【AFP=時事】スリランカでキリスト教の祝日イースター(Easter、復活祭)に当たる21日に発生した連続爆発事件で、死者が359人に上ったことが分かった。警察が24日、発表した。

事件で負傷した人が死亡したことにより死者数が増えた。一連の爆発では少なくとも500人が負傷している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000018-jij_afp-int


PDF