デビッド・ベッカムが昨年11月21日、ロンドン市内で電話をしながら運転しているところを通報され、5月9日(現地時間)に行われた審問で6カ月間の免許停止および750ポンド(約11万円)の罰金、違反点数6点の処分を下された。

ロンドン警視庁は以前、今回の審問にも出廷したベッカムが書面にて有罪を認めていたことを発表していた。この一件が通報される2カ月前にも、ベッカムはスピード違反の容疑がかけられていたが、技術的なミスにより、起訴を免れていた。2018年1月に制限速度40マイル(約64キロ)のところを時速59マイル(約95キロ)で走っていたことを認めていたベッカムだったが、起訴状が期限内に提出されなかったことで不起訴となっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00010000-vogue-ent