韓日議会外交フォーラム会長の徐清源(ソ・チョンウォン)議員を団長にした韓国国会訪日団が31日、東京に向かう。

国会関係者によると、徐議員をはじめとする与野党の議員10人余りは31日、自民党所属の額賀福志郎日韓議員連盟会長をはじめ、日本の知韓派議員と会う。額賀会長との昼食懇談会で、日本の輸出規制強化措置や強制徴用問題に対する韓国側の意見を伝達して両国間の葛藤緩和方案を模索する見通しだ。

一方、韓国国会は日本の輸出規制措置の不当性を知らせるために訪米団を組織して米国議員と接触した。帰国後の記者会見で、米国議員が韓日葛藤に関連して米国の役割の必要性や韓日米の「共同利益」き損への憂慮については共感しながらも、韓国と日本のうちどちらか一方の肩を持つことに対しては慎重な姿勢を見せたと現地の雰囲気を伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000038-cnippou-kr


PDF