【AFP=時事】サウジアラビアで14日、主要石油パイプラインの採油施設2か所がドローン(小型無人機)による攻撃を受け、原油輸送の停止を余儀なくされたと、同国エネルギー相が明らかにした。

ハリド・ビン・アブドルアジズ・ファリハ(Khalid bin Abdulaziz al-Falih)エネルギー産業鉱物資源相によると、攻撃は14日朝、石油資源の豊富な東部(Eastern)州と紅海(Red Sea)を結ぶパイプラインに対して行われたという。

 同日にはイエメンのイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装組織フーシ派(Huthi)が、サウジ国内の複数の重要な標的に向けてドローンを派遣したと明かしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000044-jij_afp-int