【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は6日、北朝鮮を4日に出国し、日本に到着したオーストラリア人留学生アレク・シグリーさんについて「国外追放した」と報じた。

「スパイ行為を認め、主権侵害を謝罪した」という。

 同通信によると、シグリーさんはインターネットを通じ「反共和国(北朝鮮)謀略宣伝行為」を働いたとして、6月25日に関係機関に拘束された。調査の過程で、北朝鮮専門サイト「NKニュース」など「反共和国メディア」にそそのかされ、資料や写真を渡していたことが明らかになったとされる。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00000077-jij-kr