今年(2019年)3月に放映を終えたNHKの連続テレビ小説「まんぷく」では、インスタントラーメン(以下「即席麺」)の生みの親である日清食品ホールディングスの創業者、安藤百福の半生がモデルとして描かれました。


安藤百福が生み出した即席麺は今や世界中に普及し、筆者が暮らすラーメン発祥の地、中国でも日常的に食べられています。

 現在、中国は即席麺の世界最大市場です。しかしここ数年は市場規模が縮小し、「中国人の即席麺離れ」とも言うべき現象が見られています。背景にはフードデリバリーサービスの普及や、健康志向の高まりなどが指摘されています。そのような中、即席麺の高級化路線に力を入れるメーカーも現れるようになりました。

 そこで今回は、異変が起こりつつある中国の即席麺市場を取り上げ、その最新動向を紹介したいと思います。あわせて筆者の試食レポートもお届します。

■ 2013年のピークから70億食も減少

 世界ラーメン協会(WINA)の世界の国・地域別即席麺需要データ(2017年)によると、中国(香港含む)の年間即席麺消費量は389.7億食。2位のインドネシア(126.2億食)の約3倍と堂々の1位につけています(下のグラフ)。

 (* 配信先のサイトでこの記事をお読みの方はこちらで本記事の図表をご覧いただけます。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56217)

 3位の日本の消費量は56.6億食です。中国は日本の約7倍の市場規模を有していることとなります。ただ、中国の人口が日本の約10倍であることを加味すると、1人当たり消費量では日本の方が上回っています。

 さて、下の表は国・地域別即席麺需要トップテンの2013~2017年の消費量をまとめたものです。
.

 見ての通り、中国は各年度で2位以下を大きく突き放して1位に君臨していますが、462.2億食を記録した2013年以降、市場は縮小傾向にあります。2017年は前年比で反転微増していますが、2013年と比べると70億食も減っており、率にするとわずか4年で15.7%も市場が縮小していることとなります。

 この急激とも言える市場縮小の背景は何なのか。中国のメディアはその原因として、フードデリバリーサービスの普及を指摘しています。

 中国では現在、スマホで注文して各飲食店から料理の出前を取るフードデリバリーサービスが普及しています。好きな料理を自宅に安価に届けてくれることから高い人気を博しており、年々市場は拡大を続けています。

 このあおりを受けているのが即席麺です。“いつでも家で食べられる”強力なライバルが現れたことで、近年の需要減少につながっていると分析されています。

■ 健康志向が高まって即席麺を敬遠

 加えて、即席麺自体の魅力の低下も需要低下を招いているとする声もあります。

 高度経済成長によって豊かになった中国では、食品に対する意識もかつてとは段違いと言っていいほど高くなってきています。即席麺に対する意識も変わりました。以前は値段の安さと手軽さゆえに人気を得ていましたが、近年は、若者世代を中心に「体に良くない」との見方が定着しつつあります。

 確かに中国の即席麺は、調味料の色と味がやたら濃く、スープはお世辞にも体に良さそうには見えません。また、スーパーに並んでいる即席麺のバリエーションは以前からほとんど変わりがなく、新製品があまり登場しません。そのため、「飽きられてきた」という側面も大きいようです。

■ 逆風の中、大手2社は業績改善

 そんな厳しい逆風が吹く中、中国即席麺メーカーの二大巨頭とも言うべき中国本土資本の康師傅控股有限公司(以下「康師傅」)と、台湾資本の統一企業集団(以下「統一企業」)が、このほど2018年度の業績を発表しました。

 2018年度における即席麺関連の売上高は、康師傅が前年比5.7%増の239.2憶元(約400憶円)、統一企業も同5.7%増の84.3憶元(約140憶円)と揃ってプラス成長を達成しました。特に康師傅は、米ニールセン社の発表によると、市場販売量シェアが43.3%、売上高シェアが48.2%に達するなど市場での地位を盤石としています。

なぜ市場が縮小する中、両社の業績が上向いたのか?  中国メディアからは、値段の高い高級即席麺の貢献が大きいと指摘されています。

 康師傅もそれを認めており、「近年売り出した『EXPRESS速達面館』をはじめ、高級即席麺が消費者に受け入れられてきている」とコメントしています。アナリストらも高級即席面が同社業績改善の立役者であるという見方で一致しているようです。

 中国の即席麺は袋麺、カップ麺ともに主な価格帯は3~5元(約50~83円)です。それに対して、前述の「EXPRESS速達面館」は20元(約330円)超と強気の価格設定がなされています。

 こうした高級即席麺は、中国人消費者の意識の変化とマッチし、高い値段にもかかわらず買い求める人が増えているようです。この成功を受けて、今後も即席麺市場では高級化路線が続くと予想されています(参考記事:「巨大中国市場をパートナー企業とともに攻略するサンヨー食品」)。

■ 噂の高級即席麺を食べてみた

 筆者は中国人と同様に最近はあまり即席麺を食べていなかったのですが、今回の取材で以上のような市場背景を知り、噂の高級即席麺を食べてみたくなりました。そこでスーパーで「EXPRESS速達面館(紅焼牛肉味)」(20元)を購入し、自宅で食べてみました。

 包装を開封したところ、乾麺のほかにスープの素、乾燥野菜、具材の入ったパウチパック、それと組立式の箸が入っていました(下の写真)。

 容器に書いてある説明に従って、乾麺と乾燥野菜を容器に入れてお湯を注ぎ、4分待ったあと、スープの素と、お湯で温めたパウチパックの具材を混ぜて完成です。
.

 出来上がった即席麺を組立式の箸で食べてみました。やはり値段が高いだけあって、これまで筆者が食べてきた安物の即席麺とは一線を画す味でした。特に麺は、即席麺にもかかわらず十分なコシがあり、よくこんな麺を作れたものだと感心したほどです。

 スープも、写真だとややきつい色をしていますが、他の中国の即席麺と比べると味はマイルドで、悪くありませんでした。具材の牛肉もしっかり味が染み込んでおり、食べ応えがあります。一点難を挙げれば、お湯で戻す乾燥ブロッコリーはなくてもいいのではないかと感じました(筆者が苦手としているので)。しかしトータルとしては、これなら20元でも買い置きして、また今度食べてもいいなと思えるほどの満足感が得られるカップ麺でした。

■ 日本で食べるべき即席ラーメンリスト

 最後に、ある中国人の即席麺マニアがネット上で「日本に行ったら絶対食べておくべき即席麺トップテン」というものをまとめていたので、紹介しておきましょう。以下の表がそのリストです。

 (* 配信先のサイトでこの記事をお読みの方はこちらで本記事の図表をご覧いただけます。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56217)

 非常にハードコアかつマニアックな選定がなされており、筆者はこのリストの中で、「キユーピーからしマヨネーズ付き焼きそば」以外はどれも食べたことがありません。そもそも『昔ながらのソース焼そば キユーピーからしマヨネーズ付』という正式の商品名ではなく、「キユーピーからしマヨネーズ付き焼きそば」という、商品特性にぐっと迫った名前で挙げているあたり、選んだ人はただ者ではないと思われます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00056217-jbpressz-int&p=2


PDF