(CNN) ファストフード大手バーガーキングのニュージーランド事業部がソーシャルメディアに流した広告に非難が集中し、同社は取り下げを余儀なくされた。

バーガーキングはニュージーランドで最近、ベトナム風スイートチリ味のチキンバーガーを発売。その動画広告をインスタグラムやツイッター、フェイスブックに流した。

動画の中では、複数の男女が巨大な箸でバーガーを食べようと四苦八苦している。

これに対してアジア文化への侮辱だとする声が上がり、「炎上」状態となった。9日の時点で、問題の広告はソーシャルメディアのどこにも流れていない。新商品のバーガーは引き続きメニューに掲載されている。
ヘラルド紙によると、バーガーキングのマーケティング責任者は「無神経」と受け取られる広告だったとして謝罪し、取り下げたことを認めた。

同国に住む韓国出身の女性は「今どき、ここまであからさまに無知な広告が流れるとは信じられない」「こんなに有名な大企業でこんなコンセプトが通るなんて」と不快感をあらわにした。また、伝タリアの高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」が、箸でピザを食べるアジア人女性の動画広告で物議をかもし、上海での大規模なショーを直前に中止する事態となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-35135499-cnn-int


PDF