日本政府の輸出報復措置として韓国の核心産業である半導体・ディスプレー製造工程に使われる素材の輸出規制に出ると韓国企業が代替供給先を相次いで確保し本格的に活路を模索している。

韓国企業の脱日本を図る水面下の努力が中国メディアを通じて確認されている。

中国の上海証券報(電子版)は16日、山東省にある化学メーカー浜化集団が韓国の一部半導体メーカーから電子製品製造級フッ化水素(エッチングガス)のを受注するのに成功したと報道した。

浜化集団は韓国の半導体メーカーにフッ化水素を納品するため複数回のサンプルテストと一部実験を進めて韓国の半導体メーカーと正式に協力関係を結ぶことになった。

浜化集団と契約を結んだ韓国の半導体メーカーがどこなのかは明らかにされていない。

日本政府は4日からスマートフォンやディスプレーなどに使われるフッ化ポリイミド、半導体基板製作の際に使う感光剤のレジスト、半導体洗浄に使うフッ化水素の3種類の製品に対する対韓輸出規制に入った。

輸入依存度が90%を超えるフッ化ポリイミドと半導体基板製作に使う感光剤であるレジストと比較してフッ化水素は日本への依存度は相対的に低い方だ。

韓国貿易協会などによると1~5月のフッ化水素輸入は中国製が46.3%を占め最も多く、日本製が43.9%で同水準だった。

こうした動向が伝えられると日本メディアは韓国が中国にこのフッ化水素を大量注文したというニュースを速やかに報道し敏感に反応した。

共同通信は中国メディアの報道を伝えながら韓国企業が日本に代わる調達先として中国を選んだものと報道した。

日本経済新聞もサムスン電子が日本企業ではない第3の企業で製造したフッ化水素の品質性能試験に着手したと報道した。

同紙はサムスン電子が確保した第3のフッ化水素供給会社の名前は明らかになっていないが、中国・台湾や韓国のメーカーとみられると伝えた。

これに対してサムスン電子は確認しにくいという立場を明らかにした。

サムスン電子は日本政府の輸出規制強化措置が発表された後に第3の供給元を確保するための市場調査を行ってきたという。

日経はまた、サムスン電子に続きSKハイニックスが日本製ではないフッ化水素の使用試験を検討していると明らかにしたと伝えた。

同紙はサムスン電子が日本製でない第3の企業のフッ化水素をテストしこれまでと同じ品質の半導体を作れるようになるまでは2~3カ月かかる見通しだが、韓国半導体産業の日本離れにつながる可能性があると指摘した。

一方、ロシアも外交ラインを通じ最近韓国に半導体製造用の高純度フッ化水素供給の可能性を打診したという報道が出ている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000032-cnippou-kr


PDF