25日夜、多くの人が繰り出していた名古屋市中区栄の繁華街で、男性が殺害されるというショッキングな事件がありました。

 逮捕された男は元暴力団組員で、動機について「刑務所に入っている間、妻の面倒見てくれなかったから」という趣旨の供述をしています。

(女性が叫ぶ声)
「やめて!やめて~!」

 週末の繁華街に響く悲鳴…。男は、左手に包丁、右手にバールのような棒を持っています。

 名古屋市南区の無職・山城清幸容疑者(48)です。

 事件現場に居合わせた人が撮影した映像には…。

(現場にいた人の声)
「やべー、やべー、あれやべーよ、あれやべーよ」

 近くの路上には男性が倒れていて、山城容疑者は何度も男性を殴り、蹴りつけていました…。

(リポート)
「多くの人で賑わう深夜の繁華街で事件があり、現場は一時騒然となりました」

 事件があったのは名古屋市中区栄4丁目、“女子大小路”と呼ばれる名古屋の繁華街。

 多くの人で賑わっていた25日午後11時15分ごろ、「凶器を持って襲っている人がいる」と110番通報が相次ぎました。

(リポート)
「午後11時半前です。刃物で腹のあたりを刺された男性が救急車で運ばれていきます」

 警察官が駆けつけると、路上には天白区の職業不詳・榊原淳次さん(46)が刃物で刺され倒れていて、病院で死亡が確認されました。

 一方、犯行後、現場から車で逃走した山城容疑者はおよそ20分後…。

(リポート)
「山城容疑者は車に乗っているところを警察官に取り押さえられたということです」

近くの飲食店の従業員:
「夜11時半ぐらいだったと思うんですけど、シルバーのプリウスが止まったんですよね、あのマンホールの辺りに。トランクを開けてペットボトルを出して手を洗っていたんです。電気をつけないパトカーが隣りにすーっと静かに来て、顔を覗き込んで一気ですよ、一気に(確保)」

 警察は付近にいた山城容疑者を殺人未遂の現行犯で逮捕。

 週末の繁華街で起きた事件とあって、多くの人が犯行の一部始終を目撃していました。

目撃者の男性:
「ずっとこう(刺していた)。こんな長いやつ。刺さっていた」

別の目撃者
「こっちも助けたかったけど、素手だったら(助けに)行っとったけど、こんな長い(刃物)持っとったから行けなかった」

 当時、山城容疑者は興奮していて凶器も持っていたことから、周囲の人は止めに入ることができなかったといいます。

 27日朝、容疑が殺人に切り替えられ、送検された山城容疑者。

 山城容疑者と殺害された榊原さん、2人の間で一体何があったのでしょうか…。

 かつて同じ暴力団の組員だったという2人。

<山城容疑者の供述>
「事前に凶器を購入し、待ち伏せして襲った」

 山城容疑者は飲食店から出てくる榊原さんを待ち伏せして襲ったとみられています。

 また、捜査関係者によりますと山城容疑者は犯行の動機について「刑務所に入っている間、妻の面倒を見てくれなかったから」という趣旨の供述をしているといいます。

 ひときわ賑わう週末の名古屋の繁華街で起きた事件…。警察は山城容疑者が計画的に犯行に及んだとみて、殺害に至った経緯をさらに詳しく調べる方針です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00022498-tokaiv-soci


PDF