北朝鮮による拉致被害者家族会や国会議員らが訪米を終え、5日に帰国した。米政府関係者と会い、拉致問題早期解決への理解や協力を訴え、今月下旬に来日するトランプ大統領との面会を求めたという。

 一行は2日にワシントン入りし、米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表や国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー・アジア上級部長と面会。ベトナムでの第2回米朝首脳会談でトランプ大統領が拉致問題に言及したことへの感謝を伝え、解決への協力を求めたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000033-asahi-int


PDF