「週刊少年ジャンプ」で昭和51(1976)年に始まり、平成28(2016)年に40周年、 コミック全200巻で連載最終回を迎えた秋本治さんの国民的漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称「こち亀」)。平成2(1991)年に発売された第68巻の著者コメントには、こんなことが書かれていた。

<ビデオカメラがどんどん小型軽量になり、価格も安くなったため、誰でも気軽に使うようになった。旅行先で、ビデオカメラとカメラを両手にかわるがわる映している姿を見かけ る。

 この二台を一台にしたら、便利だと思う。デジタル高画質、プリンター機能もつけば、その場で写真も見られる。

 今に、そのカメラにTV、電話、FAX……という多機能が登場するかも……>

「こち亀」の主人公・両津勘吉は、様々な分野で最先端情報を作中で紹介することも多かったが、それも秋本さんの時代を先読みする豊富な知識があってこそ。平成2年に“予言”したことは、現代ではスマートフォンの普及で当たり前とった。

 一方、技術革新の結果、消えてしまったものある。

 大正大学地域構想研究所の中島ゆき主任研究員は、5年に1度行われる国勢調査で使われる職業分類をもとに、平成の約30年間で仕事の職種にどのような変化が生まれたのかを調べた。すると、平成2(1991)年と平成27(2015)年では「タイピスト」「腹話術師」「 キャバレーのレジスター係」「ミシン販売員」 など24の職種が削除されていた。 削除の基準は明示されていないが、中島さんは「働く人が1200人以下になると、削除されるようです」と話す。

 消えた職業を見ると、時代の移り変わりも見えてくる。昭和時代に「職業婦人」の花形職業だった「タイピスト」は、タイピングのみをする専門職だった。それが、コンピューターの小型化によって個人所有のパソコンが普及し、タイピングの仕事は減った。パソコンの普及前には昭和53(1978)年にワープロの発売もあったことも大きかった。

テレビ番組で平成から令和への移り変わりが特集されると、証券取引場で多くの人が「手サイン」と呼ばれる方法で株の売買をしている風景が流されることが多い。そこにいる人たちが「場立人」で、注文を受けて売買を仲介する人が「才取人」だ。ネット取引の普及で、ニュース番組で見かけた花形職業も消えてしまった。

 そのほか、商品名を呼びながら豆腐などの品物を売る「 呼売人」や「ミシン販売員」も職業分類から消えた。スーパーやコンビニなどの流通インフラの拡大やネットショッピン グの広がりで、玄関先での販売は少なくなっていった。中島さんは、こう話す。

「平成元年はクレジットカードもそれほど普及しておらず、社会のキャッシュレス化は進んでいませんでした。インターネットの常時接続が一般的になったのも2000年代に入 ってからで、そこからアマゾンや楽天などのネット販売業者が成長しました。『保険料集金人』も削除されていますが、令和時代も現金を徴収する仕事は消えていくでしょう」

 平成で新たに生まれた職業は25種類ある。なかでも目立つのが「ITサービスマネージャ」「システム保守技術者」「情報ストラテジスト」といったIT関連の職業だ。そのほか、家電製品の説明書などを制作する「テクニカルライター」も登場。いずれも、知識労働の比重が高い「知識集約型」 と呼ばれる分野だ。

 もう一つ時代を映している職業が、「心理カウンセラー」だろう。 平成時代では、うつ病など心の病が日本社会で広く知られるようになった。 教育の分野でも、いじめなど学校生活に不安を抱える子供に対応するため、文部科学省は全公立小中学校にスクールカウンセラーを配置する計 画を進めている。中島氏はこう話す。

「これまで日本では『心理士』『心理カウンセラー』などの資格がありましたが、昨年に国家資格としてはじめて『公認心理師』が生まれ、同年9月の試験では2万7876人の合格者が出ました。国が資格要件を求めたり規制をかけたりするのは、社会のニーズが高まっているということ。日本社会の変化が職業に反映したといえます」


そのほかにも、「リサイクルショップ店員」「ネイリスト」「 レンタカーカウンター係員」なども、新しい職業として生まれている。

 では、令和時代にはどんな職業が増えていき、消えていくのか。

「インターネット上での動画番組を提供するYouTuberは、 これまでのエンターテイメント業界とは違う形の職業かもしれません。社会全体としては、ますますキャッシュレス化が進み、知識集約型の仕事は増えていくでしょう。一方で、インターネットショッピングが発展すれば、しばらくは輸送業を支える自動車ドライバーのニーズは高まります 。ただ、ドローンや自動運転での配達が実用化されれば、そういった職業も減少してくのかもしれません」

 令和時代にどんな職業が生まれるのかはまだわからない。それは、これからやってくる時代の変化が決めることになりそうだ。(AERA dot.編集部/西岡千史)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00000005-sasahi-soci&p=3