セブン&アイ・ホールディングス(HD)が全国のセブン―イレブンで導入したスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」が不正アクセスを受けた問題に関連し、警視庁新宿署は4日、セブンペイを不正に利用し、20万円分の電子たばこを購入しようとしたとして、ともに中国籍で住所・職業不詳、ジャン・ション(22)とワン・ユンフェイ(25)の両容疑者を詐欺未遂容疑で逮捕した。

セブン&アイHDは、海外から不正アクセスがあったことを明らかにしており、警視庁は国際的な組織が一斉に不正アクセスした可能性があるとみて捜査する。

 逮捕容疑は、東京都新宿区内のセブン―イレブンの店舗で3日、IDとパスワードを不正に使ってセブンペイの正規利用者になりすまし、電子たばこのカートリッジ40カートン(計20万円)をセブンペイで電子決済して購入しようとしたとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000093-mai-soci


PDF