JR東海は2019年7月10日(水)、新幹線の新型車両「N700S」の確認試験車を使った「バッテリー自走試験」を報道陣に公開。バッテリーの電力でモーターを回し、東海道新幹線の車両基地、三島車両所(静岡県三島市)の構内を走りました。

報道陣は、車庫に停車していた確認試験車の14号車と15号車に乗車。客室のモニターには、5号車と12号車の屋根に設置されているパンタグラフのリアルタイム映像が流されており、パンタグラフが架線(線路の上の電線)に接触しているのが分かります。

 このモニターをしばらく眺めていたところ、パンタグラフが下降して架線からの電気の供給が停止。車内の照明が消えて予備灯に切り替わり、空調の音も止まりました。それから数分後、「停電」した状態の確認試験車がゆっくり動き出して車庫の外へ。徐々に速度を上げて最高30km/hに達し、構内の線路を西へ約200m進みました。

 N700Sは、東海道・山陽新幹線のN700Aに代わる新型車両です。2018年3月に確認試験車(16両編成1本)が完成し、2019年5月中旬から6月中旬にかけて最高速度360km/hの試験運転が行われました。2020年7月には量産車の営業運転が始まる予定です。

 N700Sのバッテリー自走システムは、低速で自力走行するためのシステム。JR東海によると、高速鉄道の車両にバッテリー自走システムを導入したのは、N700Sが世界初といいます。

 災害などの影響で停電し、乗客の避難や誘導が難しい橋やトンネルなどに列車が停止した場合は、バッテリーに充電しておいた電力で走り、近くの駅など安全に避難できる場所まで移動します。空調など一部のサービス設備は止まりますが、トイレはバッテリー自走時でも使用可能。便器の脇にあるボタンを押したところ、水が勢いよく流れました。

 2018年9月の自走試験では16両中2両にバッテリーを搭載し、浜松工場内を約5km/hの速度で走行。今回はバッテリー搭載車両を4両に増やし、速度を30km/hまで引き上げました。量産車は8両にバッテリーを搭載する計画です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010000-norimonov-bus_all