【AFP=時事】スペイン・バルセロナ(Barcelona)を象徴するサグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)教会の建設工事が始まったのは137年前だが、建築許可が下りたのは…なんと今月7日だ。


バルセロナ市議会のジャネット・サンス(Janet Sanz)都市計画担当者は報道陣に対し、サグラダ・ファミリア教会の工事を担う委員会が460万ユーロ(約5億6400万円)を支払うことで建築を許可したことを明らかにした。

 1882年に建設が始められ、年間数百万人もの観光客が押し寄せているサグラダ・ファミリアの工事が、建築許可を得ずに進められていたことが発覚したのは2016年。

 サンス氏は、「サグラダ・ファミリアのような象徴的な建築物が、許可を得ないまま違法に工事が進められていたという歴史的にも異例な出来事」を市議会はついに解決したと述べた。

 サグラダ・ファミリア教会の工事完成までを担う委員会によると、建築家アントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)は1885年、現在はバルセロナに合併吸収されたサンマルティー(Sant Marti)の役所に建築許可を申請していたが、返事が得られなかったという。

 それから137年もの歳月を経て、同教会の建築がようやく法的に認められた。

 建築許可証によると、完成すれば高さ172メートルになるサグラダ・ファミリアの工事費は3億7400万ユーロ(約460億円)だが、その資金は寄付金と入場料のみで賄われている。完成は、ガウディの没後100年に当たる2026年の予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000023-jij_afp-int