韓国釜山市の日本総領事館近くに徴用工像を設置する動きに反対する市民十数人が10日、徴用工像が現在置かれている歩道近くで集会を開いた。「像の設置は外交関係の破綻を招く」などと主張し、韓国政府に設置を阻止するよう求めた。

 集会には同市のほか、ソウルなどから歴史研究者や弁護士、大学生らが参加。外国公館に対する侮辱行為を禁じたウィーン条約に触れ、像設置の試みを「最も近い友好国との親善と協力を根底から崩そうとしている」と批判した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00010004-nishinpc-int


PDF