【モスクワ共同】ロシア国防省機関紙「赤い星」は22日、ロシアが実効支配する北方領土・択捉島で昨年秋に新型地対艦ミサイル「バル(射程130キロ)」の発射演習が行われたと報じた。2016年に北方領土に地対艦ミサイルが配備されて以降、発射情報が伝えられるのは珍しく、日本の防衛当局者は「記憶にない」と語った。

 北方領土で配備だけでなく運用が進んでいるのが明らかになった形。ロシア軍は16年に択捉島に新型地対艦ミサイル「バスチオン(射程300キロ以上)」、国後島に「バル」を配備した。バルが択捉島に追加配備されたのか、国後島などから運び込み発射演習を行ったのかは不明。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000193-kyodonews-int