事より、違法薬物を取り巻く環境や背景について知る事の方が、何倍も大事だと思います。

名無しさん
モーリーさんのTVでの発言「コカインを摂取した事がある。」止められてしまったけど、本当はその先が一番言いたかった。伝えたかった事なんだろうね。メキシコやコロンビア等南米のニュースを見ると麻薬がどれだけ恐ろしい事かよくわかる。マフィアのやる事は想像を絶する。

名無しさん
コロンビアの農民が生活の為、生きる為に仕方なくコカの葉をつくるとあり、怖くなりました。マフィアが牛耳っていて。
クスリ全般なかなかなくなるはずもなく。なかなかやめられないもの。
日本でも闇組織が暗躍してるのもあり、蔓延しているようだから、取り締まりは強化しないといけないと思います。
第二次世界対戦の時、日本でも兵士に覚せい剤を配ってたのは有名な話しですが、またゾッとしました。

名無しさん
同窓生に1人くらいは大麻・薬物に手を出したやつがいても不思議じゃないなと、漠然と思っていたのですが
先日ずっと付き合いが続いてるグループの飲み会で、都内で遊ぶのが好きでクラブに行く1人が締めのラーメン屋でピエール氏の話になった際、大麻を吸ったことがあると言う。
仕事の先輩の家に行ったときに吸わせてもらい、感覚は酒と変わらない。むしろ体組織を破壊する酒よりオーガニックで害がない。依存性も酒タバコパチンコと変わらない。そもそも大麻が禁止されたのは戦後酒を売るためだとかぬかすわけですよ。葉巻を嗜んでいることもあるし、現在も続けていないか心配である。現実として違法なんでね。

大麻禁止の経緯や依存度は確かだとしても、依存性のあるものを世の中に増やしていい理由にはならない。
当記事にもあるように薬物と盛り場の親和性は高い。


和藤内
あまり報道されませんが、アメリカで大問題になっているのは、オピオイドと呼ばれる麻薬によく似た作用のある医薬品です。
医師が簡単に処方してくれるので、オピオイド中毒になる人が急増しています。
アメリカの医療保険制度では医師が処方する薬の代金は非常に高額になるため、オピオイド中毒になった人間が違法で安価なコカインに鞍替えすることにより、違法薬物依存者の増加に拍車をかけているのです。
白人男性の主要な死因の一つが自殺ですが、薬物中毒になって自ら命を断つケースが増えているそうです。
アメリカの薬物中毒増加の背景には、アメリカの医療保険制度の欠陥があると日本人は知っておいた方がいいです。

名無しさん
薬物に限らず、“悪い事”って若い頃にグループの先輩等に薦められて、おもしろ半分に始めてハマってしまう、というのがあるけど、そういう、闇がある、とか、1度足を突っ込むと、いざ辞めようと思っても辞めさせて貰えなかったり、中毒になってたりという事がある、というのを、他人から薦められる可能性が広がる年齢までに、学校や家庭で教育しておかないと、こういう風に手遅れになって周りが気がついても遅いんだよねー、、、だから、不登校だったり、両親とあまり会話のない家庭の子が方が、そういう犯罪組織と関わっていきやすくなる。

手配中
その背景には深刻かつ解決困難な貧困問題が存在かもしれないが
南米にはろくな政治家がいないのはなぜなのか考えた方がよい。

名無しさん
>コカインに手を出すことは、その搾取構造に加担すること
これは結構大事なこと
奴隷労働のよる搾取についてはコーヒー豆やカカオなども行われていて、コーヒーやチョコレートなどでも同じ構造になっている場合がある
これを防ぐフェアトレードの概念を尊重すべき

tet
今回のピエール氏の件で、コカインは安全な物だと勘違いしている方も多くいらっしゃるので、ちゃんとした知識をつけていくべきではないかと思います。

名無しさん
薬物を使うことによる弊害が2つ有ると思っていた。1.不健康であること、2.クズに金が回ること。
今回の件で「1」に疑問がわいてきた。
30年間使い続けても特に表に害が現れない人が居る。
どんなに体に良いモノでも取りすぎると体に悪い、水や酸素ですら。
薬物は適量を取れば問題ないのではないのか?逆に酒はなぜ禁止にならないのだ?
そして薬物を適正な業者が提供すれば悪党に金が回らなくなるのでは?
と思ってしまうよ。
まぁ、興味ないけどね、薬物。

名無しさん
薬物を使用した人に厳罰した方がいいと思います。初犯でも執行猶予で釈放するのではなく、国が薬物で捕まった人の入る刑務所(治療所)に何年も入って完全に薬物から立ち治るまで入所してから出所して欲しいと思います。執行猶予で釈放してまだ薬物使用して他の人に危害してからだと手遅れなので

名無しさん
日本のテレビの大半ってホントこういう話を報道しないよね。
映画やテレビドラマの影響や賠償金額じゃなくて、危険性とか影響を報道するべきだと思う。
ワイドショー的な発想しかないテレビの制作もバッシング的なものを求めてる視聴者も両方問題だと思う。

名無しさん
一般的に麻薬常習者に対して、司法を含め、対応が甘すぎるように思います。瀧被告や清原は他人に危害を加えてないからと、同情的な意見が多いが、彼らの自分の嗜好のためにした違法行為によリ、医療麻薬が必要な人の障害となていることを、みんなは気付くべきと思います。直接ではなくとも間接的には他人に多大な迷惑をかけていることを。

蛍石
臓器売買もだけど、貧困と違法行為が結びついちゃってるんだよな。貧しくてほかに手段がないから、犯罪組織に従って生計を立てるしかなくなる。だから単に犯罪組織を潰すだけじゃなく、彼らに勉強を含めた他の生活をする手段を与えることも同時にしないといけないんだけど、それには時間と手間と金がとんでもなくかかるし、効果もどこまであるか不透明。そこまで根気と情熱のある政治家の主導じゃないとやってくれないし。
金が欲しくて個人情報を売るクズ社員が先進国にはいるけど、貧しい国ではそれが臓器や犯罪組織のもとでの違法な農業になる……。

名無しさん
まず、薬物使用についての厳罰化ではなく、刑罰代替処分として医療施設での治療措置鳴りを取って「脱薬」「社会復帰」をメインにする仕組みを整えて、「辞めたいけどやめられない、止める方法は逮捕されるだけ」みたいな状況を変えること。
その上で、売人については末端であっても厳罰化することで、供給ルートを潰していくこと。
この2路線が重要だとおもうけどね。

名無しさん
この人、使用した過去があることを話しかけて、MCに制止されてましたね。アメリカ人の多くは、自宅に置いていて、使ったことがあるとか、時々使う人も居るんでしょ。前にも書いたけど、NHKのテレビドラマ、カイルXYで家のあるじの女性がそんなことを話していた。

名無しさん
なぜダメで、なぜ危ないのか、使用したことある経験がある人が発信した方がいい。
実体験に蓋をしないでみんなに周知させるべきだ。

名無しさん
>コロンビアではメデジン・カルテルやカリ・カルテルなどの大型組織がなくなっても、細分化した各組織が活発に活動しているのですが、その背景には深刻かつ解決困難な貧困問題が存在します。
マフィアが地元経済の救世主になってる側面がある。
麻薬を取り巻く周辺も描いた『ナルコス』はすごい作品だった。

ワフー
コカインを甘くみるなというのは、中毒性に加えて健康を破壊するからです。覚醒剤もヘロインも同じです。大麻は事情が違います。

dtjmwpgku
ボリビア旅行では、市場で普通にコカの葉が一抱えも有る大袋に盛られ売られ、ホテルでもコカ茶ティーパックは普通に置いてあった。
とにかく空気が薄く歩くのもおぼつかない中で確かに必需品かなと。
ただ、こんな普通に原料が溢れかえり、加工すれば大金に化けるのであれば、撲滅する事は至難の業だと思う。日本ではマテ茶は合法的でも、
コカ茶は違法だとか。

名無しさん
どうしても薬物がやりたい人は南米で暮らせばよいと思う。
薬物は被害者がいない犯罪だから、
罰よりも治療させるべきという考えにはなっとくできない。
被害者がいないけど、
アメリカでは死者が1万人を超えてる。
戦争で亡くなる人より遥かに多い薬物やによる被害者がいるじゃないか

名無しさん
コカインを売る側の厳罰化がなぜすすまないのか。マスコミも報道しないのが不思議。なんかやましいことでもあるかのよう。

名無しさん
あの年代なら米国じゃ一般人でもフツーにやってた存在
別に肯定はしないが自分の過去を話して色眼鏡で見るのは悲しい
ひた隠しにするしかないのか日本は?

名無しさん
日本人って、日本人の元ヤク中経験談ってなぜかあまり心に響かない。
AIDSの時もそうだった。
海外の人の話は、それよりずっと心に響く気がする。
日本の啓蒙って言ったらヤク中になったら大変ですよ!AIDSにならないようにセーフティー!とかそんなのばっかり。
海外はなったら駄目中心ではなく、なった後の悲劇の連鎖などを丁寧に最後まで伝えてきます。
それを学生に定期的に見せる方が、よっぽど啓蒙できると思う。
海外のヤク中やAIDSドキュメンタリー見ても平気でやる外国人って、メンタル異常。

名無しさん
間接的責任の重さをまだ感じていない感じがします。賠償やゴシップのようにかんがえてはいけないかもしれないと自分から宣言してから、わざわざ発言してくれたモーリーさんのためにもです。

名無しさん
日本も薬物汚染が広まっている。
喫煙率を見ても、日本は薬物を広めやすい市場といえる。
一度手を出したら人生は取り戻せないと思ったほうがよい。

名無しさん
日本だと薬物と一くくりにしてしまうから分かりにくいけど本当にアメリカではメジャーな薬。度々吸わないかと誘われたことがある。罪の意識というより個人の問題だからいいだろって考えが支えになってる感じですね

名無しさん
そもそも売人側が日本をコカインの市場として見てないから。日本に流通しているコカインの量を考えたほうがよいし、南米グループがコカインを持ち込んで売り捌こうとしたけど、全然売れなかったんだって。
杞憂も良いところ。こういうのマジでダサい。

名無しさん
今の日本は何事にも甘過ぎる気がする。犯罪は徹底して憎む意識がないと抑止や防止ができない。被害者の救済より加害者の救済を訴えるコメンテーターなどテレビに出すべきでない。

jl
安い賃金で、労働を強いられているということでは、チョコレートのカカオ豆と同じ。
コロンビアが農業の技術等、豊かにならない限り、薬物の栽培の仕事につくしかないということか。その人達は、他で収入を得られないのだから、違法薬物の栽培が生活を支えているという、なんとも言い難い状況が成り立ってしまっているのか。
不当な搾取という面で、フェアトレード大麻とか、でてきたりするのかな。
根の深い問題。

ハイヤング京都
合法かそうでないかの違いはあるけど、コーヒーもチョコレートも現地の人を搾取して、我々は100均とかドトールでお安く美味しく楽しんでるわけだな。でもチョコやコーヒーの値段が倍になれば現地の労働者は儲かるの?と言えば、多分そうでないんだろう。抜く奴がごっそり抜いていくだけで。

名無しさん
コカインは何故に、どのようにして体に悪影響を及ぼして死に至ると言う説明がなさ過ぎて伝わってこない。現実、ピエール瀧氏は20代から乱用していたと言うなら20〜30年見た目ピンピンしてる訳でしょ!?「じゃ、案外、ヤッても大丈夫じゃね!?」と言う人出て来てると思う。もっと詳しい説明を。

AI
コカインの歴史というか概略はわかるけど…。タイトルどおり、日本人が知らない不幸の連鎖の特殊性をもっと深堀りして欲しい。

e12
ワイドショーや情報バラエティなどを中心に薬物合法化や薬物中毒者が被害者であり擁護されるべきとの論調が幅をきかせているが、このモーリーさんの詳しい解説を前にしても素のようなことが言えるのか聞きたい。

名無しさん
モーリーさんのいう薬物の規制緩和で合法的に蔓延させてグローバルな闇の薬物流通をブロックというのは詐欺師が描いた青写真に見える。
ニューエイジやヒッピーなどの世界観が薬物文化の発端であることを考えるとその派生で薬物と親和性の高いクラブカルチャーに造詣が深いモーリさんがそのように主張し、そのような世界観をスタンダードとして日本にも広げようとするところも理解できる。(イエズス会の布教のような・・・・)
でも人間の精神を衰弱させるという意味でかなり危うい社会実験ではないだろうか。

名無しさん
鼻の通りをよくするための薬として使われてた事もあった
でも中毒性の問題で使われなくなったけどね
コカの葉からはコカ茶と呼ばれる美味しいお茶を作ることが出来る
でもこれだけ悪用が横行するとそんな利点は吹っ飛んでしまうね

名無しさん
薬物を使用し幻覚が見えて他人に危害を与える。依存性が高く、購入したお金が悪の手に渡る。良いことがないね。海外ではセレブのドラッグとか、昔は一般に使われていたとかどこかで肯定する情報。人間の弱い部分を補い、使用する事での優越感。
罰則を強化しないとなくならねえな。販売する側を取り締まることができないなら、使用した人間を、公正施設とかに入れて精神的に直すのではなくて、身体的に改造したら良いと思うけど。


PDF