【台北=田中靖人】中国の文化観光省は31日、台湾向け個人旅行の許可証の発行を1日から停止すると発表した。2016年5月に民主進歩党の蔡英文政権が発足して以降、中国が台湾向け個人旅行を制限するのは初めて。来年1月の台湾総統選に向けた圧力の一環とみられる。

 中国から台湾への旅行は、台湾の与党だった中国国民党の馬英九前政権下で、団体旅行が08年、個人旅行は11年にそれぞれ解禁された。いずれも許可証が必要で、個人旅行は中国の47都市の住民を対象に認められてきた。

 中国は「台湾独立」派とみなす蔡政権発足直後に団体旅行を一部制限。訪台者数は15年の約418万人をピークに減少していた。

 ただ、今年上半期の訪台者数は前年同期比で約3割増の約167万人に回復している。台湾メディアは、個人旅行の制限で、今年の訪台者数は約70万人減少すると推計している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000554-san-cn


PDF