沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で25日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは44日連続となり、記録が残る2012年9月以降で連続日数を更新し、過去最長となった。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、これまでの最長は14年9月20日に記録した43日連続で、24日に並んでいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000040-kyodonews-soci