お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(12)の机に刃物2本が置かれた事件で、警視庁捜査1課は29日、同中学校内に侵入したとして、建造物侵入容疑で住所、職業不詳の自称長谷川薫容疑者(56)を逮捕した。

 「中学校に入ったのは間違いありません」と容疑を認めているという。

 悠仁さまの机の上には、先端に果物ナイフ2本が巻き付けられたアルミ製の棒(約60センチ)が置かれており、同課は長谷川容疑者が関与したとみて詳しい動機や逃走ルートを調べる。特定の思想との関係は把握されていないという。

 同課によると、同容疑者は以前、京都市内に住んでいた。同日午後9時すぎ、神奈川県平塚市内のホテルに1人で現れた際に身柄を確保したという。

 逮捕容疑は26日午前11時ごろ、正当な理由がないのに同中学校に侵入した疑い。

 同課などによると、教員が同日正午すぎ、刃物を見つけて警視庁大塚署に届け出た。学校周辺の防犯カメラには事件直前、黄色いヘルメットをかぶり、上下青色の服を着て眼鏡を掛けた長谷川容疑者とみられる男が映っていた。校舎へ入る際にはインターホンで「水道工事で来ました」と話したという。

 同容疑者は事件後、キャンパス正門から出て、服を着替えて近くの東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅から地下鉄で逃走したとみられる。

 教室の机には生徒の名前が書かれたテープが張られており、悠仁さまの席と分かるようになっていたという。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000099-jij-soci