【ワシントン共同】トランプ米大統領は29日、天皇陛下の退位に際して声明を発表し「米国民を代表し、天皇皇后両陛下に心からの感謝を表明する」と述べた。「平成の時代が終わろうとしている今、日本との緊密な関係の大いなる重要性を米国は認識したい」と強調した。

 トランプ氏は声明で、天皇陛下がこれまでに米国の大統領5人を日本に迎えたと言及。自身がメラニア夫人と共に2017年に訪日し、両陛下と面会したことに触れ「新しい時代にも、米国の偉大な同盟国日本とのパートナーシップと協力の伝統を続けていきたい」と締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000053-kyodonews-int