内閣府の推計によると、2025年には65歳以上の高齢者の約5人に1人がなるとみられている「認知症」。

誰にとっても他人事ではないわけだが、明治安田総合研究所が40~64歳の男女を対象に意識調査を実施し、「認知症になったとき、家族や親族で介護してくれるのは誰か」と尋ねたところ、未婚者の約5割が「誰もいない」と回答したことが分かった。

この調査は、明治安田総合研究所が2018年6月、「人生100年時代の生活」をテーマにインターネットで12,000人を対象に実施したもの。

認知症になった場合、家族や親族で誰が介護をしてくれると思うかを尋ねたところ、未婚者では男性56.9%、女性54.3%が「誰もいない」と回答。
配偶者と離婚や死別をした離別者は「誰もいない」が男性47.3%、女性32.5%だった。

認知症になったとき、「介護してくれる家族は誰もいない」というのは切実な悩みだが、未婚者の5割超がこのように回答した背景は何なのか?そして、今後どのようなサポートが必要になるのか?

明治安田総合研究所の担当者に話を聞いた。

背景にあるのは「生涯未婚率の上昇」と「単身高齢者の増加」
――認知症になったとき、「介護してくれる家族は誰もいない」と回答した未婚者が男女ともに5割を超えた。この背景として考えられることは?

認知症の高齢者数は、団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年には約700万人と、65歳以上の高齢者の5人に1人となると予測され、さらに軽度の認知障害まで含めると、高齢者の3人に1人となると予測する研究者もいます。

一方、50歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合である「生涯未婚率」の予測をみると、男性23.4%・女性14.1%(2015年)から、2040年には50歳になる男性の約3人のうちの1人、女性の約5人のうち1人が生涯未婚であると予測されています。

これまでの単身高齢者の多くは配偶者に先立たれた妻や夫でしたが、今後は未婚の単身高齢者の増加が見込まれます。

未婚者には子どもがおらず、配偶者と死別した単身高齢者よりも社会的に孤立しやすい状況にあります。
近年は大都市だけではなく、地方においても近所づきあいが希薄化しており、このような面からも単身高齢者の社会的孤立の問題は深刻化しつつあります。

こうした状況が背景にあると考えられます。

――現時点においても、単身高齢者は増えている?

実際、単身高齢者は1990年には162万人でしたが、2015年には593万人に増加。
国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2040年には896万人にまで増加する見通しです。

また、2015年の高齢者の独居率は男性が13.3%、女性が21.1%ですが、2040年には男性が20.8%、女性が24.5%に上昇する見通しです。

「見守りネットワークを再構築することが必要」
――こうした切実な状況に対し、今後、どのような対策が必要?

大都市だけではなく、近年は地方でも近所づきあいが希薄化しており、単身高齢者の社会的孤立や認知症をはじめとした介護の問題は全国的な課題と認識すべきです。

対策としては、民間企業の協力を得ながら、見守りネットワークを再構築することが必要。

さらには、単身高齢者の社会的孤立を回避し、できるだけ元気に生活し、介護を予防するためにも、地域社会に居場所を作ることが重要であり、「通いの場」(サロン)にもその役割が期待されます。

とはいえ、未婚の認知症高齢者数が増加するのは確実なので、今後、社会的には受け皿施設の整備を、危機感をもって進めるべきであり、未婚者としても現役のうちに介護施設入居も見据えた介護費用の計画的な資金準備が避けられないでしょう。

以前編集部でも、“認知症の新たな治療薬”を世界の製薬会社が開発を進めているが、“治験の中止”が相次いでいる背景をお伝えしたが、特効薬の“開発の壁”が高い中、人生100年時代に向けて社会全体でどのような受け皿を構築できるかは早急に考えなければならない課題だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00010005-fnnprimev-soci&p=1

みんなの意見


名無しさん
結婚は老後介護してもらう為にするのではないし、子どもは介護要員ではない。だから既婚であっても同じような問題は起こりうる。
ひょっとしたら介護やサポートしてくれるかも…という一縷の望みがあるだけ。あるいは、こんな時はこうしてほしいという叶うかどうかわからない希望を話せるだけw
ただ未婚者はそれらがないのだから、自分で考えられるうちに出来るだけのことをしておくべきだろうなーとは思う。

名無しさん
その時代になればその時代で何とかするでしょう。
昔は70歳前でバタバタ死んでいった。
めっちゃ長生きするから今の時代になって問題になってる。
そのうち介護拒否で安楽死したいと言うのが認められる時代になるかもしれない。
昔では考えられない事が今の時代の常識になってることも多いからね。

名無しさん
特に危険なのは、もしその人が一人暮らしであった場合、誰もが「自分は普通」と思って生きているので、自分が認知症になっている事に気付かないまま重症化してしまう事だと思います。更にその人が自動車の運転をしていたとしたらもっと危険です。
高齢者からすれば煩わしいかもしれませんが、一人暮らしや運転免許保有者など一定の条件化にある人は行政などによる定期的な面接調査が必要なのかもしれません。

名無しさん
これから先、認知症だけでなく、介護の手が必要でも親族が居なくて、施設を利用しようにも資金がない人が増加する一方。
少なくとも自分は、今のところは、赤の他人の手を借りてまで介護生活は送りたくないと考えている。だから、その時のために、尊厳死を認める法案を通してほしいな。多分、死が目の前にちらつき始める頃には、もっと生きていたいと思い直してるかもしれないが。

xx
子供がいようがいまいが自分の介護(しかも認知症)となった時の備えは自分でした方が良いのでは。そういう負担を強いられた子供世代は次世代を作ろうという気持ちになれないだろう。

謎ズラ謎ズラ
施設に入る為のお金をたんまり貯めておいて、施設にも予約をしておいて友人知人に認知症の兆しが見れたら、施設に入れる様にお願いしておくしかないのでは?
成人後継人を指定しておくとか…

孤狼
既婚だったら、必ず子が全身全霊で介護をすることが前提のお話?
今は皆、自分の生活に手一杯。
施設に入れる負担や24時間介護なんて無理でしょう。
家族が介護する前提での話だからおかしい。経験した人しか解らないだろうけど、認知症が出て来たらもう無理。ウチもまだ初期だから何とかなるけど、進んだらと考えると恐怖。
される側が、施設に入れるだけのお金を貯め、亡き後は給付予定だった年金を使って直葬等をやってもらいたいわ。

名無しさん
医療介護の仕事をしてきましたが、
家族や子供がいても、重い認知症になったら
家で暮らすのは難しく、施設に入れられる人が多いです。
面会にもほとんど来てもらえない人もたくさんいます。
家族がいても結局施設や病院で一人で死んでいく人は多く、家族に囲まれて生きてきた人の方が余計孤独を感じているように感じます。

名無しさん
むしろ、いない方がいいのではないか。
介護ってやった人ならわかるが、とてつもなく大変。
体は健康で認知症だと、一瞬も目を離せない。
身内がいなければ、優先的に施設に入れる。
家族だけで何とかするの、もう限界だと思う。

@tadanohi
国は無償&任意で利用できる公営の安楽死施設を設立する為の法整備を早急に行うべきだ。
そして、毎年、75歳以上の後期高齢者に認知症のチェック試験を受けさせ、一定の点数を取れない国民に対して
安楽死する様に勧告する(あくまで勧告のみ。強制はしない)制度を設けるべきではないかと。
認知症は本人では自覚できません。早期に本人がソレだと客観的に自覚できる公的な手段は用意した方が良いと思いますので。

つぶやき太郎
誰かに常に介護してもらわないと生きられない年齢になっても、介護されながら生き続ける。
これが当たり前の前提になっている社会をやめるべきです。
誰も幸せにならない。

名無しさん
働き手も減るなか、認知症は社会の重い重い負担になる。総力をあげて認知症の症状軽減、進行抑制の薬の開発に舵を切るべきだ。
人間は癌以外では、なかなか死ねない。うまく老衰へ行けたら良いけど、その前に立ちはだかるのが、認知症。
癌に対する生存率のアップのスピードが、認知症対策のスピードを上回り過ぎている。
このままだと様々な認知症負担や認知症被害を、現役世代に背負わせる事になってしまう。認知症の薬開発を是非お願いします。

名無しさん
認知症になったら安楽死でお願いしますと書き置きしておきます。なのでその時は皆さんよろしくお願いします。オレはそれで良い。
大昔の様な姥捨山復活も…楢山節考は正しいのかもしれないね…つまり時代はまた巡るって事だ…それが人間の定めなのかもしれない…栄えては衰退してまた栄えては衰退し…ローマ帝国もアスカ帝国もどこの帝国や文明も永遠に栄えてはいないものね…イタリアもギリシャも今ではねぇ…
日本もまた然り…どんなにAIが発展発達しようと解決出来ない問題も必ず有る…それが人間社会というもので奢れる者は久しからずや…諸行無常の響き有りって事なのかなぁ…
我が師はいつも平家物語を読みなさいと訓してくれたなぁ…

名無しさん
それぞれの人生なので結婚するかしないかは自由です。未婚で将来介護の問題があるから結婚するってのも筋が違う話しだし。その場合の備えとして貯蓄する後見人を探しておくとか施設を検討するなどやれることはあります。

èuook
自分には配偶者も子供も居るが、認知症になり介護無しでは生きられなくなったとき、安楽死を希望する。
そのことを元気なうちに意思表明できるシステムが欲しい。
議員は難しい議論が起きることは避けて通るばかりだから、市民の中から大きなうねりが起こらないものか…。

名無しさん
未婚男性・妻に先立たれた一人高齢者はこれからも増え続けます。
人並みの末期の解決には沢山の金を蓄えておかなければなりません。
介護施設で余生を暮らすには大変なお金が必要です。
刹那的な暮らしで過ごされている方は後悔しますが遅いのです。
生活保護を頼りたくとも簡単には受ける事ができないのが現実です。
アナタが若し若ければアリとキリギリスの故事に倣いましょう。アリさんが見本ですよ。
死は簡単には出来ないし、多くは命に拘泥する惨めな自分が居るだけです。

IPPANJIN
介護以前に、認知症になった自覚が本人にあるかどうか、そこが難しい。
その手の保険とかが増えるんでしょうね、定期的に連絡を取るとか、発症と診断されたら介護資金と手続きをやってくれるような。

名無しさん
まあ自分で選んだ人生の人もいるだろうしやたらと独身でいることのメリットを記事に書いているのを目にするが世の中メリットだけなんてありえないから。体が弱ったり自分がそこそこの年齢になった時出てくる感情それが後悔なのかもしれない。

名無しさん
私は生涯独身の可能性が高いので、頼れるのは金だけです。なので同年代の一般的な人よりは資産はありますが、資産がなくなったら捨てて(殺して)もらって結構です。入院の経験がありますが、人に介護されてまで生きたいとは思えません。

名無しさん
>現役のうちに介護施設入居も見据えた介護費用の計画的な資金準備が避けられないでしょう。
これは、正しい。
既婚者であっても、介護を家族に期待する、しかも認知症患者の介護をお願いするなんて無理な話です。
介護に関する講習会に参加したら、看護師が「介護は、お金で解決できます」と断言されました。
私も子供に介護を依頼するつもりはありません。

名無しさん
家族がいたとしても面倒を見させたくない人はたくさんいるのでは。施設に入れるように準備しておくしかない。それか、認知症になったら安楽死を認める。自分は安楽死させて欲しいと思う。

名無しさん
未婚の選択をしたのなら自分の終末設計は自己責任でやらないといけないだろう。
いい保険プランがでてくるから考えましょう。

名無しさん
長生きは良い事だが子供が先に亡くなる可能性も
高くなる。先の事はみんな分からないのであまり
気にしたり安心したりしない事

「ぶさいくな暇人」には無視が1番
結婚しようが子どもがいようが、介護はプロに任せるべき。家族は虐待につながりやすいし、それぞれの人生がある。

名無しさん
これはもう現実的な問題でしょう。 昭和の経済成長とともに核家族化が進んだことの弊害が現実化しているのでしょうね。 8050問題もこれと無関係ではないと思います。

名無しさん
既婚で子供もいますが、認知症になったら死にたいです
実父が認知症ですが、体が元気なうちはどこも預かってはくれないので、家族がみるしかないのが現実です
人前で大声で叫んだり、罵られながら面倒みるのは苦痛です
介護はほとんど実母がしていますが、頭がおかしくなりそうだとこぼしています
自分は「早く死んでくれ」と家族に思われながら生き続けたくないです
安楽死が選べるようになってほしいです

名無しさん
未婚者でも、お金持ってって、甥姪等々の自分より年下の親戚と仲が良ければ何とかなるけど、結婚して子供がいても、お金がないとか、仲が悪ければ、孤独死すると思う。

名無しさん
子供いるいないは、ほぼ関係ないです。親なら子供に迷惑かけたくないと思っています。自分が認知症の親を介護してて思いました。私の理想は施設に入ることです。ただお金の管理や手続きは子供にしてもらたいかな。

名無しさん
認知症になる前に、アイボ的ロボと生活して生活パターンを覚えてもらって、認知症になったら外部に連絡してもらって、在宅で暮らせるとなったらロボが認知機能のサポートをしてくれればいいな。時間を決めてロボが声をかけてくれてトイレに誘導してくれるとか、モノのありかを教えてくれるとか。

名無しさん
自分が認知症になったらどうしたいか。マイナンバーカードに登録を義務付けて欲しい。
なってからは、判断出来ないだろう。
街をさまよい、線路に侵入し、車を運転してなんの落ち度も無い他人を傷つける。例え家族が介護しても地獄でしょう。そんな老後なら、安楽死でいいです。

名無しさん
重度の認知症で家族の重荷になりたくない。認知症がひどくなったら、どこかのタイミングで苦しまないように、静かに永遠の眠りにつかせて欲しいんだけどな。

名無しさん
独身を謳歌していた頃、我々子持ちは子育てや学費のために働いて自分のしたいことは全て後回しでした。ある意味仕方ないのでは?と思います。お金だけが頼りならその分稼ぐしかないでしょうね。孤独死したくないなら老後はお金だけが頼りですから。

名無しさん
死別した高齢者でも大変です。配偶者が亡くなった事を理解出来ない方もいます。昼は居ないが夜帰ってくるとか。独身者なら兄弟か親族が面倒を見るしか無理だと思います。

名無しさん
誰もいないが5割程度なのが驚きです。
現実にそうなったら、親もいなくなっているだろうし、ほとんどいないような気がします。

名無しさん
既婚していようが認知症になったら介護してもらえるとは限らない時代だからな。まあ、財産があれば話は別だろうけど。

野良
たしかに、問題だと思います。老人ホームを大量に建てていかないと、町にあふれてしまうよね。人はすべての人が長生きを目指すのが間違いだよね。

名無しさん
そもそも認知症になったら介護してもらうために結婚するのか?
結婚してても、パートナーに先立たれたり、子供が遠方で暮らして独居になる可能性5割じゃね?その時は社会福祉がなんとかするでしょ?何のために税金払ってんの。

名無しさん
結婚していても、施設に入ってたまにお見舞い位になる場合も多いと思うんだが。

名無しさん
資金が無いなら、
解決策はないと思う。

(^_^)/
自分は安楽死を望みます。



PDF