【AFP=時事】エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領の政策に抗議する「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」運動は20日、23週目を迎えた。この日も各地でデモが行われたが、パリではデモ隊と警官隊が衝突し、200人以上が逮捕された。

エマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Gregoire)パリ副市長がAFPに語ったところによると、バスチーユ広場(Place de la Bastille)とレピュブリック広場(Place de la Republique)を結ぶ道がかなりの被害を受けたという。

 内務省発表によると、20日のデモ参加者は仏全土で約2万7900人、うちパリでは9000人だった。政府側が発表する数字について、デモ主催者側は黄ベストデモの参加者数を大幅に少なく見せようとしていると主張し、一貫して異議を唱えており、20日のデモ参加者についても仏全土で10万人以上だったと主張している。

 シャンゼリゼ(Champs-Elysees)通り沿いに大損害をもたらした3月16日の暴動のように暴力がエスカレートする懸念を払拭(ふっしょく)すべく、仏全土に警察官と憲兵6万人以上が配備された。

 パリ警察は、デモ参加者227人を逮捕し、2万500人以上に職務質問を行ったと発表。パリ検察によると、夕方までに未成年者6人を含む178人が拘束された。20日のデモは、パリ以外では北部リール(Lille)や南西部のボルドー(Bordeaux)とトゥールーズ(Toulouse)などの都市でも行われた。

 15日に大火災に見舞われ、一部が封鎖されているノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)周辺へのデモ隊の立ち入りは禁止された。フランスの資産家らはノートルダム大聖堂のために大金を寄付すると約束したが、この行動にデモ隊の一部が不満を示している。

 仏作家のオリビエ・プリオル(Olivier Pourriol)氏は、仏作家ビクトル・ユゴー(Victor Hugo)の2つの作品を引き合いに出し、「ビクトル・ユゴーは、『ノートルダム・ド・パリ』への支援をいとわないこうした寛大な篤志家全員に感謝し、『レ・ミゼラブル(Les Miserables)』にも同じことをしてはどうかと提案するだろう」とツイッター(Twitter)に投稿した。レ・ミゼラブルはパリの貧困層を描いた長編小説。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000003-jij_afp-int


PDF