日露両政府は30日、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を東京都内の飯倉公館で開いた。日本が配備を進める陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、ロシア側は安全保障上の懸念を表明。日本側は「純粋に防衛的なものだ」と反論し、溝は埋まらなかった。北朝鮮に非核化を求める方針では一致した。

 日露2プラス2は2013年から始まり、今回は3年連続で4回目。河野太郎外相、岩屋毅防衛相、ラブロフ外相、ショイグ国防相が出席した。

 協議後の共同記者発表で、河野氏はロシアによる北方領土の軍備強化について「我が国の法的立場から受け入れられない」と指摘した。ラブロフ氏は「ロシアの主権下での活動だ」と応酬。そのうえで日本が米国から購入する「陸上イージス」について、攻撃用に転用可能だとの立場から、改めて配備計画を批判した。

 日米が推進する「自由で開かれたインド太平洋」についても協議した。河野氏は「実現のためにロシアとも対話を続けたい」と話したが、日米同盟を警戒するラブロフ氏は「開かれていない同盟の枠組みだ」と問題視した。北朝鮮問題では、岩屋氏が「完全な非核化が日露共通の目的と確認した」と明らかにした。

 日露の平和条約締結交渉は、「陸上イージス」を含めた日米同盟のあり方などを巡り、協議が停滞している。日本側は2プラス2を通じ、双方の信頼醸成を進めたい考えだったが、条約交渉の「後押し」とはならなかった格好だ。

 2プラス2に先立つ防衛相会談では、自衛隊と露軍の部隊間交流を推進することで一致した。露海軍総司令官が今年後半、18年ぶりに来日することも固まった。

 31日には日露外相会談が開かれる。北方領土での共同経済活動やロシア・サハリン州と北海道の間で短期滞在の査証(ビザ)を相互免除する案などを協議する。6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた日露首脳会談に向けて調整を進める見通しだ。【鈴木一生、田辺佑介】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000098-mai-pol