【ロンドン時事】ジョンソン英首相は25日、就任後初めて下院で演説し、メイ前首相がまとめた欧州連合(EU)離脱案の見直しをEUが拒否し続けるなら「われわれは合意なしで離脱する必要がある」と述べた。

 「再交渉には応じられない」という方針を貫くEUへの圧力を強めた形だ。

 離脱案は下院で3度否決されており、ジョンソン氏は「この国には受け入れられない」と主張。「合意なき離脱」を回避するため、再交渉受け入れをEUに呼び掛けた。

 離脱案で批判が集中した英領北アイルランド国境問題の解決策「バックストップ(安全網)」に関しては、部分修正でなく「撤廃」を要求。「安全網なき合意なし」の立場を取るEUとの溝の深さが改めて浮き彫りとなった。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000163-jij-eurp


PDF