航空自衛隊が運用する最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落を受け、防衛省は事故調査委員会を設置して原因の究明を本格化させる。

 F35は今後の主力を担う戦闘機。機体の構造に欠陥が見つかるなどすれば調達計画に狂いが生じ、日本の防空体制に影響が及びかねないため、危機感は強い。

 F35Aの墜落は今回が世界で初めて。岩屋毅防衛相は10日、防衛省で記者団に「事故原因をしっかり究明することが何より先決だ」と深刻な表情で語った。

 F35は米国を中心に9カ国が共同開発した。日本政府は旧型のF15から置き換える方針で、昨年12月、滑走路を使って通常の離着陸を行う空軍仕様のA型を105機、短距離離陸・垂直着陸能力を持つ海兵隊仕様のB型を42機そろえる配備計画を決定した。この通りに進めば、空自が保有する全戦闘機にF35が占める割合は4割を超す。

 昨年9月に米南部サウスカロライナ州でF35初の墜落事故がB型で発生した際は、空自も既に配備されていたA型9機の緊急安全点検を行った。今回、主要部品に問題があるとされれば全世界的に運用停止される事態になりかねず、改良のため配備が遅れることも想定される。

 F35は、開発に参加しなかった日本には開示されない軍事機密が多い。このため原因究明が難航する可能性があり、岩屋氏は記者団に「米側との連携は必要だ。今、その調整を行っている」とも述べ、協議を急ぐ考えを示した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000009-jij-pol

みんなの意見


sleepingmaymay
実績の浅いF35の事故で原因究明がどこまで進むのでしょうか。
危機管理上、F35Aが運用できなくなった場合を想定しなければならないのではないでしょうか。
長く実績のある機体なら、それ1機種に頼ってもいいのかもしれませんが、ボーイング737MAXのように運用を停止せざるおえない事態にならないとも限りません。
あまり、1つの機種に依存するのはどうかと思います。
F16の最新機種であるF21や国産ステルス機なども合わせてバランスを取るべきだと思います。

名無しさん
アメリカがF15の制空任務用を新たに新規調達するらしい。見た目は変わらなくても、当時の古いシステムのままではないだろうから、この際航空自衛隊もそれに乗っかって、新しいF15を調達できないものだろうか。F2にしてもまとまった数を一気に調達することで価格も下げられるのだから追加再生産すればよい。 
多国間の共同開発はあまり良いものが出来ない。
F35は日本での運用にはあまり適正がないと思う。
(搭載力、航続力は四方を海に囲まれた日本で運用するには不足)

名無しさん
F35の他に候補があったのか?まあ当初はF22をリクエストしていて合衆国から断られた訳だし検討した上での購入な訳だからしっかり調査して今後に繋がれば良い。小野寺議員の言う通り早期の訓練再開をする事も重要だと思う。それより行方不明のパイロットと機体の捜索を早急に行い中露に先を越される事の無い様、最善を尽くしてくれ!周辺海域では海自・空自の監視を強化し、米軍にも協力要請して中露が接近してきたら威嚇射撃の一つでもぶちかませる位の事をしても良いと思う。

名無しさん
精鋭パイロットが、実機を操る前に作戦や操縦に必要な高度な知識と理論や、CGによる緻密な地上シュミレーションによるトレーニングを十分積み重ね、その上で自身の命を懸けて国防を担わなければならない勇敢な人達にとって、唯一信頼を託すべく機体と、そのコントロールを司るソフトウェアやハードウェアは、体の一部とならなければならないはず。
しかし、これから操らなければならないのは、頭、手足、目、耳、指、そして心臓や血管、神経がすべてソフトウェアを介されて繋がれ、そのアルゴリズムはブラックボックスとなった、体の一部になりきらない異物(魔物)のような気がしてならない。
熟知しても、瞬間のほんの些細な解釈(文化、慣習)の違いからも、パイロットへの身体や生命への大きなリスクとならないことを心より願う。
やはり、信頼度を思えば国産機で賄うことが望まれる。

名無しさん
墜落したとの情報とパイロットの死亡が騒がれているようですが、脱出の際の信号がキャッチされていないとすれば機体の中と思われます。ただ一概に言えませんが「訓練の中止」だけを伝えたと思えないです。その前に何か言っている筈ではないかと。「何々より訓練を中止する」と伝えなければならない筈ですが。戦闘機と一緒に墜落することはないし、脱出するように指導されているにも関わらず、またギリギリまで高度を保ち、墜落場所が発見できるようにするのですが、今回は爆発でもなく痕跡がほとんど見られないのは不思議ですね。自ら行動に移したとは思いたくないです。早く発見されるよう祈るばかりです。

名無しさん
F35の開発から現在迄墜落事故は2件目でパイロットに影響した事故は今回が初。
過去数多の軍用機と比較すると驚異的に少ないとは言われているが、
1件の重大インシデントの影響は数も国も広く大きく響く。
原因究明も長期間要する可能性が高い。

名無しさん
日本の国が独自で、どれだけ予算が掛かろうとも国産戦闘機を作るべきだよ。アメリカが入ると技術を盗まれるし、値段が高くなるから駄目。気骨のある政治家じゃないと、アメリカの陰謀で、ロッキード事件の二の舞いになってしまうかも知れないから、手を出さないでしょうけどね。ついでに無人機の実験もしないと駄目。人が乗ってると、人の限界を超えれ無いから、性能が落ちる。

名無しさん
F35は軍事機密だらけで日本は契約上ほとんど中身をいじれない
らしい。パイロットのミスなのか機体の異常なのか日本独自で
墜落の原因を調べることが出来ない。政府も自衛隊も歯がゆい
と思う。この先F35に依存し過ぎることなく他機種や国産も
含めて交渉していくべき。

ヤフコメの暇人
公海上におちたということで、中露の船を制限することも出来ない。下手したら機密の塊とやらをとられる可能性もある。
そうなったらアメリカにも頭を下げなきゃいけない。
しかも主力機の事故で日本で三菱重工が作ってる。原因究明をちゃんとしてほしい。
ましてや俺達の税金で買われた数百億の機体だからね。

凸凹
軍事機密もあるでしょうからすべてを公開する必要はないと思うが、今後の国防に影響が出ないことを祈ります。
パイロットの方の安否は不明ですが必死の捜索をされていると思います。

名無しさん
新規開発の戦闘機が事故を起こすのは、ある程度はやむを得ないこと。
古い話になるが零戦だって初期段階で何機も空中分解を起こし、その結果として欠陥が見つかって1万機も生産・運用されるまでになった。
殉職したパイロットの遺族に十分な補償を行うこと、遺体は機体と共に海底に沈んでいる可能性が高いので機体を早期に発見・引き上げること(中国とロシアが狙っています)、何よりも原因の解明をしっかりやって頂きたい。
それが、殉職したパイロットへの何よりの供養となります。合掌。

名無しさん
ステルス戦闘機の秘匿性からCAP任務にはしばらく使わないとかいいけどさ、こんないつ落ちるかわからん戦闘機をそもそもCAP任務に使えないっつーの。操縦していたパイロットもきっと指折りの優秀なドライバーだったはずだし、100機も調達なんか断固反対すべきでは。やはり当初の予定どおり、F4の代替機程度の導入にすべきでは。思うんだけど、要撃機とCAP任務機って全て最新である必要あるんか?例えばだけど、CAP任務用に新たにF15Jを60機程度新規調達して、将来はミサイルキャリアとして使うとして、F3をやはり要撃機の要として完成させるべきでは。どのみちF35AをCAPに使わない、使えないのなら100機もいらんだろ。アメリカみたいにさ、墜落してもそこそこのパイロットならいくらでもいる国ならともかく、少数精鋭の日本でポンポン優秀なパイロット喰われたら、たまったもんじゃない。

zaras
お悔やみと、何より一般人を巻き込まない事態で
終わってることを感謝すべきだ。
心情として機体の回収はともかくパイロットの捜索は
なんとしてもお願いしたい。
戦事面では、次期主力を中露に…奪われたくはないが
そんなことを考えないといけないということが
ほんと、近隣でありながら、腐った国だとも思う。

名無しさん
そもそも運用開始から1月経ってないのに調査しないと分からないと言う以前の問題でしょう。
調達に影響がと言いますが、調達は初期導入予定の40機は入って来るでしょうしね。そうしないとF4の穴が埋められませんしね。
まずは、墜落原因が機体とパイロットのどちらにあるのか、そして修正可能なのかが分からないとどうにもならないでしょうね。

シオアジ
きちんと原因究明して、説明して欲しい。隊員の無事を祈りたい。

名無しさん
正直全部詰め込みのF35は成功した機体とならない可能性が高いと思う。中途半端なだけでなく無理があるというか。
悪い想像を覆して名機になってくれれば最高だけどね。

名無しさん
戦闘機の4割をF35に置き換えるとか…無謀に思える。
F35はF4ファントムより遅いと知った。あの機体の形から、旋回性能もよくないだろうという事で、ドッグファイトは無理なのは、素人でもわかる。結果、遠距離から、空対空ミサイルの運搬役としてしか機能しないだろう。その上、ステルス機なのだから、自分からレーダー波を出して索敵することは、自分の存在をライトで教えるようなもので、「ステルス」という特性を殺し期待できない。
すでに対ステルス技術も開発が進んでいる、赤外線追尾は古い技術だが、エンジンからではなく機体そのものからの赤外線を検知する技術も短距離限定ですでに実用化されているようだ。
今回の事故は、投資回収のために、高い買い物を押し付けられたのではないかという疑いをもたらした。

史上最強の無党派
軍事機密上の理由から、同じF35でもアメリカ仕様に比べ、海外向け仕様はワンランク低い。
しかも、今回の事故原因が、どこまで明らかにされるか極めて不安である。
納得できる原因究明がなされないうちは、同機の使用を開始すべきでない。
場合によれば、これ以上の導入は断念するべきだ。
パイロットを、消耗品扱いにしてはならない。

名無しさん
本当にF35は開発の段階では全く不備なく緊急着陸などなく安全性が高い機種だと思った。しっかりと原因を追求して安全を確保して欲しいです。
またロシアや中国に技術がバレないように機材収集を行ってもらいたいです。

名無しさん
・墜落する事態
・座席射出がされなかった
という2点から考えると
パイロットの方がなんらかの理由で意識を失った可能性が高いかもしれない。
詳しくないけど恐らく操縦系と座席射出は別系統のメカニズムだろうから
両方が一度に壊れるというのは考えにくいかも。
世界規模の軍事機密なだけに日本だけの問題ではなく
中露の牽制も含めてこの件は全力で当たらなければなりませんね。

エヴァン・ゲリ夫ん(胃腸は今日も絶好調)
「調達計画に狂い」って、単に記者の憶測では??
どこの誰が発言したとは書いてないし、致命的欠陥が
あれば、開発テスト中や既に運用を開始したアメリカで
露呈してると思うのです。。
過去を振り返れば、主力戦闘機の導入当初には
多くの事故が起こっています。
F-86FやF-104の時代は毎月のように
墜落していたし、F-4EJに至っては導入初期に
「空中爆発」して機体と乗員の命が失われました。
F-15も最初の10年で5機が失われ、殉職者も
多く出ています。
機械ものに初期トラブルはつきものとはいえ、それでも
頑張って「モノにしてきた」歴史がありますので、とても
裾野が広い航空機産業への影響や、苦労してF-4を
飛ばし続けてる状況を考えれば、F-35の製造を止める
必要はない、と考えます。

小原田一徳
効率と効果の問題と思いました。取得効率や整備効率からすれば1機種にしぼって配備した方が良い。でも、防衛力としての効果からはリスクヘッジのため、多様性を持たせて取得した方が良い。貧乏根性で予算を使うとかえって銭失いになるという教訓かもしれません。

pe
米国から完成品を購入した機体に事故がなく、米国からパーツを購入し
組み立てを三菱重工が行った機体が今回の墜落機という点が問題点になるのは間違いないと思う!!!

加藤優
完成機の導入かと思いきや初号機は国内組立で米国で性能確認受けた機体だそうですね、だとしたら尚更墜落原因はっきりとさせないといけないと思う。

名無しさん
本当に防衛を考えるなら、そこじゃない。
対迎撃用のミサイルの飛行距離の問題。
現在の日本の使用している迎撃ミサイルは飛行距離150km程度。
それに対し、
中国をはじめとする各国の迎撃ミサイルの飛距離は1500km。
どう考えたって空中戦になれば日本の戦闘機はすぐに撃墜される。
現在の防衛の基本は数ではない。
どちらかと言うと、迎撃ミサイルの飛距離のあるものを
ちゃんと装備したほうが、まだ防衛になる。
早めの国会審議・そして実現に向けるべきだ。

名無しさん
訓練中の事故にしたって前兆もベイルアウトもなしにいきなり海上で落ちた状況が異常。今後の事も含めて詳細な原因究明は必須。

名無しさん
>あまり、1つの機種に依存するのはどうかと思います。
F16の最新機種であるF21や国産ステルス機なども合わせてバランスを取るべきだと思います。
とは言っても、総理はトランプに約束したからね、F35Aを141機も、1兆円以上もするんだから、ご自分の安泰の為に!

名無しさん
原因が単なる整備不良程度であることを願うばかりだ。根本的な欠陥であるとしたら、一大事!導入計画の見直しは避けられないだろう。いずも型搭載予定のF-35Bの導入にも、影響が出兼ねない。
他方、調達計画は急がず、別途、F-3開発を急ぐべきだろう。F-3がもっと早期に開発が完了すれば、F-35の導入機数の見直しもあり得るだろうか(まあ、F-3開発には一層時間が掛かりそうだから、こちらも中途半端な不良欠陥が見つかってはならないから、F-35の穴埋めには間に合わない公算が高いだろうが・・・)?
中国は、アンチステルス・レーダー(テラヘルツ波レーダー)を開発したと息巻いているようだが、現技術力からして、戦闘機搭載型までの小型化はどだい無理であるばかりか、巨大なレーダーにしないとその性能が発揮されない(空中の水蒸気などで効力が減勢してしまうため)というから、まだ、ステルス機の発揮余地は大きい!

名無しさん
同じ機体ばかり購入するリスクが露呈したな。これが、F15と代替わりが完了していたら、もっと大変なことになっていた。今からでもよいので、他の機体も購入しなければならないと思う。

名無しさん
貿易摩擦を戦闘機購入で安易にすり替えてはいけない。国防は国防として良い機を選んで欲しい。

名無しさん
残念な事故です。日本で組み立てた初号機なのでなおさらですが今後、中国、ロシアにしてもレーダーを改良してくるとステルス自体が効力を失うなかで100億円~150億円の機体が100機以上必要なのか?アメリカ空軍が新型F15Xを調達すると発表しましたが大型の巡航ミサイルはF35は積めないから再検討すべきです。

名無しさん
アメリカ製の戦闘機は、信頼性がイマイチで、価格が高すぎです。
日本で作ったら、半分以下のコストで、小型高性能の機体が作れると思います。
アメリカさんにゴマをするために買わざるを得ないのでしょうけれども、国防は自身の手でしましょうよ。

名無しさん
そう遠くない将来、量子レーダーによって現在のステルス技術は全て無効になると言われている。
中露がステルス機よりミサイル技術の高度化に重点を置いているのは、単にステルス技術の遅れだけではない。
アメリカの財布役にばかりなっていないで、国内でも戦略的に軍事技術へ投資すべきだ。

名無しさん
戦闘機1機が150〜200億するしね。イージス艦が1200億くらいなんで5〜6機=軍艦1隻と昔じゃ考えられないコスト高だ。当時の零戦が1機15万円ほどで現代の価格でいう6000万円ほどなため300倍以上の価格になってる。数も少なく高価だし、2〜30年は使う事になるだろう。天の助けか今から導入ってので変更ができる。国防プランが狂うかもだが徹底解明、分析して再度検討してほしいよ。

ほねろっく
機体ではなく、パイロットの体調に変化が有った可能性もあるよね。
いずれにしても早く機体の回収が出来ることを願いたいね。

名無しさん
F35は良く知られるように、空軍、海軍、海兵隊のどこでも使える「万能戦闘機」を目指した結果は、A型(空軍用)、B型(短距離離陸/垂直着陸型、海兵隊用)、C型(空母艦搭載型、海軍用)に枝分かれした挙げ句、思いっ切り中途半端になってしまった機種。
自衛隊が導入を検討していた段階から、根強い反対論もあった位なので、一度決めたからと言って計画をそのまま進める事に固執しない方がいいのでは?

二次元大介
他のコメントで「初期の欠陥はやむをえない」という意見が多いようですが、もし欠陥があるなら国民の血税で戦闘機を購入することをストップするのも大切だと思います。日本列島は米軍兵器の実験場では無いのだから。

名無しさん
今回のF35の墜落の事故検証は徹底的にお願いします.貴重なパイロットの命が失われる様では国防どごろではありません.飛行機ではありませんが、BMWの7シリーズに12気筒を搭載した車両が発売される時、最初の100台は一般ユーザーには渡さず、社用車として運用したと言う話があります.あのBMWでさえ、初めて造る12気筒には注意深く気を使ったそうです.

名無しさん
日本の国境は海上、専守防衛空域も海上。
やっぱ、
主力戦闘機は双発であることがマストだね。
T4後継も双発がマストでしょ。
T4後継の国産開発からスタートしたらどうでしょ?
軽攻撃機や無人機としての利用も可能にして。
そもそも、F35で平時のスクランブル任務は適切では無い。
平時の哨戒やスクランブル任務にも、T4後継機の方が適当でしょ。

名無しさん
一機だけで飛行してたの?
訓練なら二機以上で飛べば良いのに。
最新機だから、そうすべきです。



PDF