衆議院議員の丸山穂高氏が5月11日、北方領土の国後島を訪問中、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと発言し、所属していた日本維新の会を除名された。いまだ波紋の収まらないこの事件の本質を、作家・佐藤優氏が、丸山氏の発言内容だけでなく国益の観点から指摘する。

ロシアでは「戦争扇動」は犯罪になる
 佐藤:この事件は本当に深刻で、問題は「発言」じゃないんです。発言した場所が北方領土でしょ。丸山さんは、敷地の外に出ようとしていたんですね。

 邦丸:鈴木宗男さんなどが尽力して建てた日ロ友好の家、一時期は「ムネオハウス」ともいわれましたが……。

 佐藤:そこから外に出ようとした。これがいちばん深刻な問題なんです。

 どうしてかというと、北方領土に関して、日本は「日本領だ」という立場でしょ。だから北方領土に行くときは、パスポートではなくA4の「身分証明書」と、ビザではなくこれもA4の「挿入紙」という紙を持って、「日本国内での移動」ということにしている。ロシアのほうでは、そのA4の紙2枚をパスポートとビザであるとみなしているんです。

 しかし、もし北方領土で違法行為があって、日本人がロシアの官憲に拘束された場合は、日本としてはロシアの管轄を認めるわけにいかないから、大問題になるんです。

 丸山氏が酔っ払って外に出てしまっていたら、保護・拘束されたかもしれませんよね。そこでロシアの官憲に対して、「この問題は戦争で解決するしかないよな」とでも言ったら、確実に逮捕されて起訴されますよ。なぜならロシアの法令では、戦争を扇動する発言は禁止されているから。

 邦丸:ははあ。

 佐藤:つまりロシアでは、丸山氏の発言は犯罪なんです。第二次世界大戦で3000万人が殺されていますからね。

 もしもそういう事態になったら、ビザなし交流の制度はなくなり、日ロの北方領土交渉は止まってしまう。彼はそれくらいのことをしでかしたんです。

 丸山氏は、施錠されていない他の部屋にどんどん入っていったといいますが、たまたま外には出なかった。飲み過ぎて出られなかったのかもしれませんが、しかし彼の行動によって、もしかしたら北方領土交渉が止まっていたかもしれない。国益の根本に影響があるんですよ。

 これは表に出ていない重要な話なんですけれど、実はロシアのガルージン駐日大使が鈴木宗男さんに電話してきたの。

 邦丸:東京・狸穴にあるロシア大使館の駐日ロシア大使が、鈴木宗男さんに。

ロシア大使に伝えたこと
 佐藤:要するに、「この件はどう解釈したらいいですか」と。プーチン大統領に電報を打たないといけないから。

 邦丸:そこまで行っている。

 佐藤:そう。それで鈴木さんが「これは常軌を逸した人の行動だから、日本政府の発想でもないし、国会議員の発想でもない。この人は過去にも酔っ払ったうえで問題を起こしている人だ。そういうまったく不規則な発言だから、政治問題と受け止めないでくれ」と言ったら、ガルージン大使は「わかりました」と言ってくれた。

 ロシア側は今、抑制された対応をとっているでしょ。これは初動でガルージン大使と鈴木さんがきちんとやって、クレムリンのプーチン大統領のところに、「これは日本政府からの何らかのシグナルとか、日本の中に戦争で領土問題を解決したがっている勢力があるからではないんです」と伝えてくれたから。ちゃんと水面下で動いている人たちがいたから、この程度で済んでいるわけです。

 邦丸:はあ~~。

 佐藤:向こうのコサチョフさんという上院の国際問題委員長が、そういう情報が届く前に、「どういうことか」と日本の議員団に詰問しているわけですよ。大問題になるところでした。

 もし丸山氏が拘束されていたら、日本政府としては「北方領土は日本の管轄圏であり、ロシアの管轄は認めない」という立場だから、彼を守らないとならない。

 邦丸:日本国民であるが故に。

 佐藤:そうです。そうしたら、「ロシアと戦争して問題を解決しよう」と言う人間を日本政府は守っている、ということになっちゃう。

 邦丸:そういう論理になりますよね。

 佐藤:そうしたら、国際的にどうなりますか。そこまでぜんぜんわかっていないわけ。メディアも、本人も。だから、この人には資質がない。

日本人全体の「イメージ悪化」
 佐藤:私は「議員辞職勧告」ということには基本的に反対です。どうしてかというと、それは議員が自分で決めることだし、彼らは有権者に選ばれているので、勧告決議で議員をどんどん辞めさせてしまうということになると、民主主義に大きな影響があるから。

 でも今回は緊急事態です。この人には一刻も早く政界から去ってもらわないと、またやる。

 邦丸:はあ~。

 佐藤:しかも調子に乗って、「言論の自由だ」とか言ってまたガンガン始めているでしょ。じゃあ、戦争になったらお前が自分で行くのか。そのような言葉を国会議員でありながら軽々に口にして、それが国益にどれだけの悪影響を与えたかということを理解しようともしない。

 それに対して、松井さんは立派だ。

 邦丸:松井一郎大阪市長・日本維新の会代表。

 佐藤:松井さんは、ことの深刻さをわかっているわけ。そのレベルの違いですよね。

 メディアの報道も、本質は発言内容がどうこうじゃないんですよ。彼の行動が、どういう事態に発展する可能性があったのか。今回の発言だけでも、鈴木さんとガルージン大使が話をせず、クレムリンに電報を打っていなかったら、プーチン大統領がひと言「いったい、どうなっているんだ」と言ったら、日ロ交渉は全部止まる可能性があった。

 邦丸:もっと穿った見方をすると、ロシア側にとっては有利に交渉を進める材料になったかもしれませんよね。「あなたの国に、こんなことを言っている国会議員がいるんだけど、どうなんだ」ということになると、大きな借りになっちゃいますよね。

 佐藤:いや、貸し借りよりも、ロシア人というのは、こういう物事の本質にかかわることは駆け引きではなくて、「いったい、日本人という人々は、きちんと付き合える相手なのかどうか」という深刻な問題だと捉えるんです。

「言論の自由」の履き違え
 佐藤:要するに、北方領土という機微に触れるような場所、複雑な場所を訪れて「戦争」を軽々に口にするような人間を、議員として選び、送り出している日本人ってどういう人たちなんだろうと。こういう見方になる。

 邦丸:なるほど。

 佐藤:だから、ものすごく深刻です。もし、この丸山さんという人が国会議員を続けたいのだったら、とにかく辞めて、自分の選挙区でもう一回、無所属で出るなり何なりして通ってきなさいと。今回の件に関してちゃんと釈明して、その上で通ってきなさいと。

 しかし、言っていることも二転三転していますよね。

 邦丸:「言論の自由」ということをおっしゃるので、ツイッターなんかを見てみると、なんだか履き違えていらっしゃるなという感じがしますけどね。

 佐藤:「言論の自由」と言っても、何でも自由ではないんです。言論の自由には限界がある。

 例えば特定の出自の人、特定のジェンダーの人を全部抹殺しろというような言説、これは言論の自由ではないんです。同様にロシアにおいては、3000万人が死んだナチスとの戦争がありましたから、戦争扇動に対してはものすごく敏感なんですよ。ですから、このレベルの人間、しかもかつて行政官だったわけでしょう。

 邦丸:経産官僚ですよね。

 佐藤:彼が学んだ松下政経塾や経済産業省の教育体制、あるいは東京大学の出身ですから東京大学の教育体制まで、全部問われてしまいますね。こんな人が出てくるようでは。

 邦丸:うーむ。

 佐藤:酷い話です。

重大さに気づいているのか
 邦丸:それにしても、ことの重大さに本人はどこまで気づいているのか。気づいているんじゃないですか? 
 佐藤:いや、ここまで深刻だとは気づいていないと思いますよ。

 邦丸:ああ~、それは問題ですな。

 佐藤:音がうんと外れている人がカラオケで歌っていて、みんなが「もうやめてくれ」と言っているのに、本人は「いやいや、この歌は16番まであって、まだ3番です」──こう言っているような感じですからね、もうこれはマイクを離してくれっていう話ですよね。

 邦丸:わかりやすいですね。丸山穂高衆議院議員はツイッターをやっていますから、そういうところでみなさん、こんなことをラジオで佐藤優さんが言っていたよということをおっしゃっていただければ。逆に、丸山議員から「いや、そんなことを言われても」というような言葉のやり取りがあるかもしれませんけれど。

 佐藤:とにかくこれは責任を取ってもらわないと困ります。

佐藤 優

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00064798-gendaibiz-int&p=1