もう「伝統の一戦」の呼称は令和の新時代から封印したほうがいいのかもしれない。またしても阪神タイガースが巨人に負けた。21日に本拠地・甲子園球場で行われた平成最後の巨人戦も成す術なく0―3で完敗。巨人戦は12年ぶりの開幕6連敗で、昨年9月8日(甲子園)から数えると9連敗となってしまった。しかも甲子園球場でのホームゲームでも昨年7月16日から9連敗(いずれも1分を挟む)と完全なカモにされている。

これで借金も6へと膨れ上がり、セ・リーグ単独最下位へ転落。この借金の数が今季巨人戦の負け数にそのまま反映されているのだから“異常事態”だ。ところが試合を見る限りチーム内に「何とかしよう」という危機意識はまるで感じられない。

 21日の試合では先発した西勇輝投手こそ力投したものの、打線が相変わらずの大ブレーキ。苦手のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手に7回5安打無失点に封じ込まれたばかりか、野手陣の「お馴染み」とも言える守備のミスで結局自滅へと追い込まれた。

 今季の巨人戦はここまでの6試合で9失策。思わず「わざとやっているんじゃないか」とツッコミを入れたくなるようなザル守備が目立つ。加えて投手陣は対巨人に何と6試合42失点と散々の内容で、2戦連続の零封負けとなった打線も6試合11得点とGの爆発力には到底及ばない。数字だけを見ても、その差は歴然だ。これではまず勝てるわけがない。

昨季の阪神は2001年以来となる17年ぶりの最下位に終わった。成績不振の責任を取る形で“辞任”した金本知憲前監督からバトンを引き継いだのが、矢野燿大監督だ。前政権と打って変わってソフト路線となり、二軍監督として評判の高かった手腕も期待されたが、ここまで目を見張るようなチーム改革の成果は現れていない。

 そりゃあ、そうだろう。ドタバタ人事で勝てるほどプロ野球は甘くない。昨オフの舞台裏において金本前監督は今季も含め2年の契約期間を残しながら親会社・阪神電鉄本社の2トップの意向によって「辞任勧告」を通達されたと業界では言われており、昨季限りで事実上の解任へと追い込まれていたのだ。

突貫工事の人事
矢野監督は当初、金本政権下で二軍監督からヘッドコーチへ就任する予定だったものの予想もしていなかった一軍指揮官を急遽任されるハメになったのである。この無茶苦茶な内部昇格のオファーを当初執拗に固辞していたのも無理はあるまい。

 一度は金本体制の続投で決まっていたコーチ人事も引っくり返し、ほぼ突貫工事で新首脳陣の面々を集め直さなければならなかったのもかなりのネックとなったはずであろう。

 最終的に根負けする形で指揮官就任のオファーを受諾した矢野監督の下には言い方は悪いが、どうしても寄せ集めの感が拭えないようなスタッフばかりが集まるハメになってしまった。ただ、この組閣は限られた時間しかなかったのだから致し方ない。そういう意味では同情の余地もある。

 その矢野監督も、そして一蓮托生の決意をしているはずのコーチ陣たちも最初から噛み合わずに火花が飛び散る歯車を何とか一緒になって懸命に回そうとしている姿はとても痛々しく見える。いつまで経っても花開かない若虎の主力たちも情けないが、ギクシャクしたムードが漂う矢野体制の下では笛吹けど踊らずなのも残念ながら納得してしまう。

 だが今季も宿敵・巨人からカモにされるなど虎党を心底がっかりさせるような戦いを繰り返している責任は現場よりも、どちらかと言えば球団フロントと電鉄本社にある。

2015年オフ、球団側は監督就任オファーに難色を示していた当時の金本氏を再三に渡って説得して三顧の礼で迎えた。それにもかかわらず最後はあっさりと契約途中で見切りをつけ、同じように躊躇していた矢野監督を後任に据えた。

 しかも今回の矢野監督抜擢は3年半前の金本体制のように満を持してという流れではなく、その場しのぎの急転人事だったのだから不安は尽きない。今季終了後、あるいは来季あたりに何だか矢野監督が金本前監督のようにテレビカメラの撮影NGで立ったままの“辞任囲み取材”をさせられてしまうのではないかと心配してしまう。

 もしかすると球団フロント、電鉄本社は矢野阪神が優勝しなくても別に問題ないと考えているのではないだろうか。いや、むしろ優勝しないほうが経営的にはいいと考えているのではないか――。

CS進出くらいがちょうどいい?

球団OBたちの話に耳を傾けてみると、これらはあながち的外れでもないような気がしてくる。しかし、そう邪推されても仕方がないだろう。球団1人が、次のように本音を吐露した。

 「タイガースは関西の人気球団。基本的に弱くてもお客さんが集まるし、グッズだって黙っていても売れる。特に近年、大きなウェイトを占める放映権料に関して球団側はかなり強気でいわば“売り手市場”だ。

 同じセ・リーグの中ならば資金力は巨人とそれほどそん色ない。本来ならば金満球団のはずだ。にもかかわらず球団側や電鉄本社幹部は最下位に沈んだ昨季のようにあまりに弱過ぎるのは確かに問題だが、Aクラス入りでCS(クライマックスシリーズ)に出られるぐらいならばちょうどいいと思っているフシが感じられる。

リーグ優勝すれば選手の年俸を上げなければいけない。だから優勝争いして最後に負ける流れこそが、ビジネスとしては儲かると踏んでいるのではないか。それが証拠に球団や電鉄本社のトップからは『何が何でも優勝しろ』というようなV厳命の類のどぎつい言葉が毎年、ほとんど聞こえてこない。それから補足するとメディアに対しても球団側は過剰な情報統制を敷き過ぎ。自分たちに都合の悪い記事を書くと、すぐに出入り禁止にするからね。だから甘やかされてしまうんだよ」 

 阪神は2005年以来、リーグ優勝から遠ざかっている。だからこそ14年ぶりのVは今季の至上命題のはずだが、そのキーパーソンである新外国人選手2人もことごとく「インケツ」の香りを漂わせている。

 長打がストロングポイントのジェフリー・マルテ内野手は右ふくらはぎの張りで別メニュー調整中。ようやく実戦復帰が可能なまでに回復したとはいえ、一軍レベルでは未知数だ。中日ドラゴンズで昨季13勝したオネルキ・ガルシア投手も開幕から3戦連続7失点で二軍降格。

「実を言えばガルシアはコンディションに問題を抱えていて、阪神が事前にチェックできていなかったようだ」との情報も飛び交っており、これが事実ならば球団側はとんだババを引かされたということになる。外国人補強のミスについても球団フロントの責任は軽くない。

 球団側が近々にも矢野監督を呼び出し、チーム低迷の事情聴取を行うとのウワサも飛び交っている。しかしながら、そんなことをやっている場合ではないだろう。球団、そして親会社のトップたちはタイガース再建のため自分たちの足元を見つめ直すべきである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00010001-wedge-ent&p=1


PDF