【台北共同】台湾で24日、同性婚の権利を保障する特別法が施行された。台北市信義区の戸籍窓口には、朝から約20組のカップルが婚姻届を出すために次々に訪問した。内政部(内政省)によると、24日に全土で少なくとも250組が提出する見通し。

 届け出た後、複数のカップルが記者会見した。女性カップルの一人は「10年前に私的に結婚したが、今日届けを受理されて法的な保障を得られた。本当にうれしい」。男性カップルの一人は「私たちの婚姻の自由を認めてくれた台湾社会が誇らしい」と話した。

 台湾の立法院(国会)は17日に同法案を可決、蔡英文総統が22日に署名した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000075-kyodonews-soci


PDF