[ジッダ 20日 ロイター] – サウジアラビアは20日、イランの支援を受けるイエメンの武装組織「フーシ派」が発射したミサイル2発を、イスラム教聖地のメッカで迎撃したと発表した。

国営通信社SPAによると、サウジ連合軍の報道官は、空軍がジッダとタイフ周辺の禁止区域で飛行物体を確認し、対処したと述べた。ジッダはメッカから約70キロメートル、タイフから50キロメートル離れている。

米首都ワシントンのサウジ大使館はツイッターで、ミサイルがメッカ州で迎撃されたとした。

フーシ派はこれに先立ち、ミサイルがメッカを狙ったものであることを否定。メッカを攻撃したとの主張はサウジの策略だと批判した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000062-reut-asia


PDF