【AFP=時事】(更新)西アフリカのマリ中部で、武装集団がドゴン(Dogon)人の村を銃撃し、95人が死亡した。地元関係者と治安筋が10日、明らかにした。死者数は暫定的なものだとしている。

一晩にわたって襲撃を受けた村があるクンドゥ(Koundou)地区の関係者はAFPに対し、「これまでのところ、民間人95人が死亡した。遺体は焼かれており、現在も遺体の捜索を続けている」と明かした。また虐殺の現場に入った治安当局者は、「ドゴン人の村1つが事実上消滅した」と話している。

 匿名を条件に取材に応じた地元当局者は、約300人が暮らす村に襲撃者らがやって来て「銃撃と略奪、焼き討ちを開始した」と述べた。

 この地域では、イスラム過激派の説教師アマドゥ・クーファ(Amadou Koufa)師が率いる主に牧畜民族フラニ(Fulani)人のグループが、バンバラ(Bambara)人やドゴン人を標的とし始めたことで報復の連鎖が始まった。

 フラニ人はもともと、牛の飼育および取引で生計を立ててきたが、バンバラ人とドゴン人は伝統的に農耕に携わってきたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000041-jij_afp-int