池袋で親子2人が死亡した暴走事故をめぐり、運転手だった男性(87)の息子が「安倍晋三首相の政策秘書」だったという話がネット上で拡散している。結論から言えば、これは誤情報だ。にもかかわらず、いったいなぜ情報は広がりを見せているのか。


東京・池袋では4月19日、旧通産省工業技術院院長だった飯塚幸三氏(87)の運転する乗用車が暴走し、30代の女性と3歳の娘がはねられ死亡。

歩行者が青信号の横断歩道で起きた事故だったが、飯塚氏はけがのために入院し、逮捕はされていない。

この事故をめぐって拡散しているのが、「ほわほわブログ」という匿名ブログの「飯塚幸三の息子は安倍晋三の政策秘書?孫はレイプ犯」という記事だ。

ネット上の情報を継ぎ合せ、安倍首相の政策秘書だった飯塚洋氏が、運転していた飯塚幸三氏の息子であるという「情報を入手」した、としている。

根拠は「年齢差」

その根拠は名前とともに、二人の「年齢差」だった。

Twitterなどで指摘されていた二人の「現在の年齢」(62歳、87歳)を引用しながら、「親子関係に信ぴょう性が持てますね」「安倍政権下で手厚く保護される理由も納得できる」などと記していた。

さらに、週刊ポストが2006~07年にかけて、飯塚洋氏について報じた複数の内容を引用。その息子が起こしたとされる事件などに触れながら、「飯塚家の不祥事」などとまで言い切った。

この情報はネット上で大きく拡散。計測ツール「BuzzSumo」を用いて調べたところ、TwitterとFacebookで1万5千近くシェアされていた。

衆議院議員の柚木道義氏(無所属)も記事を引用し、「以下の記事事実なら(ママ)平成の安倍政治の負の遺産を令和に持ち越すのは本当に終わりにしたい」などとツイートしていた。

父親は別の人物

ただ、「息子である」という情報は誤りだと言える。

そもそも、この飯塚洋氏について報じた週刊ポスト(2007年4月13日号)の記事では、以下のように記しているのだ。

「父の光氏は千葉県東金市で市議会議長も務めた地方政界の大物だった」

(安倍首相に)「いずれは父親を継いで選挙に出るからもう少し続けさせてほしい、と頼み込んだ」

ここで洋氏の父として名前があがった飯塚光氏は、元東金市議長。2014年に亡くなっている。

ブログが引用したり、ネット上で拡散したりしていたポストの画像はひとつめの文章の部分が欠けており、見えなくなっていた。それもあって、誤情報の拡散に拍車がかかった可能性が高い。

当該ブログはすでにタイトルを「飯塚洋は飯塚幸三の息子ではなかった?」と変更。「こちらの情報は誤りだった可能性が高まっています」「同じ飯塚姓=親戚関係?」などと修正、加筆している。

また、記事を拡散していた複数のアカウントも、ツイートを相次いで削除。柚木議員もお詫びした。

事故をめぐり誤情報がたびたび拡散

今回の事故をめぐっては、様々な不確定情報がたびたび拡散している。

飯塚幸三氏が元通産省官僚で元大手機械メーカー・クボタの副社長、さらには勲章を受けていることから、「『上級国民』だから逮捕されないのか」「さん付けなのか」「無罪なのか」などという指摘も上がっていた。これも根拠のない憶測に過ぎない。

また、事故直後にはクボタの執行役員の飯塚智浩氏が「息子」という情報も拡散。クボタ側が「元副社長の飯塚幸三氏との間に縁戚関係等はありません」と公式声明で否定している。

飯塚幸三氏が「Facebookの削除を電話で息子に指示した」などといった情報も出回っているが、やはり根拠は不明だ。

こうした情報はどれも、Twitter上などで拡散した情報をまとめサイトやブログが掲載し、検索上位に掲載されることでさらに広がる、という流れを取っている。

こうした不確定な情報の拡散は、誹謗中傷に当たるおそれもある。注意が必要だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010000-bfj-soci&p=2

みんなの意見


名無しさん
もし事故を起こした加害者が若者だったとして、アクセスが戻らなくなったと言い事故後親に人いっぱい轢いちゃったって、救急車もよばず電話してたって非難が殺到しますよ。
高齢者、しかも足が悪いとか非難する所しかないです。何故署名が集まるのかは、高齢であるからという理由で有罪、実刑を回避する可能性があるからでは。
自分はまだまだ運転出来るんだと車社会に出て事故が起きたら高齢者だから厳しく出来なかったら今後高齢者への憎悪が増すと思う。

名無しさん
別に、人間なんだから感情があって当たり前。
ネットの意見については、理性的に見ても極端な中傷は少なく、大半は許容範囲内で投稿しているに過ぎない。
今回のような事故で感情的ではなく、理性的に意見を言える方がすごいと思う。
それに、加害者には数ヶ月前に何らかの異常があったと報道されていたが、それが事実ならあの時に免許を返納していたら、被害者たちはは死なずに済んだ。
つまり、事実上の殺人ではないか。
このような事件において加害者を非難するのは理にかなったことだと思う。
それから、加害者の方に言いたい。
もし、免許返納したくなかった、又はできなかった事情があるならきちんと説明していただきたいし、その上で遺族に謝罪するべき。
それが、償いの第一歩となるだろう。

名無しさん
怒りをぶつけられて当然ではないかな。
事故後、電話した先は息子と言う情報もありますし、
治療のため入院していても、「アクセルが戻らなかった」など
警察に対して発言できる状態なのであれば、
事故および、事故の被害者に対し何かしらのコメントを発表することぐらいできるでしょ。
だんまりしてれば周りが何とかしてくれるって思ってんじゃないの?
そして現状、周りが必死にかばっているよね。

名無しさん
今回の事故のケースを一般論にすり替えるな。飯塚幸三は利き足である右脚が不自由だったという。東京に居住し交通事情も悪くない。高級官僚あがりでタクシーを利用するぐらいの余裕は充分あったはずだ。
運転する必要など、この男にはなかったろう。
それでも男は運転しとんでもない事故を起こした。個人の責任を問うな、などというのは阿呆すぎる。逆に飯塚の責任を徹底追及してくれ。今回のような現行犯に推定無罪は当てはまらない。
法律の門外漢には、過失責任どころか殺人罪(未必の故意を緩く解釈して)でも、と思うほどだ。
自分も高齢で、免許返納はまだだが運転は随分前にやめた。
飯塚のような男には報復主義で臨んでほしいくらいである。失われた命は戻ることはないが、この男が実刑を受け、恥辱のうちに命を終えることを願う。

名無しさん
池袋の事件は暴走距離も長いし横断歩道を渡りだしてすぐに轢かれた。
轢いた本人はブレーキ云々言ってるけど、本当に車がおかしくなって暴走しているならクラクション鳴らし続けて車道に歩行者が出ないようにする等していれば今回の母娘は轢かれなかったかもしれない。
それが出来なかったのが加齢による判断力の低下なら、運転すべきでは無かった。

名無しさん
加害者に憤りを持つなというのは違うと思いますね。
運転が困難でかつ運転しなくとも良い環境で経済的にも裕福な状態であるにも関わらずに運転を続けたという事が事故の最大の原因です。
事故後も救急車の手配の前に家族に保身行為の頼みごとをやっている事も批判的見解を持つ人を増やす要因だと思います。

名無しさん
人それぞれ考え方はあると思いますが、バリアフリーと今回の事故は別問題ではないでしょうか?環境が整備されていたらこの老人は運転免許証を返納していたのだろうか?足が不自由なのに運転をしていた本人ややめさせられない家族は少なからず責めを負って当然なのではないでしょうか?
この老人は現在治療中だそうですが、この件では治療すら受けることなくこの世を去った方がいることを絶対に忘れてはいけないと思う。
私としてはこの一件は事故ではなく殺人事件だと考えています。

名無しさん
縁石にぶつかった後も、アクセルを踏み続け、時速100kものスピードで走り続けたのですよ。
身体的能力に制限があったとしても、正常な判断力があれば、クラクションを鳴らす、サイドブレーキを引く、人のいない所に突っ込む、など対処方法はいくらでもあったはずなのです。
この加害者は運転するべきではなかった。
本人にもその自覚はあった。
そこが、通常の交通事故とは大きく違う点であり、多くの人が怒りを感じる理由なんだと思います。
乙武氏やその他の出演者も、わかったような事を言ってますが、
同じ事を被害者のご家族を前にして言えますか?
記者会見では怒りを押し殺して発言しておられましたが、
心は怒りに打ち震えていたと思います。
ほとんどの人は、その怒りを代弁しているだけに過ぎない。
それくらい悪質で酷い事件だと思います。

名無しさん
経歴からして加害者は経済的に恵まれているはずで、タクシーを呼ぶなど自由にできたはず。自らの運転能力もわからないような人間に、車を運転する判断力があるはずがない。この問題が根深いのは、判断力のある人は免許を返納し、判断力のない人が運転を続ける。乙武氏が言う社会が実現しても、高齢者の犠牲になる若い命は減らないと思う。身の回りにいる87才を見てほしいが、安心して運転を任せられる人は少ないと思う。高齢者の免許更新では、厳格な実技試験を課すべき。

hvdexpr9
殺人犯を責める前にそうさせた社会が悪いと言う理屈と同じに聞こえる
実際に返納し不便な生活を強いられながらも文句を言わない高齢者もいる
それを考えれば責められるのは当然だと思う
その上で対策が必要なのは間違いないけどね・・

名無しさん
乙武氏はまだこういう知的なコメントが出来るまでには信頼回復は出来ていないと思う。
彼がどんなに正しいことを言っていたとしても「お前が言うな」って思う人は多いと思う。

名無しさん
話を混ぜすぎだろ。
まず、加害者は徹底的に糾弾されるべき。なぜ運転できない状態で運転したのか。ブレーキを踏む、クラクションを鳴らす、ガードレールにぶつけて停止するなど危険回避はいくらでもできたはず。危険運転を止めなかった家族にも責任はある。誰もが被害にあう可能性があったんだし、世論が「当事者」として謝罪の言葉もない加害者に怒るのは当然。
その話と対策が必要というのは別の話。街づくり(高齢者による危険運転の必要性を無くす)、法規制(危険運転を許さない仕組み)、車そのものの安全性(歩行者の安全も守る車づくり)等は待った無しで進めなくてはいけない。
違う話を混ぜて「加害者に怒りをぶつけるのは間違っている」というのは筋違い。
乙武は更に障害者の話を持ち出しているが、いくらでも代替手段があった今回の加害者には当てはまらない。
それに根性の腐った乙武がこういう時だけ弱者ぶるのは辞めてほしい。

名無しさん
それはないだろう、と個人的には思います。自動車を運転する、この一点において老人も若者も全く関係ありません、平等です。今回の事故は単に自己評価が高かったせいで起こった事故です。厳正に処することで今運転している人達が自らに過信がないか振り返ることができ、返納率が上がれば事故も減ります。社会全体から見てデメリットは1つもありません。外に出る機会が減る?では敬老パスを受け取ると同時に返納して元気なうちから車の無い生活に慣れていけばいいのではないですか?耳目を集めたいがためにこういった微妙な反対意見を言う人が芸能界には多いですが、どうすれば1番自分に注目が集まるか、がスタート地点の意見など参考にしてはいけないと思います。子供の成長を楽しみ、孫を楽しみ、自分の生活を謳歌し、あと数年の寿命となった自分を過信したドライバーに妻と3才の娘を殺された遺族の気持ちをもう少し考えて発言してほしいと思います。

名無しさん
乙武氏は今回の加害者が足が悪いという事で、少しかもしれないけど自身を重ねて同情が入っているのでしょうか。
でも今後このような事故を起こさないように、と論じる事と、自己中心的な考えで運転を続けて何の罪もない母娘を死に追いやった人を責める事とは全く別問題であり、加害者が責められているからといって、責めている人達が事故予防や免許返納の事を考えていない訳では無いはずです。
誰だってあのような事故には胸を痛めますし、もし自分や大切な人が同じ目に遭ったらと思うと気が気ではないでしょう。だからこそ加害者に怒りがわく。それは当然の事です。
それに加害者を責める声が高まればそれだけ高齢者の免許返納が増えるかもしれないですし、ある意味この流れも同じ事故を一つでも減らす事に役立っているかもしれません。
乙武氏は尤もらしいような事を言っていますが、「感情よりも建設的な意見を言える自分」に酔っているようにみえます。

猛人
話の順序が違っている。事故原因を踏まえ、まずは亡くなられた家族への謝罪、負うべき処罰を明確にした上で高齢者運転の是非、可否を論じるべきであり、加害者の責任問題が完全にすっ飛ばされている。
更に事故処理に当たっている警察ならびに今後の社会に大きく影響する検察の事件扱いも、全く見えていない。むしろ、肢体不自由で高齢だったと、情状酌量の余地があるかの事件報道だが、この事故は飲酒や薬物使用時に起こしたものと何ら違いはなく、正常な判断ができず、事故後に負傷者の救護すら行わなかった事実に照らせば、ひき逃げ事件に該当する。議論はここから始めるべきは当然だろ。

名無しさん
車がないと不便とか、個人の事情など、全く考慮する必要はない。あくまで運転する能力があるかないかだけを基準にしなければならない。どんな事情があっても運転能力が無かったり低い者はじこをおこす可能性が高くなる。車での事故は人命に関わる可能性が高い。だから、能力が低い者は人命を奪う可能性が高くなるので運転を許可してはならない。

名無しさん
この事故、いや事件は矛盾が多すぎる気がする。年齢関係なくあれだけの被害者を出しているのだから、運転者として、それなりの罪に問われるべきだし、逆に身体的な理由をつけるのであれば、それを自覚していて運転をしていた罪を問うべき。それでも高齢による判断能力など年齢を理由にするのであれば、それこそ強制的に返納する制度の無い国が罪を問われるべき。いずれにしても、もう2025年問題が目の前に迫っている今、早急に対策するべき問題のひとつだと思います。高齢者による事故増加数から見ても先送りする余裕はないと思う。今こそ国が旗振りをしてこの問題を早急に対策してほしい。

名無しさん
誰でも事故を起こしたくておこしてはいない。そらそうです。でも、年と共に対応力がなくなり事故を起こしやすくなるのは知っていたはず、車は凶器であることをしっていたはず、普段の運転もままならない状況で危険であるのは知っていたはず、都内ならタクシーや交通機関で対応できたはず、金銭的に困っておらず、かつ車を保有する費用とタクシー代はさほど変わらないはず、、対処すべきだったのにしなかった。それで他人の命を奪ったのですよ?
しかも、事故を起こしたあと、SNSを消去させたり、刑が重くなる可能性を潰そうとした。
あかんでしょ。この人は。

くろうちゃん
高齢者が高齢者にありがちな事故を起こしたのには違いないが、そこだけにスポットを当てすぎても論点がずれると思う。
つい先日も自分の直前を走行している車が何もないところでブレーキをふんだり、ふらついたりしていたが、分岐で別れる時見たらスマホをガン見している若い男だった。
この男は運動能力には問題がなくてもドライバーとしての適性には著しく欠けていると思う。
今回の事故も同様に、運転に不安を自覚しつつもハンドルを握り続けた加害者はドライバーとしての適性に欠けていたと思う。
飲酒運転もそうだが、自分で安全に運転できるか、していいのかを判断できない人は一様に適性に欠けるわけで、社会のインフラだのの話にすり替えるのは違うと思う。

名無しさん
ならばパネラーの皆様に問う。第三者である我々には黙れと仰せか?これだけおかしな事が起きているのに黙れと仰せか?
ネット民を批判されておられる様だが、みんながまず怒ったのは世代間対立でも何でもなく、事故を起こした者が取るべき責任を取る努力をせず、あらゆる手段でそこから逃げようとしている点である。
別段意識不明になった訳でもない者が、それでも大変であれば家族を通じてでもいち早くご遺族・被害者に謝罪し警察の捜査に協力し、罪に問われれば主張すべきを主張するという当たり前の責任を今なお放棄し、ほとぼりが冷めるのを待っている事に怒りを覚えているのである。
この点には年齢も性別も関係ない。運転をする全ての者が等しく負う責任である。
逆に事故後早い段階で警察の逮捕に応じ、取り調べを受ける中で謝罪の言葉も出てくればここまでの話にはならなかったはずだ。
私は問題の本質をそこに見たが皆様は如何か?

名無しさん
綺麗ごとですね。
もし、自分の家族や自分が同じ立場ならそんな綺麗ごとで済まされるのか。
『一番大事なのは事故が二度と起こらないようにすることであって、運転していた方に怒りをぶつけるのがベストではないのではないか。』
とありましたが、怒りをぶつける事で政治も動く、本来はもっと早く政治が動かなければいけない、議論ばかり長引いて一向に結論が出ないで何も進展してなかったからこうして事故が起きた、遺憾です。
綺麗ごと言ってるより、国民の感情でいろいろ意見が出る事で重たい政治を動かす事が出来る。
黙っている事、動かない事が一番良くない。
怒りをぶつける事は悪い事ではない。

名無しさん
この事故に対して怒りを覚えない人はあまりいないと思います。私は個人的にはこれは飲酒運転のような危険運転だと思っています。体が不自由になっている、87歳の老人がお金が裕福で高い車でいつまでも自分の老化を認めないで、起こした自分勝手な事故!!乙武さんはなにを勘違いしているのかこの事故はどう考えても運転をしていた人とそれを容認していた人、そして緩い運転免許証更新制度のせいでしょう。よく運転をあきらめさせるのは難しいといいますが。私も辞めさせようと奮闘した経験がありますからその大変さはわかりますが、犠牲者がでることを考えてください。亡くなった人は返りません。

名無しさん
一番の理由は事故を起こした加害者から反省の気持ちが感じられなかった事ではないかと思います。
大事故を起こしてまずは息子に連絡、内容は自己保身のため電話番号を変えさせたりネット上から自宅が判明しないようモザイクをかけさせたり保身に関わる事の指示ばかりしていたようです。
目の前に怪我をして実際死んでしまった人がいるというのに救急車も呼ばず、助けにも行かず、自分の事だけを考える姿勢に不満があるのだと思います。
経済的にも裕福な層の加害者が車をあまり必要としない都心で、自分の運転技術を過信して車を使用し、事故を起こし、なおかつ保身に走る。と叩かれる要素は沢山あったと思います。
お金があるならタクシー使っていれば・・・
免許の自主返納していれば・・・
せめて誠意のある対応をしていれば・・・
そして、被害者の方々への謝罪の言葉があれば、
周りの見方もまた違っていたと思いますけどね

名無しさん
上級国民だからこそ、東京都民だからこそ、まともに運転出来ない車じゃなくタクシーで行ってもらいたかった。高齢者だからこそ、運転支援装置の付いた車に乗って欲しかった。ということだよ。高齢者の運転免許の自主返納を求める声があるけど、それは無理だ。だって、まともな判断能力がある人は自主返納するけど、判断能力が無い人ほど自分の能力に誤った自信を持っているものなんだよ。年齢で免許取消(一律に)するし方法は無いよ。家族に年寄りの説得なんて無理だよ。そんなことができるくらいなら、介護の苦労は無いよ。生活の足と、この問題は別に検討しなきゃダメだ。マスゴミみたいに八方美人な意見を言っていても、問題は解決しない。でも、自民党には、年齢での免許取消は出来ないだろうね。だって、高齢者の反発は必至だし、高齢者は自民党のドル箱だからね。政治屋にすれば、一般国民の親子が死んだくらい屁でも無いからね。

名無しさん
この被疑者が過失扱いというのが既に忖度していると言える。
福井ではお坊さんが袈裟を着ていて運転に不都合があるからと検挙された。
私は昨冬に免許を更新した時に腕神経叢の病気があるので申告して,ハンドルを握るのに問題があるかを確認してもらった。
運転免許の更新とはそれだけ慎重にすべきではないのか。
今までが大丈夫だったからこれからも大丈夫何て言うのは幻想であり,いつ自分が加害者にも被害者にもなりうる。
それは身近では私の甥,二軒隣に住んでいた友達のお姉さんも事故で亡くした。
そして飯塚被疑者はアクセルやブレーキを操作する足に怪我があるのを分かっていて運転をした,すなわち運転中に足の自由が利かなくかもという未必の故意でもおかしくないのではないか。
であれば同乗者である妻も飲酒運転における同乗者と同じように運転に不自由が発生する可能性があるのを認識して運転させたので罪に問うてもいいのではないか。

名無しさん
粛々と加害者は現行の法律の元で裁判にかけて処罰をすればよいのだと思います。もし、その中で元々運転に対し、問題があるようなら、過失の割合も大きくなるはず。
特に、東京のど真ん中。地方と違い、車が必須ではない。その中で、運転していたのだから、ご自身の体力を過大評価していたのでしょう。
地下鉄が厳しいとかあると思いますが、タクシーはたくさん走っている。公共バスも地方とは違い、一時間に何本も線がある。バスの走っていない地方ならという情状酌量はなされないはず。
自分の能力を顧みず、必ず必要ではない運転を行い、人の多い東京のど真ん中で事故を起こした過失というのは、それだけで高いと思います。
ただ、粛々と裁判で処罰を決めていくべきである。

名無しさん
己武さんはさすが車椅子で公共交通の不便さを知っているだけのことはある説得力のある意見ですね。車椅子では不便で仕方がないことは間違いないと思います。
しかし、運転する立場の人間としてはその足が思うように動かない状態で運転しようとする姿勢、それがありえないと思います。事故避けようとしても思ったように身体が動かない。踏んだアクセルを戻せない。そんな状態で車を運転しようなんて一体どんな人間だったら出来るのですか?回避できない、そもそもちゃんと操作できないのであればそれは飲酒運転している時と同じような危険性ではないですか。公共交通で乗り降りが遅かったりで周りに迷惑をかけてしまうことがありますが、そうならないために車を運転して人を轢き殺したら、もっととんでもない迷惑をかけますよね。一体どっちがいいのでしょうか。

yahoo_jiro
それがベストではないことを、誰かに言われなくとも大多数の方は理解していると思います。しかしながら、それでも一言物申したくてたまらないわけです。未来あるお子さんとそのお母さんが、少なくとも運転に不安を感じるという自覚を持っていた老人が運転するクルマに轢かれて亡くなったことは、社会的に大きな衝撃を与えるもので、みな心がざわつくのです。「ではなぜ不安があるのに免許を返納しなかった」となるのは、まったく不自然なことではありません。
もちろんバリアフリーや交通弱者の問題は対策を講ずるべきです。しかしながら、この事故の直接的な原因は、「運転に不安があるのに運転をやめなかった老人」という部分に帰結します。彼が交通弱者であることは「運転をやめなかった老人」にかかる直接原因であり、事故には間接的な影響を及ぼしたに過ぎません。これらは切り離して考えるべきだと思いますが、乙武さんいかがでしょうか。

samurai_Jr2
昔に比べて危険を感じたことや不安を感じたことなど
予兆は小さいものも含めて感じていたはずです。
それでも運転を続けていたのは事情はあるにせよ
自己の利便性を優先させたということです。
天秤にかけ判断した。
ということはやはり加害者の責任は避けられません。
また即時に救護行動をとらなかったことも
非常に問題が大きいと思います。
いずれにせよ、
今回の事故を機に同じような悲惨な事故を繰り返さないよう
法改正(自動車事故の厳罰化、免許更新制度の改正)、
事故防止安全技術の向上、
高齢者や運転に自信のない方に対しての移動手段の充実化など
あらゆる方面で真剣な議論を進め実効果のある対策を望みます。
まずは親族、友人、ご近所同士で今一度会話して
自分たちは他人事ではなくどうしていくべきか何ができるか
真剣に考えていくようにしましょう。
被害者の方のご冥福を祈ります。

名無しさん
>作家の乙武洋匡氏は「やはりご遺族の方が会見をなさってから、運転していた方への非難の声がより強いものになった気がする。
(略) 
ただ、一番大事なのは事故が二度と起こらないようにすることであって、運転していた方に怒りをぶつけるのがベストではないのではないか。
作家って誰のこと???
遺族が会見しようがしまいが、あれだけの大きな事故を起こしたのだから避難されても仕方ないのでは?
事故が二度と起こらないようにすることは不可能に近いと思う。
怒りをぶつけることがベストと誰が言ったのか知らないが、怒りをぶつけないほうがどうかしてると思うけど。
事故とは関係ないが、乙武はもうテレビやこの手のインタビューに出ないほうがいいと思うけど。