【ソウル時事】韓国政府は24日、輸出先として信頼できる「ホワイト国」から韓国を除外する日本政府の方針について「不当な輸出規制強化だ」と強い遺憾を表明し、撤回を求める意見書を日本政府に提出した。

 成允模・産業通商資源相が発表した。

 日本政府はホワイト国除外方針に関し、24日に意見募集を締め切るため、期限に合わせ意見書を送った。

 成氏は記者会見で「韓国の輸出統制が不十分で、両国間の信頼関係が損なわれたという(日本が挙げている)理由は根拠がない」と主張。「両国間の経済協力や友好関係の根幹を揺るがす重大な事案に関し、事前の協議もなく予告した」と批判した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000041-jij-kr


PDF