【AFP=時事】ハリウッド俳優で元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)さん(71)が18日、南アフリカで開かれたスポーツイベント参加中に男に襲われ、背中を蹴られた。


シュワルツェネッガーさんは同国最大の都市ヨハネスブルク(Johannesburg)のサントン・コンベンション・センター(Sandton Convention Centre)でファンと歓談していたところ、急に飛び掛かってきた男に背中上部を蹴られた。

 シュワルツェネッガーさんはその後ツイッター(Twitter)で「皆さん心配してくれてありがとう、しかし心配することはなにもありません」と述べた。「よくあるように人混みに押されたのかと思っていた。後で皆さんと同じように動画を見たら自分が蹴られていたことに気付いた。あの愚か者に私の(写真・動画共有アプリ)スナップチャット(Snapchat)が邪魔されなくて良かった」

 シュワルツェネッガーさんは毎年恒例の国際スポーツフェスティバル「アーノルド・クラシック・アフリカ(Arnold Classic Africa)」出席のため同地を訪れていた。

 フェスティバル主催者は、「彼(シュワルツェネッガーさん)は、アスリートたちをサポートするため会場を歩き回っていたところ、残念なことに予期せず熱狂的ファンに襲われた」と述べ、男は速やかに拘束されたと付け加えた。男は過去にも同様の事件を起こしており、警察もその事実を把握しているという。

 シュワルツェネッガーさんは主催者に対し、男を告訴しないと話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000000-jij_afp-ent