新元号は「令和」と決まった。エイプリルフール(4月1日)に発表されメーデー(5月1日)に施行されるという、それだけでも冗談みたいなイベントにネットはもちろんマスメディアも大騒ぎの様相を呈したが、元号自体の是非はもとより、これでまた西暦との照合が面倒になるなど、国民生活の隅々に及ぶ不便が懸念される。

 そうした中で3月27日、天皇の即位のたびに元号を制定するのは憲法の精神に反するとして、国に元号制定の差し止めを求める訴訟が東京地裁に起こされた。原告は本誌でもお馴染みの矢崎泰久さん(86歳)と弁護士の山根二郎さん(82歳)、会社役員で元国家公務員の北原賢一さん(70歳)の3人。元号の制定を違憲とするこうした訴訟は初めてのことだという。

 提訴後に行なわれた記者会見で、山根さんはまず「元号の制定は国民が個々に有する『連続した時間』を切断・破壊するものだ」と切り出した。すなわち、国民は西暦を時間の尺度とする「世界史の時間」に自分の個人史の時間を重ね合わせて生きている。元号の制定はこれを「天皇在位の時間」に閉じ込めてしまうものであり、それは日本国憲法第13条が保障する個人の尊厳を侵害するとの主張である。世界中で日本にしか残ってないとされる元号制によって自己存在の根源をなす時間の意識を損なうことはアイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害である、と。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00010000-kinyobi-soci

みんなの意見


呑んだくれ
この人達だけ新元号の使用差し止めで宜しいかと思う。

名無しさん
殆どの人が日常では西暦をメインに使用していて、なくても実生活には困らないものだけど
今回の発表を通じて、あらゆる日本中の人が11時30分にテレビやネットに釘付けになるという、不思議な一体感があった。
私たちが、そしてこれから社会に出てくる若い人たちが時代を作っていく。みなでそう感じていた。
日本に生まれてよかったと思えた。
他の国にいたら、この感覚は絶対体験できない。

名無しさん
元号は日本の文化として広く国民に認知されている年号であり、また、その使用については強制も限定もされず国民の自由を侵害するものではないと認められる。よって本件は利害の生じている事実に無いことから請求は棄却。って感じに収まるかと。少なくとも法的には西暦・元号どちらを使っても良いことになってるので、たとえば「元号(或いは西暦)しか受付けない」という個々の対応が生じる度に個々を訴える事は出来るかも知れないが、元号そのものを「違憲」として訴えても、今はまだまだ通らないだろうと思う。

名無しさん
一刻も早く別世界へどうぞ。
意味不明の主張。
嫌なら、キリスト教誕生に由来する西洋歴を使えば良い。
さらに、80歳超えなら、昭和や平成のときに何故声をあげなかったのか問いたい?
なんで、今なの?

アルチャプロ
そう仰るなら、西暦はキリストの生誕から何年という数え方であり、信教の自由を保証する現憲法に反するのではないでしょうか。一方、元号は国の象徴たる天皇の在位を区切るもので、むしろ自然な表現であり、国民の権利を失するものとはなり得ないと考えられます。

名無しさん
必ずこういうなような人達が出てくる。改元が「私たちの時間を切断された」と思い、訴訟するほど、不便を感じるものだろうか?
わざわざ改元しなくてもいいかもしれないが、改元したから”政府”を訴えるほど、生活に不便を感じるだろうか?

ごんたろう
西暦を日常的に使いたいなら西暦を使えば良いこと。

w
年号を無くして西暦のみにするより、世界で唯一の年号を使う方が、日本人としてよりアイデンティティが保たれると思う。
何でもかんでも欧米化国際化して、従来のもの排除。歴史的に天皇との関わりがあるものを全て右翼的軍国的として排除するのはおかしいと思う。
ただしまぁ役場などの公的な書類の日付は年号、西暦どちらでもOKにしてくれると助かる気はする。入力する職員の方は大変だろうけど

名無しさん
時の基準点を定める「紀元」の一つである西暦と、特定期間に名前をつける「元号」と、異なる暦の概念を混同されているように思えます。
定義と記録管理さえしっかりしていれば、紀元と元号どちらも実用的には問題なく、世界史的に見れば、どちらも各地各様に用いられてきました。
ただしいずれ暦を定めることは、権力の象徴であり、覇者の特権且つ義務です。
今たまたまキリスト暦(西暦)が実質的国際標準として君臨しているのは、近代以降の西欧帝国主義によるグローバルな席巻と文化の蹂躙に溢れた、西欧以外の多くの国々にとって、血と屈辱にまみれた歴史の賜物であることは、ほとんど間違い無いでしょう。
そうした歴史を踏まえてなお西暦を崇め奉るのであれば、それはそれで結構です。
区切られた時間に閉じ込められるとか、’70年代とか、20世紀とか、西暦の十進法由来のキリ番区分だって、同じことに思えるんですけどね…

名無しさん
今後元号は干支みたいなものになっていくと思う。干支なんて正月以外は意識しないけど、なくなったらそれはそれで寂しいよね、みたいな感じで元号も日常生活ではだんだん使わなくなるだろうけど、無理になくす理由がないなら今後もあっていい。

名無しさん
使いたくなければ使わなければいい。
逆に、この人たちの主観で西暦を強制される理由もない。民主主義をはき違えてる。

名無しさん
変なの多いね

イルカを降りた中年。
「待った!」って…、新元号が発表されて何日経ったと思ってるのよ。
記事によるとそう言っているのは3人で、そのうち2人は80歳以上とか。
高齢者が車でコンビニによく突っ込むのも、解るような気がする。

名無しさん
ウチの子は昭和63年生なので同じ学年には昭和64年生も平成元年生もいました。少なくともそれが元でのトラブルはは全く聞かなかったと言ってますよ。どこにそんなデータがあるのかを示して欲しいです。

名無しさん
憲法を好きな連中ほど憲法をしらない。元号を廃止して年号はどうするつもりでしょうか?まさかキリスト教歴である西暦を使えと言うつもりではないでしょうね。それこそ憲法の信教の自由と政教分離に反するのですが。

名無しさん
記事の内容は、”「令和」に待った!”ではなく、元号の廃止の訴えじゃないですか?
元号廃止を訴えるなら、別に今でなくてもいいし、このタイミングである必要も無い、もっと早くから活動するべきでは?
いきなりの思いつきで、世間を騒がせて、注目を浴びたいだけの、困ったさん。
祖もその元号があっても使用を義務付けてる訳でもないのだから、訴えにあるような、時間の分断だの、権利の侵害だのに当たるはずも無い。
ロウ害の解消を切に願う。

名無しさん
怪しいオーラが見えます‥‥

名無しさん
私が現在住んでいる台湾にも元号のようなもの(民国)があります。
台湾でも西暦と民国を使用しますが、病院の診察時や移民局での手続きなどでは民国が使われるほど大切なものです。
元号の制定は少なからず日本という国に生まれ、日本人として生きる私たちの誇りになるのではないかと思っています。
今回の新たな年号発表の際も、日本国内だけでなく海外でも大変な話題となりました。
そして日本人として新たな時代を楽しみに心躍らせた瞬間でもありました。
大切にしていきたい日本文化の一つです。

名無しさん
果たして、時間が絶ち切られるのは悪いことなのか?
海外の人から見たら、日本人はめちゃくちゃ立ち直りが早い面があるそうだ。
敗戦の後であっという間に立ち直るスピードは確かに凄まじかったと感じる。
アメリカの大統領は敗戦の際に、巨額の借金を負わせたりあらゆる手を尽くして日本を世界最貧国にしようと頑張った。
しかし、結果は戦前よりはるかに金持ちになり、世界2位の経済を得るに至った。
不思議だけれど、日本人には新しく生まれ変わる概念があるようだ。
焼き払われても新しく建て直す。
更地に放り出されても、また作り直す。
これは案外、改元による気持ちの切り替えがもたらした効能かもしれない。
昔は地震や災害で悲惨な目に国民があった時などに改元していたのだから、確かに合っている。
令和で新たな気持ちになって、今までと違う事にチャレンジしても良いのでは?
人生単純に考えてみても面白いかもしれない。

名無しさん
元号という独自の年表記があるからと言って
時間の意識を損なったと感じた事はない。
生活のあらゆる局面で
元号が強要されていれば別だけど
あくまで西暦と元号は並列したもの。
合理性でいえば元号の不便さはあり、
なくても生活が困るものではないと思うけど
こういったものの集合体が文化なんだと思う。
良い方向に変わっていく事も必要だけど
合理化のもとになくしていけば
国としての輪郭が薄まってしまう。
大袈裟なようだけど、
世の中にはこうした国としての枠組みを
煩わしいと考える主義がある事を
懸念しておきたい。

名無しさん
この人達、昭和から平成になった30年前に同じことしたのかな?たまたま今回は譲位という事で先に元号が発表されたから、こんな事言い出しているけど、理屈がそもそも破綻している。
元号で時間が閉じ込められる?この3人以外にそんなことを感じている人がどれだけいるのか?西暦でっていうのは最近のデジタル化世代の話で昭和の頃は西暦よりも元号で生活していたじゃ無いか!
日本には皇紀があり元号が大化以降存在し、明治以降に西暦が入ってきている。連続した時間と言うなら皇紀を使うほうが日本の文化としては連続しているし、浸透度合いで言えば元号は馴染んでいる。西暦は諸外国との関係やシステム登録上の便利さであって、差し止めを提訴する理由にしては弱すぎる。
使いたくなければ使わずに、貴方達だけ西暦だけ使って生活すればいい。

名無しさん
意味がわからない。
嫌なら使わなければ良いだけでしょう。
誰も使用を強制してないよ。
さらに
〉この裁判が貴重な議論の契機となることを期待したい。
不毛な議論でしかないでしょう。

名無しさん
ほとんどの事は西暦で示してもかまわないが、元号は元号で残して欲しい。
夕べ見るともなくテレビをつけてたら歌番組があってた。昔から今の歌までおりまぜて。昭和はこんな歌だった、昭和の中期はこんな歌、これは終わりごろ。平成に入るとこんな感じなってと、時代をおって凄く流れがつかめて、昭和が凄く懐かしかった。昭和て凄くいい歌があったんだって、その当時の思い出に浸ってしまいました。この感じて西暦ではなかなか難しい。元号て私のような頭の悪い人間には凄く便利ですこの頭のいい屁理屈じいさん達は自分達の感情だけしか考えてないのでしょうか?
この元号制度がイヤであってももう、貴方達の時間は少ない。我慢して目をつぶってて欲しい
元号は日本の歴史の流れをあらわす。日本には明治になるまで時を計るのは元号しかなかったのだから。(特別の数え方があるとは聞くがよくわからない)
あんまり屁理屈は言わないで欲しい。

名無しさん
視野が狭いというか、西暦であれ元号であれ、どちらを使用してもいいのでは、日本人は今までもそうしてきたわけだし、天皇が存在する限り伝統歴史として元号は必要であるし後世に伝えていけばいいのではないかと思う。違憲だという前に、気持ちを切り替えて、令和の時代をよくしていこうとすれば何ら問題ない。
私からすれば、何に力を注いでいるのかわからない。
そんな暇とお金があるなら、震災で大変な思いをしてる方々に、募金なり協力なり、力になってあげる方がよっぽど意味があると思います。

p—–
早くも令和の文字が入った雑貨や菓子、令和の入った社名に変更した会社等早速便乗した商売が色々紹介されてきましたが、こういう形で便乗してくる人は初めて見ました

名無しさん
本文の通り、違憲判決を期待しているわけでもないらしい。わずかに立法目的が不明であることに言及しているが、どのような審査基準に照らしても人格権を侵害するほどの制限性があるわけではないという(常識的な)結論にはなるだろう。
訴訟目的は勝訴ではなく、広範な議論が起こることらしいので、yahooに掲載されて多くのコメントが寄せられることで目的は達したことになる。ただし、寄せられるコメントが反論ばかり(実際に反論は容易)というところに読みの甘さがうかがえる。
天皇の権能を少なくすることも目論見の一つであるようだが、元号制定・発表は天皇の権能でもない。一方、議員が原発を巡って天皇直訴を図ったように、体制批判側が実際の天皇の権能を超えて巨大に見てしまうということもある。
統治側が統治技術を洗練させていくのとは反対に、批判側が批判者としてもアイデンティティの危機から拙劣な行動をしてしまう傾向は、よくない。

名無しさん
元号の変更を好まない方々の言い分は、過去をそのまま継続したいという思いです。色んな方の元号に対する考え方で、私が納得したのは、元号を変えることで、一旦、過去のしがらみを気持ち的に払拭し、新たな気持ちで前向きに物事を、生活を進めていくことも出来る。というものです。
この記事を書いた人も過去の継続にウェイトが乗っているようです。
新しい令和という時代を作ろうという意識はなさそうですね。

名無しさん
確かに、西暦だけの方が紛らわしくなく良いとは思う。
しかし、天皇は日本の象徴なのだから、
日本らしさを表す意味で、
元号というものがあっても良いと思う。
(個人的に元号が変わる事で、新たな時代が始まるのだという
ワクワク感もあったりする)
何も全てを世界基準に合わせる必要はない。
其々の国の特徴があっても良いと思う。

名無しさん
あの人は昭和だ、平成だっていう差別があるんだったら歳下だ歳上だっていうのも差別になっちゃうでしょ。
明治、大正生まれの人達だって差別の対象にされてしまう。
こんな事案に裁判官が時間使われてしまうのがもったいないと思う。
原告の昭和の人達は、そろそろ平成と令和の人達の事を考えてください。
つぎの日本を作るのは平成、令和の人達です。

名無しさん
常々おもうのがそれぞれの国の様々な文化である。例えば食文化日本は米に箸で食する。音楽は演歌、民謡、浪曲などがある。衣服は和服と言う着物、帯がある。運動も日本だけの相撲と言うものがある。朝鮮ではチマチョゴリ、食は金の箸で食べ茶碗を持たない風習。音楽では仏にはシャンソン、米にはジャズ、衣服では中東のように白い布の上に輪をかける国、女性は目だけを出す衣を掛けている。だから日本御元号があっても何ら違和感はない。むしろ年齢や元号と西暦の〝何時代に該当するのか”などの計算をするのに頭脳を使うのでいいだろうと思う。



PDF