航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故で、岩屋毅防衛相は7日の定例会見で、機体の一部を海底から回収したと明らかにした。


 引き続き、行方不明のパイロットと残りの機体を捜索している。

 岩屋防衛相によると、捜索に協力している海洋研究開発機構の海底広域研究船「かいめい」が、基地東方約135キロの水深約1500メートルの海底で、フライトレコーダーの一部を発見。他に風防の一部も見つかった。損傷が激しく、レコーダーのうち高度や速度などを記録するメモリー部分は回収できていない。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000036-jij-soci


PDF